PR

フリクションペンはドライヤーで復活しない⁉インクが出ない時に水につける、冷やす方法は?

フリクションボールペンは使い勝手が良い一方で、インクが早くなくなることがあります。

インクがなくなった場合、水につける、振る、冷やすの3つの簡単な方法で再使用が可能です。

これらの手段は、自宅でも手軽に試せます。

正しい補充方法を知らなければ、まだ使えるペンを捨ててしまったり、誤った方法でインクを無駄にしてしまうことも。

この記事では、インクが切れたフリクションボールペンをどう復活させるか、そして適切に保管する方法について詳しく解説しています。

簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

フリクションボールペンのインクが出ない時の対策3選

フリクションボールペンのインクが出なくなった時、水で湿らせる、振る、冷やすといった3つの方法で対応できます。

フリクションボールペンは時折インクが出なくなることがありますが、インクが残っている場合に捨てるのはもったいないです。

そんな時は、以下の簡単な方法を試してみてくださいね。

濡れたティッシュでペンのボール部分を転がす

インクが出ない時は、ペンのボール部分を濡れたティッシュで湿らせる方法が効果的です。

手順:
1.ティッシュを水で濡らし、ペンのボール部分を転がす。
2.試し書きをして、インクがかすれたら再度ティッシュで濡らす。
3.インクがスムーズに出るまで1と2を繰り返す。

水でボール部分を濡らすことで、ペン先に固まったインクを溶かします。

フリクションペンのインクは水性で、主に水分の蒸発がインクの固まりの原因となります。

しかし、長期間使わないと再びインクが固まることがあるため、そうした場合は再度同じ方法で対処できます。

ただし、頻繁にこの問題が起こる場合は芯の交換が必要かもしれません。

ビニール袋で振って遠心力を利用

遠心力を使って、インクを動かす方法も効果的です。

手順:
1.フリクションペンをビニール袋に入れ、ペンが飛び出さないように袋の口をしっかり閉じる。
2.ビニール袋を持ち、ペンを振る。
3.振った後に試し書きをし、インクが出なければ再度振る。

フリクションのインク芯に空気が入ってしまい、インクが流れなくなることがあります。

この方法で空気を押し出し、インクを流れやすくします。

冷凍庫で冷やす

フリクションペンのインクが透明になった場合、冷やすことで色を復活させることができます。

手順:
1.ペンを冷凍庫に入れる。
2.1日から2日冷凍庫で冷やす。
3.取り出して室内で2~3時間自然解凍させる。

ただし、極端な高温や強い紫外線によってインクが破壊された場合は復活が難しいです。

インクが出ない時のNG行為

インクが出ないからといって、熱湯に入れたりドライヤーやライターで温めるのは避けましょう。

これらの方法はフリクションペンには逆効果で、高温でインクが透明になってしまいます。

また、ペン先が変形する恐れもあります。

フリクションペンのインクの特徴と注意点

フリクションペンのインクには、他のペンとは異なる独特の成分が含まれており、同じ量でも書ける文字の数が少ないよう設計されています。

そのため、他のペンと比べてインクが早くなくなると感じることがあります。

また、フリクションペンは温度変化でインクの色が消えるという特性を持っています。

そのため、書いた文字が見えなくなることがあります。

インクの色の変化は、以下のような温度で起こります。

温度 インクの状態
常温 色を持ち、文字が見える
60度 無色透明に変わり、文字が見えなくなる
-10度 無色透明になったインクが色を取り戻し始める
-20度 インクの色が完全に戻り、文字が再び見える

フリクションペンに付属するラバーで文字を擦ると、摩擦熱でインクが60度以上になり、無色透明に変わります。

これにより、文字が消えたように見えるのです。

このペンの利点は、鉛筆のような消しゴムのカスが出ないことや、修正液の乾燥を待つ必要がないことです。

また、フリクションのラバーは紙を傷めにくく、何度も書き直しをしたい問題集などに適しています。

フリクションで消した文字の復活方法

フリクションペンで書いた文字は、冷凍庫で復活させることができます。

復活させたい書類をジップロックに入れて冷凍庫に1日ほど保管すると、-20度以下でインクの色が戻り、文字が見えるようになります。

間違えて消してしまったり、熱で文字が消えてしまった場合にも役立ちます。

フリクションペンを使用すべきでない場合

フリクションペンは手帳や封筒の宛名書き、重要な書類などには不向きです。

温度変化で消える性質があるため、特に夏場の車内など高温になる場所では予定が消えるリスクがあります。

証書や履歴書にフリクションペンを使うと、書き換えが可能になるため、コピー時の熱でインクが透明になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

履歴書は間違いを避けるためにも、消えない油性ボールペンの使用が望ましいですね。

また、郵便物の宛名書きにフリクションペンを使用すると、摩擦や他の郵便物との接触で文字が消えてしまいます。

宛先が不明瞭になる可能性があるため、確実な配達のためには使用を避けましょう。

フリクションペンのインクを長持ちさせる4つの保管テクニック

フリクションペンのインクを長く使うためには、インクの乾燥を防ぎ、ペン先が詰まらないようにし、適切な温度で保管することが大切です。

これらの方法で、フリクションペンをより長く使えるようにすることができます。

使用しない時はキャップをする

フリクションペンは水性インクを使用しているため、油性ペンに比べてインクの乾燥が早く起こります。

インクが乾燥するのを防ぐために、使わない時はキャップをしっかり閉めましょう。

ペン先の詰まりを防ぐ

フリクションペンを和紙や布に使用すると、ペン先に繊維が詰まってしまい書けなくなることがあります。

一般的な筆記用紙など、フリクションペンに適した紙に書くことが大切です。

また、ペンを過度に傾けず、適切な角度で書くことも重要です。

高温や直射日光から保護する

フリクションペンのインクは60度で消える特性があるため、高温や直射日光の下での保管は避けましょう。

とくにパソコンの排熱部分や、暖房器具の近くは避けることが重要です。

インクが熱に敏感なので、適切な温度で保管することが大切です。

ペン先の破損に注意する

ボールペンのペン先は非常に繊細なため、フリクションペンも高い場所から落とすなどの衝撃を避けることが大切です。

使用後はキャップをしてペン先を守り、強い力での使用やペン先に硬いものをぶつけることがないように注意しましょう。

一度ペン先が破損してしまうと修復は難しく、予備のペンを用意しておくことをおすすめします。

まとめ

フリクションペンのインクが出なくなった場合、水に浸す、振る、冷凍庫で冷やすという3つの方法が効果的です。
フリクションのインクは60度以上で透明に変わるため、お湯やドライヤーで温める方法は避けてください。
フリクションのインクは特別な成分が含まれているため、他のペンと比べて早く減ることがあります。
フリクションペンはインクが消える可能性があるため、手帳や封筒の宛名書き、大事な書類には使わない方が良いでしょう。
インクを長持ちさせるためには、乾燥防止、ペン先の詰まり防止、適切な温度管理に気を付けましょう。
使用していない時はキャップをして乾燥を防ぎます。
フリクションペンを和紙や布に使用する際は、ペン先が詰まる可能性があるため注意が必要です。
高温や直射日光が当たる場所での保管は避けましょう。
ペン先は非常にデリケートなので、落下などの衝撃や破損には注意してください。

インクが出ない時の対策は簡単にできるので、諦めずに試してみてください。

温度変化で色が消える特性を理解し、重要な書類などには消えない油性ボールペンの使用を検討しましょう。

フリクションペンはインクが早く減るので、頻繁に使う場合は予備のリフィルを用意しておくと安心です。

フリクションペンの特性を理解し、上手に使いこなしましょう!

タイトルとURLをコピーしました