PR

東京バナナの賞味期限:日持ちさせる保存方法は冷凍?

スポンサーリンク

東京のお土産として絶大な人気を誇る「東京バナナ」。

もらったけれど、すぐ食べなくてはいけないのか日持ちが気になる人も少なくないでしょう。

そこで、保存方法や保存期間を延ばす方法、購入のおすすめ場所についてご紹介します。

「東京バナナ」は美味しいですが、その賞味期限は購入後約7日と短めです。

賞味期限を過ぎてしまっても食べたい時は、インターネットでお得に買える方法もあるのでご安心ください。

スポンサーリンク

東京バナナの保存期間と賞味期限について

「東京バナナ」は、もう駅のお土産屋さんやネットショップなどで手軽に購入できるようになりましたね。

贈り物として受け取ったり、自分で買ったりした後、「いつまでなら食べられるんだろう?」と疑問に思うことってありますよね。

そんな疑問を解消するために、「東京バナナ」の賞味期限や上手な保存方法をご紹介します。

賞味期限は購入から7日以内

「東京バナナ」はその名の通り、バナナ風味のクリームが入った柔らかなスポンジケーキです。

その独特の風味と食感を考慮すると、意外と知られていない事実ですが、賞味期限は購入日から数えて7日間が一般的です。

普段は室温で保管しても問題ありませんが、できるだけフレッシュな状態で楽しむためには、冷蔵庫での保存をおすすめします。

賞味期限を過ぎても食べられる?

賞味期限が過ぎた後でも、「東京バナナ」は大体1週間程度ならば食べることができます。

賞味期限はその商品が最も美味しく味わえる推奨期間を指し、消費期限とは異なります。

そのため、賞味期限がわずかに過ぎたくらいであれば、まだまだ美味しくいただけます。

ただし、賞味期限から1週間を超えると、品質が落ちる可能性が高くなるので注意しましょう。

スポンサーリンク

東京の名物スイーツ「東京ばな奈」について

東京駅界隈で人気の土産物、「東京ばな奈」について知らない方もいるかもしれません。

この特別なお菓子に触れた経験がない、あるいはまだ購入したことがない人のために、その魅力や購入できる場所を紹介します。

「東京ばな奈」とは

「東京ばな奈」は、グレープストーン社によって製造・販売されている、東京を代表するお菓子です。

通称「東京バナナ」としても知られ、1991年の登場以来、そのバナナの風味は多くの人に愛され続けています。

年間売上高は40億円を超えるほどで、非常に人気のある商品です。

どこで買える?

「東京ばな奈」は、東京駅や他のいくつかの駅、さらには土産物店でよく見かけます。

期間限定でデパートに登場することもあり、羽田空港のような空港内でも販売されています。

地元の人から観光客まで、幅広く手軽に購入可能なお土産です。

ネットでの購入オプション

また、「東京ばな奈」はAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどのオンラインショップでも取り扱いがあります。

4個、8個、12個入りなど、様々なパッケージオプションがあり、価格も直接店舗で購入するのとほぼ同じです。

インターネットがあれば、どこからでも気軽に購入できます。

ただし、「東京ばな奈」の賞味期限は比較的短く、購入から7日間です。

賞味期限を過ぎても、オンラインで簡単に再購入することが可能ですので、いつでも新鮮な味を楽しむことができます。

スポンサーリンク

「東京バナナ」を新鮮に保つ秘訣と保存のポイント

「東京バナナ」はその味と手軽さでお土産の定番ですが、賞味期限は購入後わずか7日と短いです。

そのため、食べ忘れてしまい賞味期限を過ぎてしまうこともあります。

以下では、「東京バナナ」が腐る兆候とそれを防ぐための保存について解説します。

腐り始めの兆しを見極める方法

「東京バナナ」が傷んでくると、外観や味に変化が見られます。

カビが生えたり、味が酸っぱく変わったりするのは腐敗の明確なサインです。

賞味期限をわずかに過ぎただけであれば食べられることもありますが、適切な保存を怠ると早く腐る恐れがあります。

日持ちさせるための保存策

「東京バナナ」を長く楽しむためには、適切な温度と湿度の管理が必要です。

高温多湿を避けることが重要で、特に夏場や温かい場所での保存は避けた方が良いでしょう。

保存期間を延ばすには冷蔵や冷凍が効果的です

スポンサーリンク

東京バナナは冷凍できる

早く食べきれない場合でも、いくつかの保存方法で「東京バナナ」を新鮮に保つことが可能です。

常温での保管方法

常温で保存する場合、直射日光や湿度の高い場所を避け、涼しく風通しの良い場所を選びましょう。

夏や湿度が高い時期はカビが生えやすくなるため、冷蔵庫での保存が推奨されます。

冷蔵で保存する場合

より長く「東京バナナ」を保存するなら、冷蔵が適切です。

商品を箱のまま冷蔵庫に入れるだけで、賞味期限を少しでも伸ばすことができます。

ただし、冷蔵庫内でも時間が経つにつれ品質は低下するため、できるだけ賞味期限内に消費しましょう。

冷凍保存のコツ

食べきるのが難しい場合、冷凍保存が最良の選択です。

冷凍することで、1ヶ月以上保存でき、解凍後もその美味しさを楽しめます。

中のクリームはアイスクリームのような味わいに、スポンジはしっとりとして、通常の食べ方とは一味違った楽しみ方ができます。

スポンサーリンク

東京バナナで楽しむ絶品アレンジレシピ

そのままでも十分美味しい東京バナナですが、ちょっとした手間を加えることで、さらに美味しくいただけます。

どのようにアレンジすればいいのか気になりませんか?

こちらでは、東京バナナを使ったオススメのアレンジレシピを2種類ご紹介します。

東京バナナで作るフレンチトースト

はじめにご紹介するのは、東京バナナを使ったフレンチトーストです。

このレシピには、卵、牛乳、砂糖、東京バナナ、バターが必要です。

まずは卵、牛乳、砂糖を混ぜ合わせ、その中に東京バナナを浸けます。

十分に液体を吸わせた後、バターを敷いたフライパンで両面がきれいな焼き色になるまで焼きます。

最後にチョコレートソース、蜂蜜、練乳などをかければ、さらに美味しく召し上がれます。

カリカリに揚げる東京バナナ

次に紹介するのは、揚げた東京バナナです。

必要なのは、東京バナナと揚げ油のみ。

油を適温に熱したら、東京バナナをそっと入れてカリッとするまで揚げます。

揚げたての外側はカリカリ、中はとろりとした食感が楽しめます。

賞味期限が迫っている東京バナナにも最適なアレンジ方法です。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では東京バナナの美味しさをさらに引き出すアレンジ方法を紹介しました。

東京バナナの賞味期限は購入から7日間と短いですが、期限が切れても適切にアレンジすれば楽しめます。

ただし、カビが生えている場合は食べるのを避けましょう。

これらのレシピに興味を持ったら、ぜひ試してみてください。

また、東京バナナをお得に楽しむためには、オンラインでの購入も忘れずに。

タイトルとURLをコピーしました