PR

アボカドを冷蔵庫に入れてしまったら?冷えたのを柔らかくする方法

スーパーで買ってきたアボカドを、間違えて冷蔵庫に入れてしまったことに気づきました。

もう購入から1週間が過ぎていますが、まだ硬いままです。

アボカドは冷やさずにおくべきだったのでしょうか?

そして、室温に戻すことで柔らかくなる可能性はあるのでしょうか?

アボカドを熟させるには、適した温度がとても重要です。

この記事では、冷蔵庫で保存したアボカドをうまく柔らかくする方法と、室温へ戻す際に気を付けるべきポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

冷蔵したアボカドが固いまま、柔らかくする方法は?

特売でゲットしたけどまだ固いアボカド、家にあるという経験、ありますよね。

スーパーで冷蔵されているアボカドを見かけることもあり、家庭でも冷蔵保存することが多いですが、そうするとなかなか柔らかくならないんです。

アボカドは本来、暖かい地域の植物。

そのため、寒い環境ではその熟成がストップしてしまいます。

さらに、5℃以下で長時間保管すると、アボカドは低温障害に見舞われ、内部が黒くなることも。

柔らかくしたいなら、まずは冷蔵庫から出して室温での保管に切り替えましょう。

そうすると、熟成が再び始まります。

エチレンガスを出す果物と一緒に置くのもおすすめ。リンゴ、バナナ、桃などがその役割を果たしてくれ、アボカドの追熟を早めてくれます。

ただ、追熟が早まるので、定期的にチェックして、食べごろになったらすぐに他の果物とは別にしてください。

スポンサーリンク

室温でアボカドを保存する際の注意点

アボカドが食べるのにちょうど良いタイミングかどうかは、果肉がちょうどいい柔らかさになり、内側がクリーム色に見えるかでわかります。

皮の色が徐々に緑から黒へと変わり、軽く押してみて少し弾力が感じられるなら、食べ頃と判断できます。

特に、冷蔵で固くなったアボカドを熟すには、室温での保存が効果的。

ただし、冷蔵から室温へと移す際には、いくつかのポイントに気をつけなければなりません。

冷蔵庫から出してすぐのアボカドには、結露が生じやすいです。

この結露は、アボカドの外見を損ねたり、果肉の酸化を促進させ、結果的に腐りやすくなる原因にもなります。

そのため、冷蔵庫から取り出した直後に水滴がついたら、キッチンペーパーやタオルでしっかりと拭き取ることが重要です

さらに、アボカドを直射日光を避け、風通しの良い場所に置き、ゆっくりと熟成させましょう。

直射日光の下では、不均一に熟成してしまい、味が落ちてしまう恐れがあります。

室温でアボカドを保存する際は、これらの点に注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

冷蔵したアボカドが固い状態から、柔らかく変化させる方法について考察しました。

自然に室温で置くだけで、アボカドは熟して柔らかくなります。

そして、エチレンガスを発するリンゴやバナナと一緒に保管することで、その熟成を早めることが可能です。

もしアボカドを早めに切ってしまい、硬さが残っている場合は、加熱によって表面を柔らかくする手段があります。

青いアボカドを使用したフライやソテーは、試してみる価値がある料理です。

>>アボカドのフライ、レシピはこちら

>>アボカドのソテー、レシピはこちら

一方で、生のままで味わいたい時は、電子レンジで軽く温めることで柔らかさを増すことができます。

この際、20~30秒加熱し、その都度、柔らかさをチェックしながら進めてください。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました