PR

ラードはスーパーのどこにある?市販でイオンや西友もチェック!

お料理の味を引き立てるラード、スーパーでどこにあるのか気になりますよね。

通常、食用油が置かれているエリアや、バター・チーズが陳列されている場所にラードを見つけることができます。

さらに、精肉コーナーには無料で利用できる牛脂もありますが、これはラードとは別物です。

大手スーパーのイオンや西友では、店頭だけでなくオンラインでもラードを購入する選択肢があります。

この記事では、スーパーマーケットでラードがどのセクションにあるのか、そしてラードと牛脂との違いについても詳しく解説します。

記事のポイント

  • スーパーでラードが置かれている場所
  • ラード取り扱いのあるスーパーマーケット
  • ラードと牛脂の違いについて

スーパーでラードは何コーナーにある?

ラードは豚脂から作られる料理用油で、普通はスーパーマーケットの食用油コーナーで見つけることができます。

もしそこになかったら、バターやチーズが並んでいる場所、あるいは精肉部門にも時々置かれていることがあります。

私の近所の「サミット」スーパーの例では、バターとチーズのコーナーの端にラードが置いてありました。

他にも、製菓用品のエリアにラードがあるスーパーもあるので、店内で見つからなければ店員さんに聞くのが一番です。

オンラインでの購入も、ラードを手に入れる確実な方法です。

スーパーマーケットでは主にチューブタイプが見られますが、ネットショッピングでは固形のものや大容量の缶入りも選べます。

私は個人的にチューブタイプを好んでいますが、毎日使わないので、すぐには使い切らないでしょう。

ラードを扱うスーパー:イオンや西友の場合

ラードは、大抵のスーパーマーケットで取り扱っていると思います。

近くの店舗になければ、オンラインショッピングが便利です。

大きなスーパーでは取り寄せサービスもあるかもしれませんが、ネットで注文すると早く届き、様々なタイプを選べるメリットがあります。

イオンや西友ではオンラインでの購入も可能です。

イオンは「おうちでイオン」サービス、西友は「楽天SEIYUネットスーパー」を利用しています。

イオンではベル食品のチューブタイプを、西友では雪印のチューブタイプを取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

ラードと牛脂:違いとそれぞれの代用品

ラードと牛脂はしばしば混同されますが、実際には異なる食用油です。

牛脂は牛の脂肪から製造される固形の油で、対してラードは豚の脂肪を使用して作られます

ラードの特徴

ラードは主に豚の背部の脂肪から作られ、その融点は33℃から46℃の間です。

常温では固体状態にあり、「脂」と分類されます。

ラードには純正ラード(不純物を取り除き、香りを加えて固めたもの)と調整ラード(パーム油などを混合したもの)の2タイプがあります。

市販されるラードはほとんどが純正ラードで、賞味期限は約3ヶ月です。

牛脂の性質

牛脂は牛の腎臓付近の脂肪を用いており、その融点は40℃から50℃で少し高めです。

牛脂からは油も抽出でき、液体の状態では「ヘット」と呼ばれます。

牛脂の賞味期限は1ヶ月ほどで、速やかに使用することが望ましいです。

ラードと牛脂の違い

  • ラードは豚の脂肪を用い、牛脂は牛の脂肪から作られる
  • ラードの融点は33℃~46℃、牛脂は40℃~50℃
  • ラードは常温で固体、牛脂からは油も得られる
  • ラードの賞味期限は3ヶ月、牛脂は1ヶ月

ラードは一般的に料理やパン作りに使用され、加工食品にもよく利用されます。

牛脂は、特に温かい肉料理に適しています。

代用可能な調味料

・バター
・ごま油
・マーガリン
・オリーブオイル
・グレープシードオイル
・ギー
・ショートニング

これらの調味料は、ラードや牛脂の代わりとして利用できます。

料理の種類に応じて、適切な代用品を選んでください。

スーパーでのラードの探し方とラードと牛脂の違いのまとめ

この記事では、スーパーマーケットでラードをどこで見つけることができるか、さらにラードと牛脂の違いや代わりに使えるものについて紹介しました。

ラードは通常、食用油のコーナーやバター、チーズが置かれている場所にあります。

もし見当たらなければ、精肉エリアや製菓材料のセクションもチェックしてみてください。

まだ見つからない場合は、店のスタッフに尋ねると良いでしょう。

また、オンラインショッピングを利用すると、「おうちイオン」や「楽天SEIYUネットスーパー」などでさまざまなタイプのラードが手に入ります。

ラードと牛脂はしばしば混同されがちですが、実際には全く異なる食用油です。

ラードは豚の背部の脂肪から作られ、牛脂は牛の腎臓周辺の脂肪を使用しています。

ラードは固形の脂のみですが、牛脂は液体の油を抽出することもできます。

ラードの融点は比較的低いですが、牛脂はより高温で溶け、肉料理などに適しています。

また、ラードの代わりにはバター、ごま油、マーガリンなど一般的に家庭にあるものを使用できます。

ラードを使用すると料理の風味が格段に向上するため、常備しておくと便利です。

タイトルとURLをコピーしました