PR

Amazonで注文した商品が予定日に届かないときの解決策!

Amazonでの注文が指定した日に届かなかった場合、最初に行うべきはAmazonのサイトで配送の状態を確認することです。

配送状況は主に以下のようなものが考えられます。

それに応じた対処法を見ていきましょう。

・配送完了

① 家族が商品を受け取っている可能性
② 指定の場所に置かれている
③ 誤った住所に配送されている
④ 指定場所での盗難発生

・発送済み

商品がまだ配送途中である可能性が高いです。

・未発送

予定日にまだ発送されていない場合、すぐにAmazonに問い合わせることをおすすめします。

商品が届かない場合は、配送の遅れや発送のミスなどのトラブルが起こっている可能性があります。

これらの場合は、配送業者や出品者とのやり取りが求められます。

その方法についても説明します。

配送業者を知るためには、Amazonの注文履歴を以下の手順で確認します。

1.Amazonアプリを開く。
2.マイページへ行く。
3.「注文履歴」を選択。
4.待っている注文を探す。
5.配送業者とトラッキングIDを確認。

この情報を元に、配送業者のサイトで荷物の現在地を確認するか、配送店に直接問い合わせてみましょう。

Amazon自体が配送業者の場合は、Amazonのカスタマーサービスへ連絡する必要があります。

連絡方法にはメール、チャット、電話などがあります。

手順は以下のとおりです。

1.Amazonアプリを開く。
2.メニューから「カスタマーサービス」を選ぶ。
3.「注文内容について」をタップ。
4.問い合わせたい商品を選択。
5.カスタマーサービスとチャットで連絡を取る。

通常、Amazonのカスタマーサービスは迅速かつ丁寧な対応をしてくれます。

担当者の日本語が完璧でない場合もありますが、十分にコミュニケーションをとることができますよ。

この記事では、Amazonで注文した商品が予定日に届かない場合の対処法や、配送遅延や出品者とのトラブルへの対応方法をご紹介しています。

Amazonでの注文に関する問題を抱えている方は、この情報が役立つでしょう。

Amazonで注文した商品が予定日に届かない時の対応方法

Amazonで購入した商品が、予定日に届かなかった際の適切な対応方法について解説します。

Amazonでの対応手順

最初に行うべきことは、Amazonの公式ウェブサイトにアクセスし、自分のアカウントページから注文履歴をチェックして、配送の現状を把握することです。

配送状況は、主に次の3種類に分かれます。

  • 配達完了
  • 発送済み
  • 未発送

これらの状況に応じた、対処方法を見ていきましょう。

配達完了と表示された場合

配達完了となっている場合、次の4つの可能性を考慮する必要があります。

  1. 家族が商品を受け取っている
  2. 商品が指定した置き配場所にある
  3. 商品が誤った住所に配送された
  4. 置き配場所で商品が盗まれた

1から3のケースでは、それぞれの状況に応じて対応することが肝心です。

誤配送の場合は、Amazonのサポートに問い合わせをし、近隣の住所での調査や、都市部の場合は配送業者に直接連絡して住所の間違いについて確認することが有効です。

何も届け出がなければ、Amazonに再度問い合わせましょう。

置き配での盗難が疑われる場合には、まず配送業者に連絡して配送が実際に完了したかを確認します。

配送時に写真が撮影されていれば、その確認も重要です。

その後は、Amazonのウェブサイト上でチャットサポートを利用して対応を求めます。

手順は以下の通りです。

  1. チャットウィンドウを開く
  2. 注文した商品を選択
  3. 置き配盗難に関する選択肢をクリック
  4. 電話サポートを選ぶ
  5. 電話番号を入力
  6. Amazonからの電話を待つ

Amazonでは通常、同じ商品の再配送を行いますが、在庫がない場合は返金処理を行います。

ただし、置き配を利用する際には、盗難のリスクがあることを承知の上で同意する必要があります。

置き配の盗難に対して補償する義務はないものの、Amazonは柔軟に対応する傾向にあります。

発送済みと表示された場合

Amazonで注文した商品が「発送済み」の状態になっている場合、その商品は現在配送途中である可能性が高いです。

Amazonのウェブサイトには、通常、該当商品の配送業者による追跡番号が掲載されています。

この追跡番号を使って、配送業者に直接問い合わせをするか、もしくは配送業者のウェブサイト上で荷物の位置を確認してみると良いでしょう。

未発送と表示された場合

一方で、商品が「未発送」の状態の場合は、予定日に商品が届かないという問題が発生していることになります。

この状況では、Amazonに対する問い合わせが必要になります。

問い合わせ先は、商品がAmazon自体によって販売されているか、それともAmazonマーケットプレイスの別の出品者からのものかによって異なります。

まずはこの点を確認し、それに応じた適切な問い合わせ先に連絡をしましょう。

また、Amazonの注文品が配送途中で失われるという事故も稀に発生します。

とくに、Amazonの倉庫から配送業者の集積地点への移送途中に荷物が行方不明になるケースがあります。

一般的に、商品はAmazonの倉庫から配送業者の集積地点に運ばれ、そこから最終的に顧客の元へ配送されます。

しかし、Amazonの倉庫から出たという記録はあるものの、集積地点への到着記録がない場合、配送業者では対応が困難になります。

このような状況は、Amazonの専用配送サービスの過程で、何らかのトラブルが発生している可能性があります。

このような事態が生じた際には、通常、Amazonが責任を認め、返金処理を行います。

Amazonで予定日に届かない注文品の理由とその対応策

Amazonから本日中に届く予定だった商品が到着しない場合、その背後には様々な原因が考えられます。

どのような状況があり得るのか、確認してみましょう。

Amazon注文品が指定日に届かない主な理由

  • 配送業者による配送上の問題
  • 再配達依頼の漏れ
  • 商品の損傷でAmazonへの返送
  • Amazon専任配送業者の遅れ

上記のような理由が挙げられます。

Amazonでは、配送予定日を「予定」として設定しており、これが必ずしも最終的な確定日ではないということです。

通常は多くの商品が予定通りに到着しますが、何かしらのトラブルが発生した場合、遅延が起こることがあります。

とくに、配送上の問題は重要です。

例えば、クロネコヤマトや佐川急便などの配送業者が関与するトラブルに直面した場合は、直接その配送業者に問い合わせるのが最善です。

また、商品が損傷してAmazonに返送された場合は、Amazonに問い合わせを行うことが推奨されます。

近年、特に問題視されているのが、Amazon専任配送業者による配送遅延です。

デリバリープロバイダというシステムの下、地域の配送業者が配送を担当することがあり、この結果、荷物の遅延や紛失が増加しています。

デリバリープロバイダに関する不満の事例としては、以下のような報告があります。

  • 不在票を残さずに去ること
  • 早朝や深夜の不適切な配送時間
  • 荷物の盗難

これらは、SNS上で頻繁に共有されている不満の内容です。

Amazonでの配送遅延時の対応策と出品者とのトラブル解決方法

Amazonで注文した商品の配送に遅延が生じた場合や、出品者とのトラブルが発生した際の対応方法について説明します。

配送遅延時の配送方法の変更手順

配送遅延に直面した際、配送方法を変更するステップは以下の通りです。

「お届け日時指定便」の活用

商品選択後、「発送オプションと配送オプションを選んでください」ページに進む。

「お届け日時指定便」を選択。

「配達時間を変更」をクリックし、希望の日時を設定。

配送業者による日時指定

クロネコヤマトや佐川急便などの主要配送業者では、荷物番号を使用して公式ウェブサイトやアプリで日時の変更が可能です。

出品者とのトラブル時の対応方法

出品者とのトラブルが起こった場合、以下のように対応することをおすすめします。

  • 出品者に直接コンタクトを取り、問題を話し合う。
  • Amazonのカスタマーサービスに連絡し、状況を相談する。

これらの方法を取ることで、ほとんどのトラブルは解決されます。

タイトルとURLをコピーしました