PR

普通の玉ねぎで作るサラダのコツ:辛みを減らす方法って?

この前、自分で玉ねぎサラダを作ってみようと、新鮮な新玉ねぎを買いに行ったんです。

でも、運悪くどこも売り切れで、仕方なくいつも見る普通の玉ねぎを手に入れました。

でも、普通の玉ねぎって辛いから、サラダに使っても大丈夫かなってちょっと心配になっちゃいました。

だから、新玉ねぎじゃない普通の玉ねぎを使ったサラダを上手に作る方法や、辛さを少しでも和らげるコツを調べてみようと思います!

普通の玉ねぎでサラダ作りはアリ?

いつもはサラダには新玉ねぎを使うことが多いですよね。

でも、実は普通の玉ねぎでもサラダを作るのは全然OKなんです。

生で食べられる普通の玉ねぎでも、サラダに使えば十分おいしくいただけます。

ただ、通常の玉ねぎは新玉ねぎと比較すると、生で食べたときの辛みが際立ちます。

辛いのが苦手な人は、新玉ねぎ以外でサラダを作るのは難しいと思うかもしれませんが、実は普通の玉ねぎの辛さを減らす簡単な方法があるんですよ。

今回は、そんな辛みを和らげるコツをご紹介しますね!

簡単!玉ねぎの辛さを和らげるコツ

玉ねぎを使った料理で、辛さを軽減する簡単な方法があります。

それは、スライスした玉ねぎをタッパーに入れて冷蔵庫で保存すること。この方法がとても効果的なんです。

実際に、スライスした玉ねぎを一日冷蔵庫で保存するだけで、その辛さがずいぶん減少するんですよ。

玉ねぎの辛さの主な原因、硫化アリルが空気に触れることで揮発し、辛さが和らぐのです。

この方法をテレビで見て試してみたところ、本当に辛さが抑えられることに驚きました。

普通は玉ねぎを水にさらして辛みを取る方法が知られていますが、それだけでは完全には辛さが消えないこともあります。

私の経験では、スライスして空気に触れさせる方法が一番効果的でした。

薄くスライスすることが重要ですが、もしスライサーがあればもっと手軽にできますよ。

まとめ

玉ねぎサラダといえば、新玉ねぎを使うのが定番と思われがちですが、実は普通の玉ねぎでも美味しく作れるんですよ。

ただ、生の普通の玉ねぎは辛味が気になることがあります。

そんな時は、スライスした玉ねぎを空気に触れるようにしてタッパーに入れて保存するといいですね。

この方法で、辛味をかなり軽減できます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました