PR

一升餅は誰が用意するの?お祝いはどこでやる?親は呼ばない?

お子様の初めての誕生日に備える一升餅について、皆さんはご存じでしょうか?

とくに、異なる地元を持つ夫婦が初めての子供を迎える際、一升餅の風習について迷うことがあるかもしれません。

一升餅は、子供の1歳の誕生日に、丸い餅を背負って祝う伝統的な儀式です。

この行事に詳しくない方は、どの家族と、どこで行事を開催すべきかを悩むこともあります。

しかし、子供の初誕生日は両家の親にとって喜びの時であるため、両方の家族を招待することを推奨します。

全ての家族が集まり、子供の誕生を祝うことで、温かく幸せな時間を過ごすことができますよ。

この記事では、一升餅のお祝いに関して、「誰が購入するべきか」「どこでお祝いするのが最適か」について詳しくご案内します。

一升餅のお祝いとその招待者について

お子さんの1歳の誕生日に行われる一升餅の行事では、どちらの家族を招くかが大切なポイントです。

配偶者の家族のみ、あるいは自身の家族のみを招くかどうかは悩ましいところですが、最善の策は両方の家族を招待することです。

お互いの両親にとって、孫の一升餅の儀式は共に祝いたい大切なイベントです。

片方の家族だけを招待すると、もう一方が気を悪くする可能性があります。

どちらかが不満を抱くと、今後の家族関係にも影響が出る恐れがあるからです。

そのため、子供の初誕生のお祝いには、両家族を招待することが望ましいですね。

一升餅の背景と意義

一升餅は、1.8キロのもち米から作られ、完成すると約2キロの重さになるお餅です。

この一升餅を子供の初誕生日に背負わせる習慣には、深い意味が込められています。

昔、医療が発達していない時代には、赤ちゃんが一歳を迎えること自体が大きな節目でした。

そのため、一歳まで健やかに育ったことを特別に祝う風習が生まれました。

一升餅は、子供の初誕生のみならず、結婚式や建物の建築などの儀式にも用いられてきた歴史があります。

「一升」という言葉には、「一生」という願いが込められ、「一生食べ物に困らないように」「一生幸せな生活を送れるように」という祈りがこめられています。

一升餅の地域による異なる呼び名と祝い方

一升餅は地域によって、その名前や形状が異なることがあります。

一般的には「一升餅」と呼ばれていますが、一つの大きな餅を使用する地域や、紅白の餅を二つ用意する地域も存在します。

また、参加者が持ち帰りやすいように、小さく分けた餅を一升分用意するという習慣もあるようです。

さらに「誕生餅」「踏み餅」「一生餅」「力餅」といった、地域によって様々な名称が用いられることもあります。

どの地域においても、子供の幸せを願う気持ちは同じですね。

一升餅の祝い方の多様性

一升餅の用意ができた後、どのように祝うか迷うこともあるでしょう。

一般的には、一升餅を風呂敷で包んで斜めにかけたり、かわいいリュックサックに入れて子供に背負わせたりする方法があります。

一升餅の上に座らせたり、餅の上を歩かせたり、立たせたりと、地域によってさまざまな祝い方が見られます。

中には、子供に草履を履かせて一升餅を踏ませる風習がある地域もあります。

例えば、私の孫の場合は、草履を履いて両親に手を引かれながら、笑顔で一升餅を踏んでいました。

一升餅に込められた幸運の象徴

一歳の子供が歩き始めるこの時期に、一升餅を背負うことは彼らにとって一つの挑戦となります。

その重さに耐えかねて泣いたり、座り込んだり、転んだりすることもありますが、立ち上がる子供もいます。

一升餅を背負って立ち上がることは、将来の自立した大人への成長を象徴します。

座り込むことは、家庭での役割を担うこと、転ぶことは厄払いとしての良い意味を持ちます。

この儀式では、子供が安全であるように注意して見守りましょう。

未来を占う「選び取り」

一升餅の祝いに慣れていない方には、「選び取り」の習慣も新しいかもしれません。

「選び取り」とは、子供の前にさまざまなアイテムを並べ、手に取ったもので将来の職業や才能を占う行事です。

たとえば、

アイテム 意味
そろばん 商才
学問の才能
お金 経済的成功
定規 几帳面な性格
はさみ 美容師や手先の器用さ
料理人や豊かな食生活

ボールや楽器を選ぶことで、スポーツや音楽の才能があることを示唆します。

全てのアイテムを用意する必要はなく、親が選んだいくつかを用意するのが一般的です。

最近は安全で簡単な「選び取りカード」も人気ですよ。

この行事は、子供の初誕生の祝いに集まった皆で「どれを選ぶかな」と楽しみながら観察し、共に楽しむことができます。

一升餅の祝いの選択

子供の一歳の誕生日は多くの家庭で祝われますが、一升餅の祝いについては知らない人も多く、伝統行事としての実施は必須ではありません。

もし自分の両親や配偶者の両親がこの行事を知らない場合、疑問に思うこともあるでしょう。

しかし、家庭の状況や親族との関係により、無理に行事を行う必要はありません。

一升餅の祝いを自分たちだけで行いたい場合は、親族を招く必要はなく、友人や兄弟だけを招くこともできますし、家族だけで祝うのも素晴らしいでしょう。

大切なのは、子供の初誕生を楽しく祝うことです。

一升餅は誰が買うべきですか?

お子さんの1歳の誕生日に欠かせない一升餅ですが、これを誰が準備するかは一つの問題です。

地域によっては男性側の家族が準備することや、子供の性別によって準備する家族が決まっている場合もあります。

しかし、一升餅の準備を誰が行うかという決まりは特になく、誰でも準備できます。

地域や家族の慣習によって違いがあるため、義父母と相談することをおすすめします。

相談を通じて、義父母も協力的になり、どのような一升餅を準備すればいいかアドバイスをもらえるかもしれませんよ。

初誕生日の事前準備

一升餅の準備が決まったとしても、誕生日のその他の準備や一升餅の注文時期など、疑問は残ります。

初誕生祝いに両親や義父母を招待する場合、特に遠方から来る方がいるなら、3ヶ月前には招待状を送ると良いでしょう。

これは、彼らの移動手段や宿泊の手配が必要だからです。

人数や日程が決まり次第、レストランでの祝いの予約を入れましょう。

特に、誕生日が近づくにつれてレストランの予約が難しくなることがあるので、早めに手配することが大切です。

レストランによっては一升餅や選び取りの用意もしてくれる場所もありますので、予約の際に確認すると安心ですね。

自宅で一升餅を用意する場合は、オンラインでの注文が便利です。

通常、注文後1週間程度で届きますが、余裕を持って早めに注文することをおすすめします。

一升餅を背負うための風呂敷やリュック、選び取りの小道具やカードも事前に準備しておくと良いでしょう。

初誕生日の一週間前までに全ての準備が整っていると、当日を迎える準備が万全となります。

一升餅のお祝いはどこでやる?

子供の初誕生日をどこでお祝いするかは、大切な決断です。

両方の親を含めると、少なくとも大人6人プラス子供1人になり、食事や一升餅、選び取りを行うには十分なスペースが必要です。

自宅で祝う場合は、大人6人と子供1人が快適に過ごせるスペースがあれば実現可能ですが、7人分の食事を取れる大きなテーブルがない家庭も多いでしょう。

それでは、初誕生日のお祝いをどこで行うのが適切でしょうか。

自宅でお祝いする場合

自宅でお祝いするなら、十分なスペースと座席が必要です。

料理は手作りでもよいし、出前やデリバリーを利用するのも一つの選択です。

自宅では、通常から気を付けるべきものを片付けておけば安心です。

しかし、料理の準備、飾り付け、後片付けは自分たちで行う必要があります。

レストランでお祝いする場合

レストランでお祝いを考える場合、一升餅の持ち込みが可能か確認が必要です。

初誕生日用の特別プランを提供するレストランもあり、そこには一升餅や選び取りが含まれていることもあります。

予約時にお座敷の部屋が用意されるかも確認しましょう。

予約は3ヶ月前にすることが推奨されます。

神社でお祝いする場合

神社での初誕生日のお祝いも選択肢の一つです。

神社での成長の祈りと、一升餅の儀式は地域によって異なります。

選び取りを神社で行うことも可能です。

予約は3ヶ月前に済ませることが望ましく、詳細な準備や手順についても確認が必要です。

どの場所を選ぶにせよ、両親を招待してお祝いすることで、心温まる素敵な一日を過ごせるでしょう。

初誕生日の一升餅祝いについてのポイントまとめ

・一升餅のお祝いには、両家の親を招くことが好ましい。
・地域により、一升餅の名前や祝い方に差異が存在する。
・「選び取り」を通じて、子供の将来の才能や可能性を占うことができる。
・一升餅の祝いは義務ではなく、実施しなくても構わない。
・一升餅の準備は誰でも行え、特定の家族に限らない。
・レストランや神社での初誕生祝いを計画する場合、事前予約が重要。

一升餅は、子供の幸せと健康な成長を願う伝統的な祝いです。

両家の家族が一堂に会して子供の成長を祝う瞬間は、家族にとって大変意義深く、幸福な時間ですね。

タイトルとURLをコピーしました