PR

100均アイテムで簡単!メガネフレームの傷消し:自分でやるマニキュア塗装方法

メガネのフレームが色褪せたりキズがついたりすると、意外と目立ちます。

「些細なキズなら放っておいても大丈夫かな」と思いがちですが、他人の目から見るとそうも言えないことも。

メガネ専門店で塗装を直してもらうと、予想外に高額になることも。

とくに、小さなキズの修理には、思ったよりも費用がかかります。

でも、実はメガネのフレーム塗装は自分でもできるんです。

更に驚くべきことに、100円ショップで手に入るマニキュアで、簡単に傷消しが可能です。

この記事では、自宅でできるメガネフレームの塗りなおし方や、色の変更方法を丁寧にご紹介します。

メガネの塗装をマニキュアで手軽にリニューアル!

日々の使用により、メガネの塗装が剥がれることがあります。

小さな損傷でも目立つことが多く、できれば簡単に修復したいですよね。

そんな時に役立つのが、なんと「マニキュア」です。

マニキュアは手に入りやすく、100均やドラッグストアで購入できます。

速乾性があり、塗った直後からメガネを使用できるのが便利。

色の選び方も多様で、眼鏡に合った色が見つけやすいです。

また、汗や水に強く、雨の日でも色落ちする心配が少ないです。

塗装方法は以下の通りです。

  1. 修理する部位を丁寧に清掃する
  2. マニキュアのブラシに適量を取り、剥がれた部分に塗る
  3. トップコートを塗って光沢を出す

塗る前には、汚れを完全に落とすことが重要です。

汚れが残っていると、塗装の仕上がりに影響します。

マニキュアは多用しすぎると垂れる可能性があるため、適量を心掛けてください。

小さな塗装剥げもこの方法で修理できますが、自分で行う場合の注意点もあります。

  • 色ムラが生じやすい
  • 衝撃や引っかきに弱い

自分で塗ると色ムラができやすく、また、マニキュアは衝撃や引っかきに弱いため、注意が必要です。

メガネの塗装は通常、2~3年で剥がれやすくなります。

たとえ小さな剥がれでも、外見や印象に影響を与えるため、注意が必要です。

マニキュアを使った修理は一時的なものですが、簡単にできるため、覚えておくと便利です。

メガネのフレームを自宅で簡単に塗り直す方法

めがねのフレームの塗装がはげてしまったとき、実はマニキュアを使って簡単に修正できます。

小さな塗装のはがれであれば、少量のマニキュアを塗るだけで解決します。

しかし、塗装が広範囲に渡る場合はどうすればいいのでしょうか?

実は、自分でメガネのフレームを分解し、塗装することができるのです。

フレームの分解にはある程度の知識と適切な工具が必要ですが、それがあれば自分で行うことができます。

忙しくて店に行けない人にとって、自宅でフレームの塗装ができるのは非常に便利です。

ただし、自分で行う作業は自己責任であることを理解してください。

フレームの分解手順

フレームを塗装する前には、メガネを分解する必要があります

これは、レンズや鼻パッドに塗料が付着しないようにするためです。

塗装する箇所に応じて、フレームを分解しパーツごとに塗装する必要があります。

  1. レンズを取り外す
  2. ドライバーでネジを外し、パーツを分解する
  3. 中性洗剤で洗い、アルコールで消毒する

分解する際には、細かなパーツを失くさないように注意しましょう。

レンズを外すときは、内側から押し出して外すのがコツです。

無理な力を加えると、破損の恐れがあります。

フレームの塗装プロセス

次に、フレームの塗装方法についてです。

  1. 紙やすりで塗装する部分を滑らかにする
  2. 汚れを完全に取り除く
  3. マニキュアを使って塗装する
  4. トップコートで仕上げをする

均一に塗装するのは少し難しいですが、数回に分けて塗ることできれいな発色が得られます。

トップコートを使用すると、耐久性が向上し、光沢が出ます

塗装が乾いたら、フレームを元に戻して完成です。

自分でフレームの塗装をすることはできますが、故障のリスクを伴います。

また、組み立て直した後のフィット感が変わることもありますので、違和感がある場合は専門店での調整をおすすめします。

自宅で楽しむメガネフレームのカラーチェンジDIY

めがねのフレームの色を変えると、顔の雰囲気や気持ちまでガラリと変わります。

新しいフレームを購入する予算がない時も、自分で色を変えることができるんです。

眼鏡フレームを自分で分解し、塗装する方法はコストを抑えられますが、分解する際には破損するリスクもあるので注意が必要です。

フレーム塗装に適した塗料の種類

眼鏡フレームの塗装に、おすすめの塗料をいくつかご紹介します。

マニキュア

ドラッグストアや100円ショップで手に入るマニキュアは、乾きが早く手軽に塗れるのが魅力です。

ただし、衝撃に弱く剥がれることがあるため注意が必要です。

タッチアップペン

車の傷補修に使われる、タッチアップペンもいい選択です。

細かい部分の塗装に、便利な筆塗りタイプ。

耐久性も高いですが、乾燥時間が長いので、時間に余裕があるときに使うといいでしょう。

アクリル絵具

アクリル絵具は細い筆で薄く塗ることで、フレームに良く馴染みます。

トップコートを上から塗ると、艶出しと耐久性向上が期待できます。

塗装時の注意点

メガネフレームの色を変えるのは楽しいですが、以下の点には注意しましょう。

  1. 分解による破損や故障のリスク
  2. 塗料のアレルギー反応
  3. フレーム材質による塗装の可否

分解や組み立てでフレームが故障する可能性や、部品の紛失・破損のリスクがあります。

また、塗料が肌に合わない場合は直ちに使用をやめ、専門医に相談してください。

フレームの材質によっては専門店での処理が必要な場合もあるので、不安なら専門家に相談がおすすめです。

DIYでのフレーム塗装はあくまで一時的な解決策と考え、色のムラや剥がれなどのリスクを理解しておくことが大切です

最終的には、新しいフレームの購入が最も確実な選択となります

まとめ

・100円ショップのマニキュアを使用してメガネフレームの再塗装が可能
・自宅で簡単にメガネフレームの色を変えることができる
・色を変えるためには、メガネを分解する必要がある
・自分でフレームを塗装する時は、故障や破損、視力影響のリスクが伴う
・選ぶ塗料によってはアレルギー反応を起こす可能性も

家庭にあるマニキュアで、メガネフレームの塗装を簡単に行うことができます。

フレームを自分で分解すれば、お好みの色にカスタマイズが可能です。

しかし、この作業にはメガネの故障や破損、さらには視力に影響を及ぼすリスクも考慮する必要があります。

使用する塗料によっては、アレルギー反応を引き起こす恐れもあるため、慎重に選ぶ必要があります。

自分でのメガネフレーム塗装はあくまで一時的な方法であり、長期的には専門店での修理や新しいフレームへの交換を考えるのが望ましいでしょう。

それでも、時間がなく店に行けない方にとっては、この方法がメガネの見栄えを保つのに役立つかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました