PR

日本の代表的な神社を巡る:伊勢、出雲、そしてもう一つの神社は?

日本には多くの神社が存在し、その中でも特に知られているのが「三大神社」と呼ばれるグループです。

しかし、「三大神社」という言葉には厳密な定義がなく、解釈はさまざまです。

よく使われるのは「三大神宮」や「三大大社」といった表現で、これらは特定の神社を指します。

例えば、「三大神宮」には、「日本書紀」という古い文献に名を連ねる「伊勢神宮」、「出雲大神宮(出雲大社)」、そして「石上神宮」が含まれています。

これらは「日本書紀」で直接「三大神宮」とは記されていませんが、一般にはこのように呼ばれています。

また、平安時代の歴史的文書「延喜式神名帳」によれば、「大神宮(伊勢神宮内宮)」、「鹿島神宮」、「香取神宮」が「三大神宮」とされています。

これらの神社を巡る際には、どの順番で訪れるべきかや、それぞれの神社の関係性についての話題も多く、訪れる人たちの間でよく話題になります。

伊勢神宮と出雲大社に続く、第三の神社は?

伊勢神宮と出雲大社の後に続く、日本における第三の神社については、公式な基準が存在しないため、どの神社がこれにあたるかは明確には決まっていません。

そのため、人々は自分たちの基準に基づいて、第三の神社を選ぶことが可能です。

選び方には大きく分けて二つの方法があります。

一つは、その神社に祀られている神々に着目して選ぶ方法です。

この基準で選ぶと、伊勢神宮や出雲大社と関連する神々を祀っている兵庫県淡路島の伊弉諾神宮が候補に挙がります。

伊弉諾神宮は日本最古とされる神社で、「神宮」の格式を持ち、官幣大社の社格を有しています。

もう一つの選び方は、神社の称号、つまり「社号」に注目して選ぶ方法です。

社号には「神宮」、「宮」、「大社」、「神社」といった種類があり、それぞれに基準が設けられています。

社号を通じて、神様の種類や歴史、由緒などを知ることができます。

日本三大神社に関する様々な見解

日本の三大神社に関する諸説については、まず「神宮」と「神社」の区別を理解することが重要です。

神社は神々を祀る場所を総称し、その中に特別なカテゴリとして「神宮」があります。

神宮は、天皇家に関連する神々を祀る神社の称号とされています。

奈良時代に成立した「日本書紀」には、「伊勢神宮」、「出雲大神宮(出雲大社)」、そして「石神神宮」が三大神宮として記載されています。

また、平安時代の「延喜式神名帳」には、「大神宮(伊勢神宮内宮)」、「鹿島神宮」、「香取神宮」の三つが記されています。

これらの文献を踏まえると、伊勢神宮を含む三大神宮の候補は合計で五つになります。

大神神社と出雲大社:奈良と島根の結びつき

奈良県桜井市にある大神(おおみわ)神社は、出雲大社との間に深いつながりがあることで知られています。

この神社は独特で、伝統的な本殿を持たず、三輪山自体が神として崇拝されています。

三輪山は大物主(おおものぬし)の住処とされ、「神の宿る山」として長い歴史を持っています。

古事記や日本書紀に記された伝説によれば、出雲大社の主祭神である大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が国づくりに困難を感じていた際に、大物主大神が海の向こうから現れ、「成功したいなら、私を三輪山に祀れ」と助言したとされています。

また、大神神社は大物主大神が因幡の白兎を救ったことでも名高いです。

その参集院の入り口には「なでなでうさぎ」が置かれ、触れることで幸運が訪れ、身体の不調が改善されると言われています。

鹿島神社:日本神宮の重要な一社

鹿島神社は、「鹿島」を名に冠し、東北から関東にかけて約600社が存在します。

この中で最も重要な総本社は茨城県鹿嶋市にある鹿島神宮で、最高位の一の宮として知られています。

鹿島神宮は「国譲り」伝説で有名な武御雷神(タケミカヅチ)を祭神としており、武道、決断力、交通安全の神として信仰されています。

「鹿島立ち」という言葉は、この神社の影響を示しています。

千葉県の香取神宮、茨城県の息栖(いきす)神社と共に、東国三社の一つに数えられています。

江戸時代には、伊勢神宮参拝の後に、この三社を訪れる「禊(みそぎ)参り」という風習がありました。

現在、鹿島神宮は地元の人々に深く信仰される一方で、東国三社を結んだ地図上の形が直角二等辺三角形であることから、パワースポットとして再び注目を集めています。

伊勢神宮と出雲大社:どちらを先に参拝すべきか

伊勢神宮と出雲大社は日本で特に人気のある神社で、多くの方がこれらの神社を訪れることを望んでいます。

参拝する順番については、特定の規定は存在しないため、どちらから訪れても構いません

伝統的には、自宅の近くにある神社から参拝を始めることが推奨されています。

したがって、参拝順序を決める際には、自宅からの距離を考慮することが良いでしょう。

伊勢神宮と出雲大社の間には、古事記や日本書紀などの古文書に記された直接的な関連性は見られません。

両神社は歴史が深く、格式が高いという共通点を持ちながらも、それぞれ異なる宗派に属しているため、直接の繋がりはないとされています。

まとめ

この記事では、伊勢神宮や出雲大社を含む、日本の名高い神社について触れました。

日本には、長い歴史を持ち美しい神社が多数存在します。

個人的な体験として、最近初めて訪れた伊勢神宮は、長く憧れていた場所であり、その神秘的な雰囲気に心が洗われる体験でした。

伊勢神宮はおすすめの神社です。

タイトルとURLをコピーしました