PR

ガラスフィルムの端の空気が抜けない時の直し方は?ドライヤーで気泡は消える?

スマホやタブレット、ポータブルゲーム機を新しく手に入れた際、画面を保護するためガラスフィルムを貼ることが一般的です。

とくに初めての方は、フィルムを貼る過程で気泡が入ってしまい、対処に困ることがよくあります。

この記事では、そんな時のためのガラスフィルムに空気が入った場合の対処法と、知っておくべきポイントをご紹介します。

  1. ガラスフィルムの気泡が自然に消える理由
  2. スマホやタブレットのガラスフィルムに気泡ができたときの対処法
    1. ガラスフィルムの気泡は時間と共に消えることも
    2. 気泡を端に移して自然消失を待つ
  3. 気泡が消えないときの原因と直し方
    1. ガラスフィルムにホコリが付着している場合
    2. 端が丸みを帯びているスマートフォンの場合
  4. スマートフォンのガラスフィルムに関する間違ったケア方法
    1. ドライヤーの使用
    2. 強く押しすぎる
  5. 貼り直し時の間違ったホコリの取り方
    1. ドライヤーを使ってホコリを取る
    2. アルコールティッシュで拭く
    3. 普通のティッシュで拭く
    4. 水で洗う
  6. ​ガラスフィルムに気泡ができた際の再貼り方
    1. STEP 1: 手の洗浄
    2. STEP 2: 作業環境の準備
    3. STEP 3: スマートフォンの電源を切る
    4. STEP 4: プラスチックカードの準備
    5. STEP 5: セロハンテープを使う
    6. STEP 6: カードを使用してフィルムを剥がす
    7. STEP 7: 画面のホコリを取り除く
    8. STEP 8: フィルムの再貼り
  7. 専門家によるガラスフィルム貼り付け代行
  8. 気泡の少ないガラスフィルムの選び方
    1. TORRAS iPhone SE 3用ガラスフィルム
    2. W.M.S 液晶保護ガラスフィルム
    3. NIMASO ガラスフィルム
  9. Nintendo Switchに最適な気泡が入りにくいガラスフィルムの選び方
    1. iVoler Nintendo Switch専用ガラスフィルム
    2. Xingmeng Nintendo Switch専用保護ガラスフィルム
  10. ガラスフィルム端の空気が抜けない:まとめ

ガラスフィルムの気泡が自然に消える理由

風船を膨らませた後、時間が経つと自然と小さくなる経験はありませんか?

これは風船の結び目から空気が漏れ出しているわけではなく、ゴムの表面にある微小な隙間から徐々に空気が抜けていくためです。

この原理は、ガラスフィルムにも当てはまります。

フィルムの表面にある細かな隙間から気泡が少しずつ抜けていき、最終的には完全になくなります。

つまり、ガラスフィルム内の気泡が消えるのも、風船の空気が抜けるのと同じ理由によるものなのです。

スマホやタブレットのガラスフィルムに気泡ができたときの対処法

・ガラスフィルムの気泡は時間と共に消えることも
・気泡を端に移して自然消失を待つ

ガラスフィルムの気泡は時間と共に消えることも

もしガラスフィルムを貼り直しても気泡が残ってしまったら、まずは少し待ってみましょう。

実は、ガラスフィルムの気泡は時間が経つと自然に消えることがよくあります。

気泡を端に移して自然消失を待つ

スマホフィルムの中央にある空気を、指でそっと端に押しやると、気泡が消えやすくなります。

だいたい一晩から数日で、気泡は自然に消えることが多いです。

しかし、昔のタイプのガラスフィルムでは気泡が消えにくいこともあるため、「気泡が消えやすい」とされる製品を選ぶのが賢明です。

気泡が残ると使用感に影響が出ることもあるため、この点は注意が必要です。

気泡が消えないときの原因と直し方

・ガラスフィルムにホコリが付着している場合
・端が丸みを帯びているスマートフォンの場合

ガラスフィルムにホコリが付着している場合

もし数日経っても気泡が消えない場合、ホコリが原因である可能性があります。

ホコリが付くと、気泡が残りやすくなります。

「自然に消える」とされていても、ホコリが原因で気泡が残ることもあります。

フィルムを貼る際は、ホコリの少ない環境で行うこと、そしてスマートフォンの電源をオフにすることが大切です。

端が丸みを帯びているスマートフォンの場合

スマートフォンのデザインはモデルによって異なり、端が丸みを帯びているものでは気泡が抜けにくいことがあります。

例えば、iPhone SE(第2世代)のように端が丸いデザインの場合、ガラスフィルムと端の間に気泡が溜まりやすくなります。

こうした場合の解決策は、そのスマートフォン専用のガラスフィルムを選ぶことです。

専用の製品を使えば、保護フィルムが端にぴったりとフィットし、空気が抜けやすくなりますよ。

スマートフォンのガラスフィルムに関する間違ったケア方法

・ドライヤーの使用
・強く押しすぎる

ドライヤーの使用

ネット上では「ドライヤーで気泡が簡単に消える」と紹介されることがありますが、実はおすすめできません。

ドライヤーの熱で気泡を拡張させる方法ですが、スマホは熱に弱い部品を多く含んでおり、この方法はスマホの故障やデータの損失、さらには発火のリスクも伴います。

強く押しすぎる

気泡を指で強く押す行為は、ガラスフィルムを破壊する恐れがあります。

ガラスフィルムはとても薄いため、少しの力で破れることがあるので注意が必要です。

気泡を押し出す際には、クレジットカードなど硬いカードを使用する方法が良いでしょう。

貼り直し時の間違ったホコリの取り方

・ドライヤーを使ってホコリを取る
・アルコールティッシュで拭く
・普通のティッシュで拭く
・水で洗う

ドライヤーを使ってホコリを取る

ドライヤーでホコリを飛ばそうとすると、逆に周囲のホコリが舞い上がり、スクリーンに残ることがあります。

微細なホコリはドライヤーの風圧では完全に取り除けないため、推奨されません。

アルコールティッシュで拭く

アルコールティッシュでの拭き取りは、スマホの画面や部品を傷つける可能性があります。

一見清潔になるように見えますが、長期的な観点からは避けた方が無難です。

普通のティッシュで拭く

ティッシュで画面を拭くことも避けましょう。

ティッシュの粗い繊維が画面に微細な傷をつける可能性があり、汚れを完全に取り除くことができないこともあります。

水で洗う

スマートフォンを水で洗うのはおすすめできません。

たとえ防水機能があるモデルでも、完全に水から保護するわけではなく、少量の水でさえ故障の原因になることがあります。

スマホの防水性能を示す「IPX等級」を確認し、その限界を把握することが重要です。

​ガラスフィルムに気泡ができた際の再貼り方

ガラスフィルムに気泡ができた場合、まずはそのまま待って自然に抜けるのを見守るのが一般的ですが、気泡が残る場合には再貼りが必要になります。

ここでは、正しい再貼りの手順をご紹介します。

STEP 1: 手の洗浄

保護フィルムを触る前に、指紋を防ぐために手を洗うことが重要です。

ハンドソープでしっかりと洗うか、ゴム手袋を使用することをおすすめします。

STEP 2: 作業環境の準備

スマホの画面にホコリが付着すると、気泡の原因となります。

作業スペースの周辺のホコリを除去するため、テーブルを拭いたり、衣服の袖を畳んだり、エアコンを切るなどの対策をしましょう。

STEP 3: スマートフォンの電源を切る

作業中はスマホの電源をオフにして、静電気によるホコリの付着を防ぎます。

STEP 4: プラスチックカードの準備

ガラスフィルムを剥がす際には、QUOカードやその他のプラスチック製カードが便利です。

STEP 5: セロハンテープを使う

フィルムを手で直接触れずに剥がすため、セロハンテープをフィルムの角に貼ります。

これにより、フィルムを手で触ることなく浮かせることができます。

STEP 6: カードを使用してフィルムを剥がす

用意したカードをフィルムの間に差し込み、慎重に剥がしていきます。

フィルムを破損しないように、力加減に注意しましょう。

STEP 7: 画面のホコリを取り除く

フィルムを剥がした後、スマホ画面に残ったホコリをセロハンテープや専用のクリーニングクロスで取り除きます。

強く擦ると静電気が発生する可能性があるので、注意が必要です。

STEP 8: フィルムの再貼り

最終的に、ホコリを完全に取り除いた後、ガラスフィルムを丁寧に再度貼り付けます。

気泡が生じた場合は、端に向かって押し出すことで大抵は自然と抜けます。

専門家によるガラスフィルム貼り付け代行

気泡の取り除きに苦労している場合、専門家によるガラスフィルムの貼り付け代行サービスが便利です。

このサービスには料金がかかりますが、プロの技術で完璧な仕上がりを期待できます。

このサービスを提供している主要な店舗には「ヨドバシカメラ」「ビックカメラ」「ヤマダ電機」などがありますので、近くの店舗を利用するのが良いでしょう。

気泡の少ないガラスフィルムの選び方

ガラスフィルムで気泡に悩む場合、気泡が少ない製品への変更が効果的です。

TORRAS iPhone SE 3用ガラスフィルム

2022年製のこのガラスフィルムはiPhone SE 3及びSE 2に対応しており、ナノ静電自動吸着技術が採用されています。

この技術により、気泡がすぐに消えるため、貼り直しや手動での気泡除去が不要になります。

初心者でも簡単に使用できるのが魅力です。

W.M.S 液晶保護ガラスフィルム

W.M.Sのガラスフィルムは気泡が入りにくく、時間が経つと自然に消えることで評価されています。

楽天の総合ランキングで1位を獲得している信頼性の高い製品で、楽天のページは見やすく、対応機種や詳細が分かりやすいです。

2枚セットの提供もコストパフォーマンスが良いです。

NIMASO ガラスフィルム

NIMASOのガラスフィルムも、気泡が入りにくく、軽く置くだけで自動吸着する仕組みが特徴です。

気泡の心配が少なく、手軽に装着できます。

Nintendo Switchに最適な気泡が入りにくいガラスフィルムの選び方

ニンテンドースイッチのガラスフィルムを紹介します。

iVoler Nintendo Switch専用ガラスフィルム

Nintendo Switchの液晶画面用として特におすすめなのが「iVoler」のガラスフィルムです。

この製品は帯電防止シリコンフィット技術を採用しており、その高い吸着性により、気泡がほとんどできないのが特徴です。

Xingmeng Nintendo Switch専用保護ガラスフィルム

Xingmeng製のガラスフィルムも、Nintendo Switchに適した製品として人気があります。

自己吸着機能があり、簡単に装着できるため、気泡が入りにくいと評価されています。

ガラスフィルム端の空気が抜けない:まとめ

もし気泡ができてしまった場合、まずはガラスフィルムを再度貼り直してみることをおすすめします。

貼り付けの際は、ホコリを避けるように注意してください。

それでも気泡が消えない場合は、2~3日放置し、自然に気泡が抜けるのを待つのが良いでしょう。

多くの場合、これで気泡は解消されます。

それでも気泡が残る場合は、ホコリが原因か、フィルムとデバイスの相性問題が考えられます。

ホコリを再度確認するか、デバイスに適したガラスフィルムに変更することを検討してみてくださいね。

最終手段としては、専門家の貼り付けサービスを利用することも考えられます。

タイトルとURLをコピーしました