PR

ポリエステルを熱湯で洗うと縮む、しわになる? 直し方は?

ポリエステル製の衣服はしわになりにくいことで知られていますが、実は高温のお湯を使った洗濯が原因で縮みやしわが出ることがあります。

ポリエステルが高温に強いとは言え、これは熱湯にも耐えられるということではありません。

実際には、ポリエステルは比較的高温に耐えますが、熱湯や高温の風を使う乾燥機の使用は避けるべきなのです。

一般的に耐熱性があるポリエステルも、熱湯で洗濯するとしわができやすくなります。

そこで疑問ですが、なぜ耐熱性のあるポリエステルが熱湯で洗濯するとしわになってしまうのでしょうか。

また、しわになったポリエステル衣類をどうやって直すことができるのか。

そして、熱湯を使った際にポリエステルにどのような効果があるのか。

これらのポイントについて、順にご説明します。

ポリエステル衣類への熱湯の影響としわの対策

熱に比較的耐性のあるポリエステル素材ですが、なぜ熱湯で洗うとしわができるのでしょうか。

これは、ポリエステルの成分の特性に起因しています。

ポリエステルには様々な種類があり、それぞれ異なる化学的特性を持っています。

服によく使われるポリエステルの主要成分は、多くの場合、石油ベースのポリエチレンテレフタレート(PET)です。

このPETは、例えばペットボトルの製造にも用いられています。

再生されたPETもまた、衣類の繊維として利用されています。

ポリエステルのしわの問題は、その繊維の融点やガラス転移点と関連しており、熱湯がポリエステル分子を軟化させ、しわを引き起こす原因となります。

端的に言えば、熱湯によるポリエステル繊維の収縮がしわの原因です。

熱湯は除菌効果や洗剤の溶解力向上、消臭効果などの利点がありますが、ポリエステル製品には適していません。

特に、煮洗いはポリエステルには不向きです。

そのため、除菌などの目的でお湯を使用する際は、熱湯ではなくぬるま湯を使うことをおすすめします。

ポリエステルは水をはじきやすく、型崩れしにくい素材です。

洗濯後は脱水時間を短くし、衣類を振ってしわを伸ばし、干せばしわは目立たなくなります。

しかし、洗濯後に衣類を洗濯機の中に長時間放置したり、振らずに干したりするとしわの原因となります。

熱湯洗濯後のポリエステル衣類のしわの直し方

熱湯で洗った後に、ポリエステル製の衣類にしわができてしまったときの処理方法について解説します。

熱湯での洗濯はポリエステル繊維を収縮させ、「縮み」の原因になることがあります。

しかし、ただのしわであれば、次のような方法で改善することが可能です。

まず、しわが入った衣類にアイロンをかけることをおすすめします。

アイロンを使う際は、衣類の洗濯表示を確認して、適切な温度設定で当て布を使用してアイロンをかけてください。

アイロンだけではしわが取れない場合は、霧吹きで衣類を湿らせた後、自然な風で乾かすか、扇風機を使って常温で乾かす方法も効果的です。

それでもしわが取れない時は、もう一度水洗いし、適切に振ってから乾かすといいでしょう。

これらは熱湯で洗濯した、ポリエステル衣類のしわを取るのに有効な方法です。

次に、ポリエステル衣類を洗濯する際、しわになりにくくするためのポイントを4つ紹介します。

  1. 柔軟剤の利用:柔軟剤は繊維を柔らかくし、しわの発生を抑制します。
  2. 洗濯ネットの使用:衣類をネットに入れることで、脱水時のしわを防げます。
  3. 脱水時間を短くする:ポリエステルは速乾性が高いため、脱水時間を短くすることでしわの発生を減らせます。
  4. 乾燥機の使用を避ける:乾燥機の熱風はポリエステル繊維を収縮させる可能性があります。

ポリエステル衣類を洗濯する際は、これらのポイントに注意し、しわを防ぐようにしましょう。

次に、ポリエステル素材における洗濯の消毒・消臭効果について、紹介します。

ポリエステル衣類の消毒と消臭に効果的な洗濯法

2020年、抗ウイルス、抗菌、除菌というキーワードが頻繁に聞かれました。

洗濯製品においても、ウイルス除去の機能が重視され、消毒用アルコールの濃度にも注目が集まりました。

しかし、洗濯においては、消臭効果が特に重要とされています。

私自身も、消臭と漂白効果を目指して液体漂白剤を利用し、それに加えて柔軟剤も使用しています。

近年の洗剤は高性能で、液体漂白剤を使用しなくても一定の漂白効果が期待できますが、消臭効果についてはどうでしょうか。

特に、ポリエステル素材の洗濯時の消臭に焦点を当ててみましょう。

ポリエステルは速乾性や耐久性、形状記憶効果に優れていますが、皮脂や汚れを吸着しやすく、熱湯で洗うとしわが生じるデメリットもあります

臭いの主な原因は汗や汚れです。

汗をかいたら、すぐに洗濯することが重要です。

洗濯しても、汚れが蓄積されると臭いが発生します。

消臭には、お湯ではなくぬるま湯を使用することが効果的です。

ぬるま湯に酸素系漂白剤を加えることで、より高い消臭効果が期待できます。

頑固な臭い汚れに対しては、酸素系漂白剤を水に溶かし、衣類を浸け置きにしてから通常通り洗濯すると良いでしょう。

ポリエステルはお湯で洗うべきではなく、約30度のぬるま湯が最適です。

シルクのように熱湯で煮沸消毒が効果的な素材とは異なり、ポリエステルには熱湯を使用しない方が良いです。

臭いが気になる場合は、このような手順で洗濯すると効果的ですが、強い漂白剤の繰り返し使用は、耐久性のあるポリエステルであっても生地を傷める可能性があるため、注意が必要です。

臭い汚れを予防するには、汗や皮脂汚れを直接吸収しないために、ポリエステル素材の服を肌に直接着用しないこと、消臭や抗菌機能を備えたポリエステル製品の利用が効果的です。

また、着用した衣類は、汗をかいていなくてもできるだけ毎回洗濯することが重要です。

微量の汗や皮脂が衣類に付着し、放置すると黄ばみや臭いの原因となるためです。

まとめ

ポリエステル製の衣類は、熱湯で洗うとしわができやすいという特性があります。

万が一洗濯時にしわを作ってしまったら、この記事で紹介するしわの直し方を試してみてください。

ポリエステルの扱いに手間がかかると感じることもあるでしょう。

そういった時に役立つ、衣類選びのヒントをお伝えします。

100%ポリエステルの衣類はしわ取りがやや面倒かもしれません。

そのため、他の素材と混紡されている衣類を選ぶことをおすすめします。

混紡素材は、異なる素材の長所と短所を補い合う効果があります。

例えば、ポリエステルに綿やポリウレタンを混ぜることで、綿のアイロン耐性やポリウレタンの速乾性、柔軟性などが得られます。

ポリエステルは化学繊維ですが、多くの利点を持つ合成繊維です。

私自身はコットンを好んで使用していますが、好みは人それぞれです。

たとえば、大手カジュアルウェアメーカーのヒートテック製品は、合成繊維の利点を活かして冬の寒さを和らげてくれます。

天然素材も合成繊維も、それぞれの素材の特性を活かせば大いに魅力があります。

どちらが良いかではなく、シチュエーションに応じて上手に選ぶのがコツです。

混紡素材を選んだ場合は、洗濯方法が変わることがありますので、洗濯表示をしっかり確認し、適切な方法で衣類をケアしてください。

素材の特性を理解して、衣類を長持ちさせ、様々な素材のファッションを楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました