三回忌のお供え物を送るとき果物や花なら何が喜ばれる?金額の相場は?

故人が亡くなってから2年後の法事である【三回忌】

三回忌までは故人の友人・知人として呼ばれることが多いもの。

生前お世話になった故人のために、お香典の他にもお供え物も送りたいと思いますよね。

しかし、そんなときにどんなお供え物を送ったら良いのか、金額の相場はいくらぐらいなのか気になりますよね!

今回は、そんな三回忌のお供え物についてご紹介していきます。

三回忌のお供え物に果物や花の場合、具体的にどんなものがいい?

お供え物は分配しやすく、かさばらないものが適しています。

好まれるものとしては、線香やろうそくなどの消耗品、果物や焼き菓子などの食べ物、そしてお花があります。

では、お花や果物の場合、具体的にどのようなものがよいのでしょうか。

お花を送る場合

白色のものがよいとされていますが、最近では明るい雰囲気を演出するためにピンクや紫・青色などのパステル調のお花を入れることもあるようです。

また、故人が好んでいたお花を入れるのもよいでしょう。

ただし、トゲのある花・毒のある花は仏様に失礼とされているので、使わないよう注意しましょう。

果物を送る場合

まず、日持ちするものがよいとされています

スポンサーリンク

ですので、あまり日持ちのしないバナナやイチゴは避けた方がよいでしょう。

他にも、奇数で盛られているもの・籠に入っているものが好まれるようです。

スーパーなどでお供えもの用に売られているものなどでしたらよいですが、自分で揃えて買う場合には、気をつけましょう。

何よりも、故人の好みだった果物を入れていくことがよいでしょう

三回忌のお供え物金額の相場はいくらなの?

お供え物の相場は、現金を包む場合と同じく五千円~一万円くらいがもっとも多いですね。

あまり高すぎても親族に気を遣わせてしましますし、逆に安くても失礼に当たってしまうためです。

上記の金額なら、間違いはないですよ。

まとめ

故人を偲ぶ大事な行事である三回忌。

法事を行う場所がお寺の場合、お供え物をや金額を指定されることもあるようなので、注意しましょう。

また、もし法事に参加せずにお供え物だけを送りたい場合には、食べ物の場合には賞味期限などに注意が必要です。

お花など直接受け取ってもらわなければならないものの場合には、親族の在宅日時を事前に聞いておき、法事の前日までには届くように手配するとよいでしょう。

相場や、してはいけないこともありますが、1番は故人の好んでいたものを送ることかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする