PR

旅行の必需品、しまむらやホームセンターにキャリーバッグは売ってる?

旅行に必須のアイテムといえば、やはりキャリーバッグが挙げられますね。

最新のキャリーバッグには、セキュリティ対策が施されたロックや、荷物の出し入れがしやすいフロントオープニング設計など、様々な便利機能が搭載されています。

キャリーケースを新しく購入しようと思った時、どこで買えばいいのか悩むことがありますよね。

その答えは、しまむらやホームセンター、百貨店など、様々な場所で見つかります。

この記事で取り上げる内容は、以下の通りです。

  • しまむらでキャリーバッグは見つかるのか?それとも他にもお店があるのか?
  • キャリーバッグを選ぶ際のポイントは何?
  • おすすめのキャリーバッグをピックアップ!

この情報が、皆さんのお役に立てることを願っています!

スポンサーリンク

キャリーバッグはどこで買える?しまむら含む販売先を徹底解析!

ご存知の通り、キャリーケースはしまむら、さらにはホームセンターや百貨店で見つけることができます。

キャリーケースの販売場所は多岐にわたります。

具体的には以下のような店舗があります。

  • しまむら
  • 無印良品
  • ドン・キホーテ
  • コストコ
  • 主要な百貨店(例えば高島屋や三越伊勢丹)
  • 主要なホームセンター(カインズやコーナンなど)
  • 大型スーパー(イオンやイトーヨーカドーなど)
  • バラエティストア(ロフトや東急ハンズなど)
  • 家電量販店(ヨドバシカメラやエディオンなど)
  • オンラインショップ(Amazonや楽天市場など)

意外にも、キャリーバッグは街中の様々な場所で手に入ります。

自動車がなくても、オンラインで簡単に購入できるため、重たい荷物を運ぶ心配もありません。

オンラインショッピングを利用すれば、自宅まで直接配送してもらえるので便利です。

スポンサーリンク

キャリーバッグを選ぶときのポイントを紹介

キャリーバッグ選びの、重要ポイントを解説します。

キャリーバッグの価格帯は幅広いですが、購入時の後悔は避けたいものです。

購入を検討する際に注目すべきポイントは以下の2点です。

  • サイズの選定
  • 機能と素材の選択

サイズの選定

旅の期間や荷物の量に応じて、適切なサイズを選びましょう。

以下はサイズ選びの一般的な目安です。

容量 (L) 用途
30L以下 1泊2日の短期間の旅行向け
35L以下 1〜2泊の少し長めの旅行向け
47L以下 3泊4日の国内外の旅行向け
63L以下 4泊5日の長期旅行向け
70L以下 1週間程度の旅行向け
80L以下 1週間以上の長期旅行向け
100L以上 10泊以上の非常に長期の旅行向け

機能と素材の選択

サイズが決まったら、機能と素材を選びます。

価格が低い製品は機能や耐久性に欠けることが多いため、自分のニーズに合わせた選択を心がけましょう。

これらのポイントを押さえることで、旅行に最適なキャリーバッグを見つけることができます。

理想のキャリーバッグを選び、楽しい旅行をお楽しみください!

スポンサーリンク

厳選!旅行の相棒に最適なキャリーバッグの推薦

今まで、キャリーバッグの取り扱い店や選び方について触れてきましたが、ここではとくに推薦したいキャリーバッグを紹介します。

おすすめするのは「VARNIC キャリーバッグ Sサイズ 機内持ち込みモデル」です。

この製品は、ABS樹脂とPC素材を組み合わせた頑強な造りで、耐衝撃性に優れ、傷がつきにくい設計が特徴です。

さらに、以下のような特長を持っています。

  • 豊富なカラー展開
  • 3段階に調節可能なキャリーハンドル
  • 360度回転するスムーズなダブルキャスター
  • TSA認証済みロック(2つの鍵付き)
  • コーナー保護
  • 広々とした収納スペース

これらの点を考慮すると、どのキャリーバッグを選ぶべきか迷っている方には、VARNICのキャリーバッグが非常におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

  • キャリーケースは、しまむら、ホームセンター、百貨店など様々な場所で入手可能です。
  • キャリーバッグを選ぶ際の主なポイントには、適切な「サイズの選定」と「機能性及び素材の選択」があります。
  • とくに推薦したいキャリーバッグは「VARNIC キャリーケース Sサイズ 機内持ち込み可」です。

この記事ではキャリーバッグに関する情報を一通り紹介しました。

キャリーケースは、旅行やビジネス出張など様々なシーンで活躍する不可欠なアイテムです。

機能性やデザインを考慮しつつ、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

理想のキャリーケースを見つけるための参考にしてください!

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました