PR

飛行機にスプレー缶のケープは預け荷物?国内線での機内持ち込みは許可されてるのか

飛行機での旅行を久しぶりに計画すると、チェックインの手順や荷物に関する規定など、持ち込み可能なアイテムや禁止されている物品の詳細を再確認する必要がありますね。

こんな経験、よくあると思います。

特に気になるのがヘアスプレーの持ち込みです。

例えば、「ケープ」というヘアスプレーはスプレー缶に入っているため、これを手荷物として持ち込むことが可能か、それとも預け荷物とする必要があるのかが疑問に思われるかもしれません。

この記事では、飛行機にヘアスプレーケープを持ち込む際の規則についてご案内します!

国内線航空機でのスプレー缶携帯規則:知っておくべきポイント

飛行機に乗る際、スプレー缶を持ち込むことができるかどうかは多くの人が疑問に思うポイントです。

一般的に飛行機では、毒性の高い物質や塗料、殺虫剤などの危険品の持ち込みや預け入れは禁止されています。

それにもかかわらず、以下の種類のスプレー缶の持ち込みが許されています。

  • ヘアスプレー
  • 制汗剤スプレー
  • 医薬品用消毒スプレー
  • 冷却スプレー
  • 虫除けスプレー

これらのアイテムは、各容器が0.5リットル/0.5キログラムを超えず、一人当たりの総量が2リットル/2キログラム以内であれば、機内に持ち込むことや預けることが可能です。

このルールにより、ケープや医療用スプレー缶も飛行機に持ち込むことができるため、旅行の際に安心してご利用いただけます。

ケープは特に、飛行中の化粧直しや到着後のヘアセットに大変便利で、スーツケースからわざわざ取り出す必要もありません。

国内線搭乗時のケープ持参:スーツケースへの収納がベスト?

国内線での飛行時、ケープの持ち込みは手荷物でも預ける荷物でも問題ありません。

ご自身の都合に合わせて選ぶことができます。

例えば、朝の準備でのみケープを使用するような場合、手荷物にすると荷物が増えてしまいますし、短距離の国内線ではヘアスタイルを直す必要性も低いでしょう。

そういった場合には、スーツケースに入れて預けるのがおすすめです。

反対に、いつもヘアスタイルをきちんと整えたいという方は、携帯用の小型のケープをポーチに入れ、手荷物として持ち込むのが便利です。

まとめ

飛行機内でヘアスプレーの持ち込みが可能であることが分かり、安心しました。

機内で使うか、到着後にすぐ使いたいかに応じて、手荷物か預け荷物かを選択しましょう。

タイトルとURLをコピーしました