PR

畳の凹み防止対策を100均で!へこみ補修方法とささくれ劣化の処理テクニック

畳の傷や凹みは、手軽に入手可能な100均の商品を使って簡単に防ぐことが可能です。

既にへこんだ畳やささくれた部分があっても、家庭にある道具を使えば簡単に直せるんです。

専門店に修理を頼むと高くつく畳の補修も、自分で100均の商品を利用して行うことができるので、大変経済的です。

この記事では、自宅でできる畳のダメージ予防や、へこみの補修方法、ささくれの対策についてわかりやすく説明します。

畳を守る100均のお役立ちグッズ:凹み防止対策商品ガイド

畳を痛みから守るための100円ショップの便利アイテムとして、「耐震マット」と「EVA多用途クッション」がおすすめです。

1.耐震マット


このマットは、家具の揺れを軽減するために使われ、硬いスポンジや粘着ゲルなど様々な素材で作られていますが、使い方はどれも同じです。

家具の下に置いたり、貼り付けたりして使うことで、家具の重さを均一に分散し、畳の部分的なへこみを防止します。

多様な大きさや形状があり、家具のサイズや形状に応じて適切なものを選ぶことができます。

2.EVA多用途クッション


「EVA多用途クッション」や「EVAクッションシート」としても知られるこれらのアイテムは、硬めのスポンジのような発泡EVA樹脂で作られています。

耐震マットと同じように、畳の上に置く家具の下に敷いて使用します。

平らな形状とクッション性により、畳にかかる圧力を効果的に分散し、へこみを防ぎます。

一般的に、この種のクッションの厚さは約10ミリメートルで、重い家具でも安定して支え、圧力を分散させることができます。

畳がへこんでしまう主要な理由

畳のへこみには、様々な原因が存在します。

家具による重圧によるへこみ

畳の上に設置された家具の重みが原因で、畳がへこんでしまうことがあります。

家具を動かした際に、畳のへこみが目につくことがあり、結局、元の位置に戻さざるを得ないケースがよくあります。

床の均一性の不足

畳自体には問題がなくとも、その下の床が虫の食害や劣化により不均一になっていると、畳もその影響を受けてへこんでしまうことがあります。

このような場合、床下の状態を放置すると、畳が陥没し、怪我のリスクも高まります。

畳素材の時間経過による劣化

時間が経つにつれて畳の素材が劣化することも、へこみの原因の一つです。

畳はイ草の茎や藁で作られており、これらの天然素材は経年変化により、状態が変わり、畳のへこみにつながることがあります。

近年では、イ草や藁の代わりに使われる発泡スチロールや木のチップなどで作られる畳もあり、素材によって劣化の速度が異なります。

自宅で可能な畳の凹み直しのやり方

自宅で手軽に用意できる道具を使って、畳の凹みを簡単に直すことができます。

畳の凹みを修正する手順

  1. 凹んだ箇所に霧吹きで水を吹きかける
  2. その部分に絞った濡れタオルを置く
  3. タオルの上から高温に設定したアイロンをかける

水を吸ったイ草や藁がアイロンの熱で膨張し、凹みが元に戻ります。

このとき、畳の端部分にアイロンが触れないよう気をつける必要があります。

畳の端に化学繊維が使われている場合、熱で溶ける可能性があるからです(筆者の経験談)。

ドライヤーを使って熱風を当てる方法もありますが、アイロンと比べて熱が弱いので、効果はやや限られます。

スチームアイロンの場合、濡れタオルは不要です。

スチームを直接畳に当てて、凹みを直してください。

畳のささくれ対策と長持ちの秘訣

自宅で簡単に用意できる道具で、畳のささくれを効果的に修理することが可能です。

以下に具体的な方法を紹介します。

畳のささくれ修理の手順

  1. ささくれを根元から切り落とすか、消しゴムで優しくこすることで除去する
  2. 木工用接着剤または透明なマニキュアをささくれ部分に塗る
  3. 乾かないうちにきれいな布で優しく拭き、平らに整える

これによりささくれが取り除かれ、畳が肌や衣類に引っかかるのを減らすことができます。

ささくれの予防には、日頃の掃除で畳の目の方向にそって掃除機やほうきを使うことが効果的です。

そうすることで畳の繊維が立ちにくくなり、ささくれの発生が抑えられます。

まとめ

和室を美しく保つ畳は、できるだけ長く使いたいものです。

畳の凹み防止には、100均のアイテムが有効です。

家庭でのアイロンを使えば、凹んだ畳の修正も手軽に行えます。

また、ささくれが起きた場合には、木工用接着剤や透明マニキュアで簡単に補修することができますので、ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました