PR

Androidで「電話マネージャー」のアンインストール方法は?見つからない時の対策も紹介!

「電話マネージャー」は、Androidデバイス用に作られた、通話の監視や分析を助けるアプリです。

たまに「ストレージがいっぱいです」という警告が出ることがありますよね。

このアプリ、削除は可能なんでしょうか?

スポンサーリンク

Androidで「電話マネージャー」をどうやって削除する?

「電話マネージャー」は、ユーザーの通話データやSIM情報を見ることができ、通話履歴を詳しく分析する機能を備えています。

アプリのアイコンが直接画面上に見えなくても、Google Playストアを通じて削除操作が可能です。

「アンインストール」のオプションがGoogle Playストアに表示されている場合、それはアプリがデバイス上に存在している証拠です。

スポンサーリンク

「電話マネージャー」をAndroidから取り除く方法

「電話マネージャー」を取り除くには、次のステップを実行してください。

  1. スマートフォンの「設定」に入ります。
  2. そこから「アプリケーション」を探して選択します。
  3. 「最近使用したアプリ」を選ぶと、近頃使ったアプリが一覧で表示されます。「電話マネージャー」は使用頻度が高いため、リストの上位にある可能性が高いです。
  4. 「電話マネージャー」を見つけ出してタップします。
  5. アプリの情報ページで、「削除」または「アンインストール」ボタンを選択します。
  6. 削除の確認ダイアログが表示されたら、「OK」を押して操作を完了します。

もし「電話マネージャー」が見当たらなければ、以下のステップを試してみてください。

  1. Google Playストアを開き、画面右上にあるアカウントのアイコンをタップします。
  2. 「アプリとデバイスの管理」を選択します。
  3. 「管理」タブを開き、インストールされているアプリ一覧を表示させます。
  4. その中から「電話マネージャー」を探して、隣のメニューを選択します。
  5. ポップアップメニューから「ゴミ箱」アイコンをタップし、アプリを完全に削除します。

削除してもまだアプリが残っているようであれば、以下の方法を試してください。

スポンサーリンク

「設定」で再チェック

もしアプリが残ってしまったら、「設定」内の「アプリケーション」セクションにアクセスし、「すべて」のアプリが表示されるようにして、削除したはずのアプリが残っていないか確認します。

見つけたら、再度削除を試みます。

スマートフォンの再起動

削除したアプリがまだ表示されている場合は、一度スマートフォンを再起動することをおすすめします。

これで多くの場合、問題が解決されます。

キャッシュのクリア

アプリを削除した後でもアイコンが残っている場合は、キャッシュデータをクリアすることが有効です。

「設定」→「ストレージ」→「キャッシュデータ」の順に進み、「OK」をタップしてキャッシュをクリアします。

スポンサーリンク

Androidで「電話マネージャー」の削除方法:まとめ

時々、自分も知らないうちにスマホに余計なアプリがインストールされてしまっていることがあります。

これは、迷惑な広告が原因で起こることがほとんどです。

そうした不快な広告から自分を守るには、広告ブロック機能を持つアプリを活用することが有効です。

・ブラウザでの広告をブロックするには:FirefoxにUblock Originをインストールする
・アプリの広告をブロックするには:DNS66を使う
・YouTubeの広告をブロックしたい場合は:Revancedが便利です

■使っていないAndroidアプリを、削除するか無効にする方法

はじめに、Google Playストアを開きます。

次に、画面の右上角にある自分のプロフィールアイコンをタップします。

「アプリとデバイスの管理」を選択し、「管理」に進みます。

削除したいアプリを探して選び、「アンインストール」をタップします。

もし、あるアプリを長い間使っていなければ、Androidは以下のようにしてそのアプリを最適化します。

・不要な一時ファイルを削除し、ストレージの空きを作り出す
・そのアプリの権限を撤回する
・アプリのバックグラウンドでの動作や通知の送信を止める

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました