PR

玄関でのしめ縄の取り付け方法と飾り期間の完全ガイド!

新年を迎えるにあたり、日本の家庭では「しめ縄・門松・鏡餅」という伝統的な装飾が欠かせません。

皆さんはどのように玄関にしめ縄を飾っていますか?

多くの日本家庭では、新年を迎えるために、昔から「門松・しめ縄・鏡餅」を玄関に飾る風習があり、現代でもその習慣は受け継がれています。

家庭によって、新年の飾り方は様々です。

これまで特に意識せずに飾ってきた方も、今回は新年の装飾の方法や期間、アレンジ方法を学んで、新年のお祝いをより楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事では、新年の装飾、特に玄関でのしめ縄の設置方法やアレンジ方法、飾る期間について詳しく説明します。

それでは、一緒に詳細を見ていきましょう!

玄関にしめ縄を飾る意義とその方法

新年を迎える際には、豊かな一年と幸せをもたらす「歳神様」を歓迎する重要な儀式があります。

これは、お正月飾りを使って、歳神様への歓迎とおもてなしを表す象徴的な行為です。

新年を清浄な状態で迎えるために、大掃除を行い、お正月飾りを設置します。

過去には、新年を気持ち良く迎えるために行われていた飾り付けですが、それらには深い意味が込められています。

ここでは、特に「しめ縄・門松・鏡餅」を玄関に飾る背景と方法について詳しく説明します。

しめ縄

しめ縄は、自宅を神聖な場所として示し、歳神様を歓迎するために裏白や松、鶴などの吉祥物を添えて飾ります。

また、魔除けの機能も果たします。

しめ縄には様々な種類があります。

種類 説明
ごぼう注連 神棚向けで、紙垂を付ける。新年には左綯いのしめ縄が用いられることがあります。
ごぼう注連+前垂れ 西日本で一般的な玄関向けのしめ縄で、裏白や橙、譲り葉、紙垂などを加えたもの。
玉飾り 東日本でよく見られる玄関向けのしめ縄。裏白や橙、譲り葉、紙垂、海老、扇などの縁起物を付けたもの。
輪飾り 細いしめ縄で作った小型のもので、お部屋やキッチン、トイレに飾ることもあります。

しめ縄の飾りには、以下のような意味が込められています。

飾り 意味
お米への感謝と豊作を願う
家族の繁栄を願う
裏白 一年を清らかな心で過ごす
譲り葉 子孫繁栄を願う
紙垂れ 神聖さと清浄を象徴
昆布 喜びを意味する
繁栄を象徴する
海老 長寿を願う

かつては家長がしめ縄の管理を行っていましたが、時代の変化とともに、玄関や神棚への飾り付けが一般的になりました。

飾り付け自体は簡単で、とくに神棚のない家庭では玄関に飾ることが多いです。

門松の役割と意味について

門松は、新年の到来を告げると同時に、歳神様がお家を訪れる際の目印として重要な役割を担うお正月の飾りです。

松、竹、梅が用いられ、それぞれには特別な意味が込められています。

「祀る」という言葉に繋がることから、お祝い事に欠かせない樹木として用いられます。
その速やかな成長から、生命力の象徴とされています。
新年に咲く梅は、年始に相応しい花とされ、出世や開運の象徴となっています。また、その良い香りは幸運を招くとされています。

歴史的には平安時代から存在する門松は、もともとは松のみを玄関に飾っていました。

古くは左に雄松、右に雌松を配置するのが通例でしたが、現在では「黒松」のみの門松が主流です。

通常、門松は屋外に設置されますが、マンションやアパート住まいの場合は、玄関ドアに小型の門松を吊るすか、室内に置くのが良いでしょう。

サイズも様々なので、自宅に合った門松を選べます。

鏡餅の意義について

鏡餅は、歳神様への供え物であり、門松と同じく年の豊作や新しい門出を祝う飾りとして重要です。

お餅は伝統的に特別な食べ物とされ、「晴れの食」と呼ばれてきました。

現代では手軽に入手できますが、そのありがたみは変わりません。

鏡餅を二重に重ねることは、月と日を象徴し、縁起が良いとされています。

飾る場所は伝統的には神棚や床の間ですが、それらがない場合は玄関やリビング、キッチンなどに飾るのが適しています。

日本には家の中にも様々な神様がいるとされ、例えば竈神(かまどがみ)、荒神(こうじん)、納戸神(なんどがみ)、厠神(かわやがみ)、水神(すいじん)などがいます。

これらの神様のためにも、新年に鏡餅を飾ってみると良いでしょう。

玄関にしめ縄を飾る方法とアイデア

しめ縄は、自宅を神聖な場所として示し、悪霊から守るシンボルとして重要な役割を果たします。

通常は外に飾りますが、できない場合の代替え方法をご紹介します。

玄関での飾り方

インターネットで見つけた玄関飾りの方法をいくつか挙げます。

  • S字フック
  • 両面テープ付きフック
  • マグネットフック
  • リース用ハンガー

これらを使えば、壁を傷つけることなく簡単にしめ縄を飾ることができます。

ドアに合わせたフックを選び、透明なワイヤーでしめ縄をバランス良く掛けましょう。

しめ縄が重くてフックが落ちる、吸盤付きしめ縄がうまくつかない場合の対応方法は以下の通りです。

  • 重いしめ縄には、複数のフックを使って重さを分散させる
  • 吸盤付きのしめ縄は、紐を切り新しい紐を付ける
  • リース用ドアハンガーを使う場合は、ドアのサイズを確認してから購入してください。

個性的なしめ縄の探し方

年末には一般的なしめ縄が多く売られますが、特別なデザインを探している方には以下の方法がおすすめです。

  • オンラインショップ
  • Instagramのオーダーメイドアカウント
  • 「Creema」などのハンドメイドアプリ

これらのプラットフォームでは、スタイリッシュでユニークなしめ縄を見つけることができます。

自分で作るキットも販売されているので、手作りに挑戦してみるのも良いでしょう。

しめ縄の飾る向き

広い玄関で大きなしめ縄を飾る場合は、見る側から見て右側に太い部分が来るように飾ります。

これは、昔からの考え方で、左が神域、右が日常とされているためです。

一方、小さな輪飾りのようなしめ縄の場合は、特に向きの決まりはありませんが、目立つ場所に飾ることをおすすめします。

お正月飾りの設置と撤去の時期

しめ縄やその他のお正月飾りをいつ設置し、いつ撤去するのが適切なのでしょうか。

お正月の準備は、伝統的には「すす払いの日(12月13日)」から始まるとされています。

そのため、12月13日から31日までの間に玄関に飾るのが一般的ですが、29日は「二重苦」、31日は「一日飾り」とされていて縁起が悪いため、避けた方が良いでしょう。

しめ縄・門松・鏡餅の設置時期

お正月飾りを設置することは、歳神様を迎える準備が整ったことを示します。

クリスマス後、末広がりの「8」が入る日である12月28日に飾るのが通例です。

  • 家を大掃除で清める
  • お正月飾りを設置する

家を清めた後に、お正月飾りを設置しましょう。

しめ縄・門松・鏡餅の撤去時期

お正月飾りは、伝統的には松の内の最終日、1月15日に撤去します。

しかし、地域によって「どんと焼き」「左義長」「歳の神」といった行事に合わせて撤去することもあります。

昔は元旦から1月15日までが松の内とされていましたが、現在は元旦から7日までが一般的です。

撤去した後は、行事の日まで保管します。

地域にどんと焼きがない場合は、金属やプラスチック部分を分別して処分します。

鏡餅は、1月11日の「鏡開き」で撤去します。

この際は包丁を使わず、手や小槌で細かく分けるのがマナーです。

包丁を使うと縁起が悪いとされています。真空パックの小分け鏡餅を利用するのも便利ですね。

玄関に飾るしめ縄の形と地域ごとの特徴的なデザイン

玄関に飾るしめ縄で特に人気のある「輪飾り」をはじめ、日本各地には独自の特色を持つしめ縄が存在します。

ここでは、その中からいくつかの地域特有のデザインを紹介します。

これらを参考に、あなたのお好みに合ったしめ縄を見つけてみてください。

京都(近畿地方)の「海老飾り」

京都など近畿地方で見られるこのしめ縄は、海老を模したような反り返った形状が特徴です。長寿を願う思いが込められており、その意味がデザインに反映されています。

山形県の「俵飾り」

米俵をイメージしたこのしめ縄は、その丸みが特徴で愛らしい印象を与えます。

玄関に飾りやすいサイズのものもあり、お米への感謝を表現しています。

島根県出雲の「鶴亀飾り」

稲穂を使い、鶴と亀を形作ったしめ縄は、島根県出雲地方の特色を持ちます。

その素朴ながらも魅力的なデザインは、インテリアとしても素敵です。

愛媛県宇和町の「宝結び」

愛媛県宇和町のしめ縄は、稲穂を豊富に使用し、中央に宝物の形を編み込んだデザインが特徴です。

手作りの繊細さが際立ち、魅力溢れるしめ縄です。

お正月飾りに関する要点のまとめ

・お正月飾りは、新年を迎えるために歳神様を自宅に招く目印としての役割を果たすとともに、供え物としても機能します。

・これらの飾りの意味を理解することで、新年の祝いをより深く感じることができます。

・お正月飾りを設置する前には、大掃除で家や玄関を清潔にすることが大切です。

・玄関にしめ縄を飾る場合、フックを使用する方法が便利で効果的ですよ。

・しめ縄やその他のお正月飾りは、縁起が良いとされる12月28日に飾るのが一般的です。

・しめ縄と門松は松の内の最終日まで飾り、どんと焼きまで大切に保管します。

・鏡餅は1月11日の鏡開きで片付け、美味しく食べるのが伝統です。

・日本各地のしめ縄の様々なデザインを知ることで、選択の幅が広がります。

この記事を通じて、お正月飾りの種類や飾り方、意味、期間について詳しく解説しました。

これらの情報が皆さんの疑問や悩みの解決に役立つことを願っています。

お正月飾りの背景を深く知ることで、毎年の年末年始がより特別なものになり、しめ縄選びや飾り付けが年末の楽しみの一つになるでしょう。

新年の準備をしながら、美しいお正月飾りで幸せな一年のスタートを切りましょう。

タイトルとURLをコピーしました