PR

カレーの美味しさを引き出す、具材の入れ方のコツ!肉と野菜を炒める順番は?

カレーは、どの家庭にも愛されている人気の料理ですね。

よく作るという方も少なくないでしょうが、具材を加える順番がカレーの美味しさに大きく影響することを知っていますか?

適切な順序で具材を加えることで、カレーの風味をさらに豊かにすることが可能です。

こちらでは、その方法を丁寧に解説していきます。

スポンサーリンク

カレー作りのコツ:どの具をいつ加える?

カレーをどう思いますか?

「手軽にできる!」
「家族みんなが喜ぶ!」
「翌日も美味しく食べられて、楽チン!」

たくさんの人にとって、カレーは簡単に作れる料理の代名詞です。

材料を切って、炒めて、煮込む。

それだけ。

味の調整は、カレールーが担います。

私自身も、忙しい時にはよくカレーを作ります。

そんな手軽で美味しいカレーでも、さらに美味しくする小技があります。

それは「具を炒める順番とタイミング」に他なりません。

スポンサーリンク

具材の炒め順序とタイミング

一度に全ての具を炒めても良いのでは?

と思うかもしれませんが、実は順番を意識するだけでカレーの味はずっと良くなります。

①油

まず最初に、調理器具に油を熱します。

②肉

次に、を炒めます。

牛、豚、鶏、どの肉でもOK。

最初は肉から始めましょう。

表面が茶色くなるまで炒めれば、内部が完全には火を通していなくても大丈夫です。

後の煮込み工程で、しっかりと火が通ります。

③玉ねぎ

肉の後は野菜の番、中でも最初に玉ねぎを炒めることをおすすめします。

玉ねぎはよく炒めるほど甘くなるので、時間をかけてじっくり炒めましょう。

④にんじん

玉ねぎが炒められたら、その中ににんじんを加えます。

にんじんは、油が全体に行き渡る程度で十分です。

⑤じゃがいも

最後にじゃがいもを加えます。

じゃがいもも、油が全体に行き渡れば問題ありません。

これで下準備は完了し、あとはじっくり煮込むだけです。

他の野菜を加える場合もありますね。

例えば、なすは油を吸いやすいので、玉ねぎと同時に炒めるのが良いでしょう。

また、かぼちゃやさつまいものように崩れやすい食材は、煮込み過ぎないように注意します。

電子レンジで予め加熱しておいて、最後に軽く焼き色をつけてから盛り付けるのがおすすめです。

スポンサーリンク

カレー作りのコツ:具を加える順番とその意味

カレーの美味しさを左右する、具材を加える順番について説明しましたが、皆さんは理解できましたか?

「でも、うちのカレーは違う順番で作っても美味しくできるけど?」と思う人もいるかもしれませんね。

実際、具材をある順番で加えるには、ちゃんとした根拠があります。

まずは肉から始めるべき理由

カレー作りで最初に肉を炒めるのは、その脂に含まれる旨味を後で加える玉ねぎが吸収するためです。

肉を炒めると、美味しい脂が出てきて、この脂は肉の豊かな味わいを持っています。

この味わいをカレー全体に広げるために、肉から炒めるわけです。

しかし、ここで注意したいのは、肉を炒めすぎないこと

煮込む工程も控えているので、炒めすぎると肉が硬くなりかねません。

肉に焼き色がついたら、いったん取り出しておきましょう。

スポンサーリンク

野菜の中でも玉ねぎを先に炒める理由

これは、「肉の旨味を吸い取るため」という明確な理由があります。

肉を炒めた後のフライパンをそのまま使い、洗うことなく玉ねぎを加えるのがコツです。

玉ねぎがカレーに不可欠なのは、その甘みがカレーの味を深めるから。

肉の脂をしっかりと吸わせることで、玉ねぎはカレーに豊かな旨味をもたらします。

じゃがいもを最後に加えるべき理由

じゃがいもが、カレーで形を失ってしまったことがある方は多いでしょう。

じゃがいもは非常に煮崩れしやすく、カレー作りでは特に慎重に扱う必要があります。

煮崩れを防ぐ一つの方法は、調理の間、なるべくじゃがいもを触らないようにすることです。

じゃがいもを調理の初めに炒めてしまうと、その後の野菜を炒める際に触れてしまい、煮崩れを招く原因となりかねません。

工程を少し変えるだけで、より美味しいカレーを作ることが可能になるので、試してみる価値は大いにあります。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、カレーを作る際に具材をどの順に加えるべきかについて説明しました。

肉を最初に炒め、その脂で玉ねぎを炒めることで、カレーに深みと風味を加えることができます。

煮崩れしやすい野菜、特にじゃがいもは、調理の最後に加えることで、形を保ちつつ美味しさを損なわないようにすることが重要です。

この簡単な調整で、カレーの味を格段に向上させることができますので、ぜひ試してみてください。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました