クリスマスイブの意味は前日ってだけ?由来とクリスマスとの違い

恋人達の為となりつつある日本のクリスマス。でもどっちかというと、盛り上がるのはクリスマスイブですよね。

前日なのに、メインみたいな扱いで不思議に思いませんか?
当たり前のように思っていたけど、よく考えてみたら変ですよね。

今回はクリスマスイブについてのおはなしです!

スポンサーリンク

クリスマスイブは何する日なの?クリスマスの前日ってだけ?

Christmas Eve(クリスマス イブ)のEve(イブ)はEvening(イブ二ング)の略なんだそう。Eveningは夕方、晩という意味で本来の意味は「クリスマスの晩」だったんです!

ビックリですよね!

私も今まで前日だと思ってたので衝撃が走りました!

なぜイブ二ングがつけられてたのかといいますと、現在と昔では1日の始まりの時間が違ったんですね。

昔は日没と共に日付が変わるとされていました。

日没というと大体18時くらいでしょうか。

18時〜18時を1日としていたので、24日の18時〜25日の18時までがクリスマス。

24日の夜しかクリスマスに夜はなかった、ということになるんです。更に25日は日が暮れると、もうクリスマスは終わっちゃうんですね…。

クリスマスはキリストの誕生を祝う日ですから、クリスマスイブはご馳走やケーキを並べてお祝いをします♪

クリスマスイブ海外ではどういう位置づけ?日本と一緒?

海外でもやはりクリスマスイブは特別な日には変わりません。

スポンサーリンク

日本はカップルで過ごす事が多いですが、海外でも家族で過ごすのが主流。家族や親戚が集まってパーティーするんだそうですよ♪
海外ならではのアットホーム感があってステキですよね!

ドイツではクリスマスが来るまでを、アドベントカレンダーというカレンダーで、カウントダウンをして楽しむんだとか。

イギリスでは神に感謝、祈願をするミサという儀式に参加したり、
夕方からはディナーで、七面鳥などのご馳走を食べるようです。更に街のお店は、ほとんど閉店になってしまい、交通機関も止まってしまうようです。

お家でゆっくりというのが、クリスマスイブの過ごし方なようですね。

オーストラリアのクリスマスは、夏の時期に訪れ、クリスマスディナーよりランチで豪華にBBQをするという過ごし方も!夏のクリスマスも楽しそうですね♪

仏教徒が多いタイでも、クリスマスイブはパーティ!宗教的な儀式という意味ではなく、ただイベントとして楽しんでる様子です。

街はイルミネーションに彩られ、恋人や仲間たちとレストランでディナーをするのだとか。

日本と似てますね!

最後に

いかがでしたか?

なぜクリスマスイブがメインの様な扱いなのか、意味・由来を知ると納得できましたね。

私は納得より衝撃の方が大きかったですが(笑)

楽しみ方が違えど、クリスマスは世界共通なんですね!世界中がお祭り騒ぎの日ですから、日本だけでなく世界のクリスマスも体感してみたくなりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする