PR

新幹線「のぞみ」「ひかり」「こだま」徹底比較!スピード・停車駅・運賃について

新幹線を使うとき、「のぞみ」「ひかり」「こだま」のどれを選ぶべきか迷ったことはありませんか?

一般的に、「のぞみ」は速いけれど料金が高く、「こだま」は遅めだけどお得な料金というイメージがあるかもしれませんね。

私は普段あまり新幹線には乗りませんが、先日東京に行く機会があり、この3つの列車の違いを調べてみました。

この記事では、新幹線の「のぞみ」「ひかり」「こだま」のそれぞれの特徴を、速さや料金、停車駅の面から比較しています。

それぞれの特性を理解し、新幹線利用の際の参考にしていただければと思います。

新幹線「のぞみ」「ひかり」「こだま」徹底比較!

さて、これらの列車の相違点をじっくりと見ていきましょう。

比較の基準として、ここでは「東京〜新大阪」区間を例に挙げます。

速度の差異

・最高時速270〜285キロメートル(車種による)

新幹線の速さは、使用する車両タイプによって異なり、「のぞみ」「ひかり」「こだま」の区分によって速度が変わるわけではありません

ただし、「のぞみ」では速い新型車両がよく使われています。

2020年の春を目安に、車両を時速285キロメートルで走れるN700Aに順次更新する計画があります。

この更新が完了すれば、「のぞみ」「ひかり」「こだま」全ての列車が時速285キロメートルで走ることになるでしょう。

所要時間の違い

・のぞみ(最も速い)
・ひかり
・こだま(最も遅い)

新幹線に乗る際、「のぞみ」が最速であることは周知の事実です。

具体的な所要時間は次のとおりです。

東京〜新大阪間 所要時間
のぞみ 約2時間30分
ひかり 約3時間
こだま 約4時間

たとえば、東京から新大阪までのぞみだと約2時間30分ですが、こだまだと約4時間かかり、1時間30分の時間差があります。

新幹線各列車の停車駅比較

・こだま(最多停車駅)
・ひかり
・のぞみ(最少停車駅)

「こだま」は通過する全ての駅で停車するため、所要時間が長めです。

一方で、「のぞみ」は東京から新大阪までの間にたったの4駅しか停まらず、速く目的地に到着できます。

東京〜新大阪間 停車駅数
のぞみ 途中 4駅
ひかり 途中 12駅(内8駅は一部のみ)
こだま 途中 全駅

運行頻度の違い

・のぞみ(最多運行)
・ひかり
・こだま(最少運行)

最も運行本数が多いのは「のぞみ」です。

駅にいると、「のぞみ」が頻繁に通る様子が見られます。

東京〜新大阪間 新幹線の運行本数
のぞみ 164本(下り83本、上り81本)
ひかり 65本(下り33本、上り32本)
こだま 84本(下り40本、上り44本)

料金の差

・のぞみ(やや高い指定・グリーン車料金)
・ひかり・こだま

普通車自由席では、のぞみ、ひかり、こだま全て同額です。

しかし、普通車指定席やグリーン車を利用すると、「のぞみ」の料金がわずかに高くなります(指定席は320円増、グリーン車は1320円増)。

速く到着する「のぞみ」ですが、料金差は大きくないのが特徴です。

東京〜新大阪間 普通車指定席料金 普通車自由席料金 グリーン車料金
のぞみ 14,720円 13,870円 19,590円
ひかり 14,400円 13,870円 19,270円
こだま 14,400円 13,870円 19,270円

新幹線の選び方:のぞみ、ひかり、こだまをどう選ぶ?

比較を通じて明らかになった主なポイントは以下です。

・普通車自由席の料金はどの列車も同じ
・指定席やグリーン車の場合、「のぞみ」は「ひかり」「こだま」よりやや高額
・所要時間は停車駅数によって大きく異なる

これらの情報を基に、各列車が適している利用者は以下のようになります。

「のぞみ」はこんな人におすすめ

・できるだけ早く到着したい方
・「のぞみ」の停車駅が目的地の方

「ひかり」はこんな人に向いています

・早めに到着したいけれど、「のぞみ」の停車駅には行かない方
・「ひかり」の停車駅が目的地の方

「こだま」はこんな人にぴったり

・「のぞみ」や「ひかり」の停車駅に用がない方
・ゆったりとした旅を楽しみたい方

のぞみ、ひかり、こだまの特徴をまとめて

以前は、「のぞみは速いけど高い。節約するならこだまを選ぼう」と思っていました。

しかし、今回東京〜新大阪間で比較してみて、普通車自由席では料金に違いがないことがわかりました。

これからは、自分のニーズに合わせて新幹線を選べそうです。

皆さんも、ぜひこの情報を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました