PR

アイラップはどこに売ってる?入手方法と特徴、従来のポリ袋との違いと注意点

この記事では、アイラップの以下のポイントに焦点を当てています。

  • アイラップが購入できる場所
  • アイラップと一般的なポリ袋との主な違い
  • アイラップ利用時の欠点

アイラップは、ホームセンター、スーパーマーケット、ドラッグストア、大型電気店、オンラインショップなどで手に入れることができます。

従来のポリ袋に比べ、アイラップは密度が高く、丈夫な素材で作られています。

耐熱性にも優れ、通常のポリ袋が耐えられる70~100度に対して、アイラップは最大120度まで耐熱可能。

さらに、マイナス30度の低温にも耐えるため、冷凍保存にも適しています。

デメリットは、

  • 油分の多い食材や、高温の調理法を使うと耐熱限界を超える可能性があります
  • 湯煎する際、袋が鍋底に接触すると溶けたり破れることがあります
  • 炊飯器での使用は、爆発のリスクがあるため避けるべきです

油分の多い食材や炊飯器での使用を避け、湯煎時はアイラップが鍋底に触れないよう注意が必要です。

また、箱のデザインは使い勝手が良く、一枚ずつ簡単に取り出せるため、使う際のストレスがありません。

コストパフォーマンスも高く、日常生活で大変便利な商品です。

アイラップはどこで手に入る?

アイラップは、以下のような多様な場所で購入可能です。

・地元のホームセンター(カインズホーム、コーナン、コメリ、ナフコ、島忠ホームズ、DCMホーマック、ビバホームなど)

・主要な家電量販店(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、エディオンなど)

・スーパーマーケット(西友、ベルク、マルエツ、イオンなど)

・ドラッグストア(ウェルシア、マツモトキヨシ、ツルハ、スギなど)

・ドン・キホーテ

・オンラインショップ

オンラインでの購入は、種類が豊富で比較が容易なため、どんなアイラップがあるかを確認するのに適しています。

アイラップのメリットは?

アイラップの大きなメリットは、普通のポリ袋よりも密度が高く、強度があり、破れにくいという点です。

通常のポリ袋は簡単に破れがちですが、アイラップはより耐久性があり、扱いやすいです。

このため、袋が破れることによるストレスが減少します。

アイラップと普通のポリ袋の違いは?

アイラップと通常のポリ袋の大きな違いは、耐熱性能です。

  • 一般的なポリ袋は、70度から100度まで耐熱
  • アイラップは、最大120度までの耐熱性能を持つ

アイラップのこの高耐熱性は、電子レンジや直火での加熱調理にも適しており、冷凍食品、肉、野菜などの加熱にも最適です。

とくに、湯煎調理での使用が推奨されています。

袋の中に食材と調味料を入れて揉み込み、湯煎することで調理が簡単になり、洗い物の量も減ります。

冷凍保存にも適してます。

アイラップは、加熱用途だけでなく、冷凍保存にも使用できます。

マイナス30度までの耐低温性を備えているため、冷凍保存にも最適です。

さらに、防湿性が高いため、一般のポリ袋で冷凍するときに見られる結露や凝固を防ぎ、食品がパラパラの状態を保ちやすいというメリットもあります。

アイラップ利用時の注意点

アイラップを使用する際の一つの注意点は、油分が多い食材や高温調理には向いていないということです。

とくに、油を多用する料理では耐熱温度を超えるリスクがあるため、避けることが推奨されます。

また、湯煎を行う際には、アイラップが鍋底に触れないようにすることが大切です。

直接鍋底に触れると、アイラップが溶けたり破れたりする可能性があります。

さらに、炊飯器での使用は爆発の恐れがあるため、使用しないようにしましょう。

これらの注意点を守れば、アイラップは料理の際に非常に便利なアイテムとなります。

アイラップの購入先と使い方のコツまとめ

アイラップは、ホームセンターやスーパーマーケット、ドラッグストア、家電量販店など、様々な場所で手に入れることができます。

オンラインショップでも購入可能で、多種多様な商品を比較しやすく、大量購入にも適しています。

コストパフォーマンスに優れ、家庭での使用に便利です。

また、アイラップを使った料理のレシピ本もあり、「時短かつ美味しい」料理を作るのに役立ちますよ。

レシピ本をチェックして、新しい料理のアイディアを得るのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました