PR

ストッキングのヌードベージュとナチュラルベージュの違いは?どちらが明るい?

ストッキングを選ぶ時、どの色を選べばいいか迷うことはありませんか?

毎日のコーディネートに合わせやすい色を見つけることは思った以上に難しいものです。

特に、名前が似ているヌードベージュとナチュラルベージュでは、どちらを選べばいいのか悩む方も多いでしょう。

見た目は似ているものの、実はヌードベージュとナチュラルベージュには大きな違いがあります。

ナチュラルベージュは比較的に明るい色味で、一方のヌードベージュは少し暗めです。

間違った色を選んでしまうと、肌が暗く見えたり、不自然な印象を与えてしまうことも。

だからこそ、自分の肌色に合うストッキングを選ぶことがとても大切です。

この記事では、ヌードベージュとナチュラルベージュの違いに焦点を当て、どのように選べば自分に合ったストッキングが見つかるのかを解説します。

自分にぴったりのストッキングを見つけることで、より自然で美しい足元を演出することができます。

長くオフィスで働く中で、私が特におすすめしたいのはサブリナシリーズのストッキングです。

その耐久性と手頃な価格、さらにはサイズの豊富さで、私は何度もリピート購入しています。

スポンサーリンク

ナチュラルかヌードか? ストッキング色選びの決定版

ヌードベージュとナチュラルベージュ、どちらを選ぶべきかは、それぞれの色の特徴を理解することから始まります。

ナチュラルベージュは赤みがかっており、その差異は二つを比較すると一目瞭然です。

この赤みは、肌に健康的な血色と明るさをもたらし、より魅力的に見せてくれます。

ナチュラルベージュは、その名が示す通り、自然な肌色に近く、特に日本人の肌によくなじむ色です。

ストッキングを選ぶ際には、ナチュラルベージュから始めるというのが良い出発点になります。

ただし、ナチュラルベージュは肌を自然に見せるというよりは、むしろ肌を明るく見せる色合いです。

そのため、もともと肌色が暗めの方がこの色を選ぶと、腕や手の色との差がはっきりとしてしまうことがあります。

そこで推奨されるのがヌードベージュです。

ヌードベージュは暗めの肌色にも自然に馴染む色合いであり、ナチュラルベージュよりも黄色がかった色味をしています。

これがイエローベースの肌に、特に適している理由です。

ストッキングの色選びは、自分の肌色や好みのスタイルに合わせて行うべきです。選択の際には、色の赤みや明るさを考慮することがポイントです。

スポンサーリンク

サブリナシリーズから学ぶ: ヌードベージュとナチュラルベージュの違い

グンゼが提供するサブリナシリーズのストッキングでは、ヌードベージュとナチュラルベージュという二つの異なる色味を比較する絶好の機会を得られます。

このシリーズは、インターネットのショッピングサイトやご近所のドラッグストアで簡単に見つけられるほど人気があります。

そのパッケージは、鮮明な青や赤を背景にした女性の足のイラストで一目で識別できます。

グンゼの公式サイトで見られるカラーチャートを参照すると、ナチュラルベージュが赤みを帯びたより明るい色であることがわかります。

「肌になじむナチュラルカラー」として紹介されていることからも、その肌馴染みの良さが伺えます。

その一方で、ヌードベージュは少々黄色みを帯びた自然な色合いであり、「やや黄色がかったヌードカラー」と位置付けられています。

これらの違いを踏まえ、ナチュラルベージュとヌードベージュのどちらがご自身に適しているかを選ぶ際の指針としてください。

スポンサーリンク

色で選ぶだけじゃない! ストッキング選びの全て

ヌードベージュとナチュラルベージュの違いを先にご説明しましたが、実はストッキング選びにおいては色以外にも多くの重要な要素が存在します。

以下、色に関係なくストッキングを選ぶ際の基本的なアドバイスをご紹介します。

サイズ選びのコツ

ストッキング選びの基本といえば、まずはサイズの正確な選択です。

サイズが合わないと、履き心地が悪くなったり、ストッキングが落ちてきてしまうことも。

試着ができない商品だからこそ、購入前にサイズ選びは慎重に。

一般的なサイズ区分は「S〜M」「M〜L」「L〜LL」で、身長155〜165cmの日本人女性には「M〜L」が推奨されます。

身長が低めの方には「S〜M」、高めの方には「L〜LL」が適しています。

さらに、ヒップサイズに余裕を持たせた製品もありますので、体型に合わせた選び方も重要です。

スポンサーリンク

機能性のチェック

ストッキングには着圧、防臭、伝線防止など、様々な機能が備わっているものが増えています。

日常的に長時間使用するなら、脚の疲れを軽減する着圧タイプがおすすめ。

美脚効果や、立ち仕事の負担軽減に役立ちます。

防臭タイプは、暑い時期や靴の中の蒸れが気になる時に適しており、快適な履き心地を提供します。

UVカット機能は、日焼け対策にぴったり。

また、伝線しにくいタイプは、外出中のトラブルに強い味方です。

形状の選び方

ストッキングといえば、通常は足首からウエストを覆うフルレングスを想像しますが、実はもも丈や膝下丈など様々な形状があります。

もも丈は、締め付けが苦手な方や暑い日に最適で、スカートとの相性も抜群。

膝下丈は、パンツスタイルに合わせやすく、長いストッキングが苦手な方におすすめです。

色やデザインだけでなく、サイズや機能性、さらには形状まで、ストッキング選びには様々な考慮すべき点があります。

これらのポイントを踏まえることで、自分にぴったりのストッキングを見つけることができます。

スポンサーリンク

まとめ

・ナチュラルベージュとヌードベージュの色には、赤みと明るさで大きな違いがあります。
・ナチュラルベージュは赤っぽく、より明るい色味をしています。
・対照的に、ヌードベージュは黄色っぽさがあり、全体として暗めの色です。
・ストッキングを選ぶ際には、色以外にもサイズ、機能性、形状など様々な要素を検討することが大切です。

ナチュラルベージュもヌードベージュも、共に「ベージュ」という名称を持っていますが、実際に並べて比較してみると、それぞれの色にははっきりとした差があることがわかります。

自分にぴったりのストッキングを見つけるためには、このような色の違いをきちんと理解し、他の重要な選択基準も考えながら、最適な商品を選び出しましょう。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました