梅干しに白カビ!?食べられるの?塩との見分け方は?

自家製の梅干しがところどころ白くなってるけど、これってカビなの!?とビックリしますよね。

せっかく手作りしたのに、どうしたら良いのか知りたい主婦の方に向けてお応えします。

今回は、梅干しの白カビが食べられるのかどうか、また塩との違いの判断基準についての、お話させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

梅干しのカビか塩の見分け方は?

もしも、その梅干しの白いものが塩であった場合、表面的にはツブツブになっています。

そして、触ってみてもある程度の固さがあります。

つまり、塩の粒子や塊のようなものが出てきてしまって、白く結晶化することがあるというわけです。

一方、その白いものがカビであった場合、見た目にもふわふわしていて、びっしりと膜のようなものに覆われています。

梅干しに限らず、カビが発生した食べ物は、だいたい白い膜に覆われますので、ほかの食材で見たことのある形状であれば、それは間違いなくカビであるといえます。

梅干しにカビがはえる原因は?

そもそも塩漬けにしてある、保存食の梅干しにカビがはえるってどういうこと?とお思いの方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、どうして梅干しにカビがはえるのか、原因を探ってみることにしました。

まず、最初に考えられるのは、使った梅そのものに傷が入っていた場合です。

梅の傷口から腐敗がはじまってしまい、カビの原因となることがあります。

スポンサーリンク

次に、容器に菌が付着していたことが挙げられます。

保存容器の消毒をしなかったか、怠ったとき、カビの発生要因となり得ます。

そもそもカビは1つでも存在していれば、その後の増殖力は半端ではありませんので、油断せず、保存容器を衛生に保ち、消毒を心がけるようにしてくださいね。

さらに、考えられるカビの原因として、梅干しの塩分濃度が低かった場合があります。

梅干しは、塩分濃度として18%以上であれば、カビが発生する心配はありませんが、それ以下であれば、カビは難なく活動を開始することが分かっているからです。

昨今の減塩やヘルシー志向によって、なるべくなら塩味を控えたいと思う気持ちもありますよね。

ですが、18%は塩分とすることだけは守るようにしてくださいね。

梅干しの白カビなら食べるのはダメ?

白カビは産膜酵母と呼ばれており、じつは人にとって無害です。

そのまま食べても心配ありませんが、気持ち悪いといった方は、2日に1回程度、梅酢をかけることで以後白カビが増殖することを抑える効果があります。

また、保存容器の梅酢を全部捨てて、梅干し自体を水洗いして、新しい梅酢に漬け直してもよいですよ。

さらに念入りに白カビを予防したいときには、梅を熱湯でよく洗って、半日ほど天日干しをして乾かすようにし、新しい梅酢に漬け直せばOKです。

その際、カビが付着していた容器や梅をしっかりと洗うこと、熱湯消毒をすることがポイントとなってきます。

まとめ

梅干しは常備食として年中重宝するごはんのお供ではありますが、カビが発生してしまうのは、健康被害がないとはいえ、ちょっと気持ち悪いものですよね。

だからこそ、カビ対策を心がけ、もしもカビが発生してしまっても、慌てることなく、今回ご紹介したような方法によって、梅干しを復活させてあげるようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする