PR

​遅れた場合の香典・お花代の相場とマナー:お悔やみの気持ちを伝えるために

「遅くなってしまったけれど、香典をどのように用意すればいいのか」と迷っている方へ、この記事ではその相場やマナーについて詳しく解説します。

突然の出来事に対応し、適切に香典やお花代を準備する方法についてもアドバイスします。

香典やお花代を手渡す際の正しい方法は、遺族への思いやりを示す大切な行為です。

この記事で、香典やお花代の金額の目安、封筒の記載方法、時間が経過した後の対応方法などをご紹介します。

葬儀における香典と供花の適切な金額とマナーについて

近年、家族葬を選ぶ方が増え、そのため香典や供花を辞退することがよくあります。

故人との関係や地域に応じて、香典や供花の金額が異なるため、葬儀に出席する際には事前に適切な金額を知っておくことが大切です。

以下、故人との関係に応じた香典の適切な金額の目安を示します。

関係性 相場
両親 50,000円~100,000円
兄弟姉妹 30,000円~50,000円
祖父母 10,000円~30,000円
その他の親族 10,000円~30,000円
友人・知人・近隣住民 3,000円~10,000円
職場関係者 3,000円~10,000円

※「関係性」とは、故人とあなたとの関係です。

香典は、故人への供え物や遺族への金銭援助のことを指します。

お花代は、供花の費用や訃報を遅れて知った際に香典の代わりに贈るものです。

香典とお花代は、それぞれ異なる意味合いがあります。

故人と同居していた家族や喪主の場合は、香典や供花を用意する必要はありません。

訃報を遅く知った際の香典・供花の金額の目安

四十九日を過ぎてから訃報を知ることもありますが、その場合には供花の費用としてお花代を贈るのが適切です。

お花代を贈る際に、遺族から辞退されることもあるので、その場合は遺族に対して心からの弔意を表す言葉で対応することが好ましいです。

以下に、香典の代わりとしてお花代を贈る場合の金額の目安を示します。

関係性 相場
両親や兄弟 50,000円~200,000円
祖父母 10,000円~50,000円
その他の親族 10,000円~30,000円
職場の人、友人、ご近所の方 3,000円~5,000円

※「関係性」とは、故人とあなたとの関係を指します。

贈る際には、遺族の負担にならないように適切な金額を選ぶことが重要です。

一般的に、香典の代わりではない供花としてのお花代は、15,000円~20,000円が一般的な金額となります。

供花の費用を送る際の封筒の書き方と、遅れた場合の対処法

供花の費用を送る際の封筒の書き方について不明な点があるかもしれませんが、ここで詳しく説明します。

封筒への記入方法

供花の費用を包む際には、無地の白い封筒を使用しても構いません。

封筒に記入する際は、表面の上部中央に「御花代」「お花代」と記入し、下部中央には自分のフルネームを書きます。

裏面には、住所、フルネーム、金額を記載することが礼儀に合っています。

不祝儀袋を選ぶ場合は、「お花代」や「御花代」と印刷された専用の袋を選びます。

不祝儀袋に同封する札には、自分のフルネームを下部に記載します。

「お花料」「御花料」の表記は、特にキリスト教式の葬儀でよく使われるため、宗派に応じて選んでください。

遅延した場合の書き方

場合によっては、四十九日を過ぎてから訃報を知ることもあります。

訃報を知ったら、できるだけ早く供花の費用を手渡すことが望ましいですが、遺族が辞退する場合は、無理に渡す必要はありません。

その際には、封筒の表面の上部中央に「お花代」と記載し、下部中央に自分のフルネームを書きます。

遅れても四十九日までに手渡す場合は、薄墨を使用するのが一般的です。

お返し不要の伝え方:マナーと方法

遺族への配慮から、お返しを辞退したいと考える方もいるかもしれません。

この場合でも、失礼にならないように適切なマナーを守ることが大切です。

香典袋に記載する方法

香典袋に、お返し不要の旨を記載することができます。

香典袋の裏面に住所の横に「お返しは辞退させていただきます」と書き加えてください。

中袋がある場合も、同様に住所の隣に「お返しは辞退させていただきます」と記入します。

一筆箋を使用する

辞退の意志を、一筆箋を使って伝える方法もあります。

宛名、簡単な挨拶、本文、結びの言葉、そして署名をこの順に書きます

短文の一筆箋では、文頭を下げる必要はありません。

一筆箋を書く際は、忌み言葉を避けることが重要です。

カジュアルな印象の横書きよりも、縦書きの一筆箋を使用することが礼儀正しい印象を与えます。

受付で伝える

香典を渡す際には、受付でお返し不要であることを伝えることも可能です。

受付担当者は遺族ではないことが多いため、はっきりと「お返しは辞退します」と伝えましょう。

受付で伝えた上で、香典袋や一筆箋にも記載しておくと、遺族への伝達がより確実になります。

香典に用いるお札の入れ方とマナー

香典を封筒や袋に入れる際のお札の入れ方には、特定のマナーがあります。

封筒の表面に対してお札は裏向きにし、肖像画が描かれている面を下にして入れることが一般的です。

お札の表と裏は、肖像画がある面を表とし、肖像画がない面を裏として扱います。

このように肖像画が下に来るように入れることで、悲しみにうつむく様子を表現しています。

香典用のお札は、新し過ぎず、適度に使用感のある状態が望ましいです。

新札しかない場合は、中央に折り目を入れてから包むと良いでしょう。

新札を使用しない理由は、故人の死を予測して準備していたように受け取られることを避けるためです。

お札の向きや状態に注意しないと、失礼に当たる可能性があるため、細心の注意を払うことが重要です。

葬儀に参列できない時の香典・お花代の送り方とマナー

葬儀に出席できない場合でも、香典やお花代を送る方法があります。

ここでは、その際のマナーについてご説明します。

現金書留での送付方法

出席できない、あるいは遠方のため葬儀に参加が難しい場合には、香典を郵送する方法が適切です。

郵便法では、現金の郵送は書留を用いることが定められているため、現金書留の封筒を使います。

お金は直接専用封筒に入れるのではなく、まずは不祝儀袋や別の封筒に入れてから、現金書留の封筒に入れるのが良いでしょう。

葬儀場での香典受付がある場合、「〇〇斎場宛○○家○○様」と記載して送ります。

葬儀場で受け取れない場合や時間がない場合は、喪主の自宅へ香典を郵送します。

自宅へ送る場合、遺族に都合の良い日時を確認してから送ると良いです。

水引の選び方

香典やお花代を送る際に使用する、不祝儀袋の水引にも注意が必要です。

包む金額に応じて、水引の種類を選びます。

・1万円程度:印刷された水引
・3万円まで:白黒の水引
・3万円以上:双銀の水引

不祝儀袋を選ぶ際には、水引の種類にも配慮して選んでくださいね。

遅れて贈る香典・お花代の方法とマナーのまとめ

この記事では、故人に対して遅れて贈る香典や、お花代の方法について説明しました。

香典やお花代の金額は、故人との関係性によって異なりますので、包む際には適切な金額を確認することが重要です。

紹介した相場は一般的なものですが、地域や家庭ごとの慣習によって違いがあるため、それらも考慮することが大切です。

また、他のマナーに関する情報も合わせて紹介していますので、それらを参照しながら香典やお花代を準備すると良いでしょう。

遺族に配慮しつつ、自分の気持ちを伝えるためにも、香典やお花代の贈り方には注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました