PR

ミョウバンの入手方法と特徴:スーパーや薬局、ダイソーで見つけるコツと焼きミョウバンの違いについて

この記事では、どこでミョウバンを手に入れることができるのか、さらに普通のミョウバンと焼きミョウバンとの違いをご紹介します。

【この記事でわかること】

〇購入場所について

  • 食用ミョウバンは、一般的にスーパーの漬物コーナーで見つかります。
  • 非食用ミョウバンは、薬局やドラッグストア、ダイソーなどで見つけやすく、主に精製水やワセリンが置かれている場所にあります。
  • オンラインショップでは、さまざまなタイプのミョウバンを手に入れることができます。

〇ミョウバンと焼きミョウバンの違い

  • 主な違いは水分の有無です。
  • 効果はほぼ同じですが、焼きミョウバンは粉末状で使いやすく、より一般的に販売されています。

〇ミョウバンの使用用途

  • 清掃、消臭、食用など、さまざまな用途に使えます
  • 味は若干渋く、無臭です

オンラインで購入する場合、多くの異なるタイプがあり、特定のショップでは1個だけでも送料無料の場合があります。

ミョウバンの入手先と種類の違いについて

この記事では、ミョウバンの購入場所と、ミョウバンと焼きミョウバンの特徴の違いを紹介します。

ミョウバンの購入場所

  • 食用ミョウバン:主としてスーパーマーケットで販売されており、漬物の材料として置かれています。
  • 非食用ミョウバン:薬局やドラッグストア、ダイソーなどで入手可能です。

とくにダイソーでは、夏季の自由研究シーズンに実験キットのそばに設置されることが多いですが、季節によっては取り扱いがないこともあります。

ミョウバンと焼きミョウバンの違い

ミョウバンと焼きミョウバンの最大の違いは、水分の有無にあります。

  • ミョウバン:結晶状で水分を含んでいます。
  • 焼きミョウバン:ミョウバンを加熱して水分を除去し、粉末状に加工したものです。

焼きミョウバンは吸湿性があり、湿気を吸収すると徐々に元のミョウバンの形に戻ります。

このため、保管する際には湿気の少ない場所を選ぶ必要があります。

焼きミョウバンは粉末状で扱いやすいため、市場でよく見かけます。

ミョウバンと焼きミョウバンの効果には差がなく、主な違いは水分の有無だけです。

ミョウバンの特性と利用法

ミョウバンは硫酸アルミニウムカリウムという化合物で、主に無色や透明な結晶形態、または粉末状態で存在します。

この物質には独特の味がありますが、臭いはほとんど感じられません。

家庭での掃除、悪臭除去、漬物作りなど、ミョウバンはさまざまな用途で使用されています。

まとめ

市販されているミョウバンの中では、焼きミョウバンが一般的ですが、ミョウバンと焼きミョウバンの間には水分の有無という違いのみがあり、効果に差はありません。

食用のミョウバンはスーパーマーケットの漬物売り場で見つけることができ、非食用のミョウバンは薬局、ドラッグストア、ダイソーなどの身近な店舗で購入できます。

オンラインショッピングを利用することで、これらの商品を簡単に手に入れることができます。探してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました