PR

お見舞いの品をもらったら?返礼の必要性とギフト選びのポイント

入院しているときに、友人や知人からお見舞いを受けることは珍しくありません。

「お見舞いをもらったらお返しをすべきなのか?」「返さなくても大丈夫なのか?」と考えるのは自然なことです。

お返しの必要性は時として曖昧ですが、一般的にはお見舞いを受けた場合には返礼を行うことが礼儀とされています。

ただ、何を贈ればよいか、またどれくらいの金額が適切かについては、迷うことも少なくありません。

この記事では、お見舞いの返礼に関して、その必要性や適切なギフトの選び方について詳しく説明しています。

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてみてください。

お見舞いへの返礼に関して

昔は経済的な理由から、お見舞いを受けた際に返礼をするのは一般的ではありませんでした。

しかし、手軽なギフトやギフトカタログが普及したことで、お見舞いの返礼をする人が増えてきています。

親戚間では、お見舞いの返礼に関して事前に話し合って決めることもあります。

そのため、返礼を考える際は、まず家族や親戚と相談すると良いでしょう。

外部の人からお見舞いを受けた場合も、返礼は不要と言われることもありますが、一般的には返すことが推奨されます。

もしもらったものが小額で、例えば1000円程度の品物やフルーツだった場合、高価な返礼は相手に負担をかけることがあります。

そんな時は、小さな手土産や退院後の訪問が適切です。

また、お見舞い金を受け取っても返礼は不要とされていたとしても、何もしないと不快に思う人もいます。

そのため、物品ではなく、お礼状や電話で感謝を伝えることが好ましいです。

これは、今後の関係を良好に保つためにも効果的です。

お見舞いへの返礼についてのマナー

お見舞いの際の返礼に関連する基本的なマナーについてご紹介します。

返礼の金額基準

お見舞いで受け取った金額の約3分の1から半分程度を返礼の目安としています。

過度に高価な返礼は相手に負担をかけることになるので、受け取った金額に応じた返礼を考えることが大切です。

私が以前入院した際にもお見舞いをいただき、その金額に基づいて返礼を準備しました。

返礼のタイミング

返礼は退院から10日以内から1ヶ月以内に行うのが適切とされています。

とくに、近所の方からのお見舞いの場合、退院後早めに返礼することが好まれます。

職場からのお見舞いの場合は、復職日に個包装のお菓子などを持っていくと良いでしょう。

水引の選び方

お見舞いの返礼に使う水引は、再びないことを意味する結び切りがマナーです。

結婚式などで使われる、紅白の水引をお見舞いでも使用します。

のし紙には贈る人の名前を記載し、職場や取引先への返礼の場合は、名前の横に会社名も記入すると良いですよ。

お見舞い返礼に適した消耗品と避けるべき品物

お見舞いの際の返礼に何を選ぶべきか迷うことがありますが、一般的には消耗品を選ぶことが推奨されています。

消耗品を選ぶ理由には、「病気が早く治るように」という願いが込められています。

お菓子や食品、フルーツ、洗剤などが消耗品に該当します。

選ぶ際に迷ったら、カタログギフトも良い選択肢ですよ。

避けるべきアイテム

一方で、返礼に適さないアイテムもあります。

鉢植え

鉢植えは「根を張る」ことから「病床に長くいる」ことを連想させるため、避けた方が良いです。

植物を贈る場合は、花束やアレンジメントが適しています。

寝具

寝具は「病床」と関連付けられるため、お見舞いの返礼としては適さないとされています。

寝具は必需品ではありますが、お見舞いの際の返礼には不向きです。

金券

金券は金額が直接伝わるため、失礼にあたるとされています。

金券の代わりにカタログギフトを選ぶと良いでしょう。

お見舞い返礼の基本とおすすめアイテムのまとめ

お見舞いに対する返礼について、基本的なルールとおすすめのアイテムをまとめてみました。

返礼の必要性

お見舞いに対する返礼は、必ずしも必要とは限りませんが、関係性に応じて贈ることが推奨されます。

とくに今後も良好な関係を続けるためには、返礼を検討するのが良いでしょう。

ほとんどの人はプレゼントを受け取ることを喜びますので、一般的には返礼が好印象を与えます。

返礼のタイミング

返礼は退院後10日から1ヶ月の間にするのが望ましいです。

受け取ったものが比較的小額であれば、退院後に電話や手紙でお礼を伝えるだけで十分ですよ。

推奨される返礼アイテム

返礼には食品や洗剤、その他の消耗品が適しています。

これらは実用的であり、受け取る人にとっても負担が少ないためです。

この記事が、お見舞いの返礼に関する疑問の解決に役立つことを願います。

お見舞いした人に元気になった姿を見せることは、最も素晴らしいお返しになります。

直接会って感謝の気持ちを伝えると、お互いにとって嬉しい瞬間となるでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました