古い年賀はがきの交換方法!52円はがきの交換に62円はがきってアリ?

年に一回なかなか会えない親戚や、友人などに出す年賀状。

書き損じてしまったときや、年賀状を出してなかった人からきた時用などに、年賀はがきを多めに買ったりしますよね?

私の家も年に一度、年賀状を親戚などに出します。

少し多めに買って、でもやっぱり余ってしまって、そのうち交換に郵便局に行こう…

と思いつつ、引き出しにしまったままになってしまいますよね。

はがきの値段が52円から62円に値上がりしましたが、手元に残ってしまって困っている方に向けて、交換できるのか、他に方法があるのかご紹介します。

52円はがきの交換に62円はがきってアリ?

はがきの値段は52円でしたが、2017年6月1日より62円に値上がりしてしまいました。

封筒での郵送は、82円のまま据え置きになっています。

来年になると消費税が10%にあがるとか。

はがき代もまた値上がりしそうですよね。

年賀はがきをまとめて買ってあるっていう家庭は多いと思います。

私の家でもそうです。

かなりの枚数があります。

52円はがきを62円はがきと交換できるのか、1度郵便局に聞きに行ったことがあります。

答えは、できます!

交換するには、62円との差額分(62円-52円=10円)と手数料5円がかかります

15円払うことで、62円のはがきに交換できることを教えてもらいました。

もうひとつの方法として、10円切手を買って、52円のはがきに貼って使うことを勧められました

絶対こちらの方がお得ですよねー。

うちには古い年賀はがきが30枚ほどあったので、少しでも安くすむように切手を買うことにしました。

懸賞などの応募にも、年賀を消すだけで使うことができるので、よく使っています。

でも1つ難点があります。

10円切手を貼るのを忘れてしまうと、現金不足で返ってきてしまうので注意してくださいね。

古い年賀はがきって他に何と交換できる?

古い年賀はがきは、5年前でも10年前のものでも郵便局にもっていくと、交換してもらえます。

ですが、古い年賀はがきを新しい年賀はがきに交換することはできません

スポンサーリンク

お金として返金することもできません

古い年賀はがきから交換可能なものは

  • 郵便切手
  • 通常のはがき
  • 郵便書留
  • レターパック(かなりの枚数の年賀はがきが必要となります)

です。

無料で交換してくれるのではなく、使っていない年賀はがき1枚につき、5円の手数料がかかります。

年賀はがきには、期間はないので何年も前のもあったら、
一緒に郵便局にいって交換してもらいましょう。

古い年賀はがきは寄付することもできる!

古い年賀はがきは寄付できるってご存知ですか?

外国の子供たちに寄付することができるんです!

それには条件があります。

  • 未使用の年賀はがき(書き損じでもよい)
  • 官製ハガキ
  • 未使用切手

海外の子供たちに送ると寄付することができます。

寄付するところの団体は、実はたくさんあるんですよ。

例えば、ネパールの子供たちへ

・書き損じはがき10枚あれば、子供たちが教室で使う座布団を1つ送ることができます。

・書き損じはがき25枚あれば、1冊辞書を送ることができます。

・書き損じはがきが100枚あれば、算数セットを1つ送れます

・140枚あれば、子供たちが使える低い机を1つ送ることができます。

など、
使わないはがきが、子供達のために役立つことができるんです。

はがきをそのままにしていたら、送ってあげて寄付するのも、とても良い方法だと思います。

まとめ

52円の古い年賀はがきは、15円支払うことで62円はがきと交換できます。

交換には一枚につき5円かかります。

年賀を消して、普通のはがきとして使いたい場合は交換ではなく、10円切手を貼り付ける方が5円お得です。

寄付するという方法もあります。

ユニセフやユネスコなどが、書き損じのはがきで支援サポートをしたりしていますので、寄付をされるのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする