PR

春の味覚!フキノトウとフキ、その違いとは?

春の訪れを感じさせる山菜、フキノトウとフキ。

2月から5月にかけてこれらを見かけますが、同じ「フキ」という名前を持つ二つの山菜にはどのような関係があるのでしょうか?

その答えを探ってみました。

本記事では、以下の点に焦点を当てて解説します。

  • フキノトウとフキの違いとは何か
  • フキノトウが成長するとどうなるのか
  • フキノトウを食べる際の注意点

【結論】

・フキノトウはフキの花ではなく、異なる部分である(フキノトウが成長してフキになるわけではない)

ふきのとうは2月頃、ふきは4月頃に見かけます。

フキには地下茎があり、花と葉はそれぞれ独立して生えます。

最初にフキノトウが顔を出し、その後に葉が成長します。

・花が開いたフキノトウは苦みが強いため、固い蕾のものを選ぶこと

・フキに含まれる天然毒は水に溶けるので、茹でて水にさらしアクを抜く必要がある

春になると特に美味しいフキノトウが食べたくなりますが、良質なものを見つけるのは意外に難しいものです。

そこで、山菜専門店がおすすめ。

山菜のプロが収穫するため、品質の良い、大きくて食べ応えのあるフキノトウを手に入れることができます。

「新鮮で美味しい」「信頼できる店」という口コミも多く、ぜひチェックしてみてください。

ふきとふきのとう、その本当の関係

ふきとふきのとう、どちらもキク科に属する多年草で、実は同一の植物の異なる部分を指しています。

一般によく思われるように、フキノトウが成長してフキになるというわけではないのです。

「フキノトウが大きくなってフキになる」というのは一つの誤解です。

実際には、漢字で「蕗(フキ)」「蕗の薹(フキノトウ)」と表記されるように、フキノトウは「薹」という花軸や花茎を意味する特別な部分を指します。

フキノトウは実はフキの花茎、すなわち花を支える茎の部分を指し、フキの花そのものを表します。

では、フキの成長過程はどのようなものかというと、フキは地下茎が存在し、花と葉はそれぞれ独立して地下茎から成長します。

このため、フキとフキノトウの芽は異なる時期に地上に姿を現し、フキノトウがフキに成長するという誤解が生まれやすくなっています。

実際には、フキは花が咲いた後に葉を展開する、独特の成長パターンを持っています。

フキノトウとフキの旬とおいしい食べ方

  • ふきのとう:2月頃が旬
  • ふき:4月頃が旬

これらの時期に、それぞれの山菜は最も美味しい状態で楽しむことができます。

春が始まると、まずフキノトウが地面から姿を現します。

次に、地下から葉の芽が出てきて、花が咲き終わると葉が成長します。

一方、フキは長い茎のように見えますが、実際には大きな葉の部分が地下茎とつながっているのです。

美味しく食べるためのポイントと注意点

フキとフキノトウはどちらも食用に適していますが、旬の時期を逃すと味わいが落ちてしまいます。

ふきのとう

フキノトウはたくさんの小さな蕾を持ち、これらはガクに覆われています。

蕾が開き花が咲くと苦味が増すため、食べるときは固く閉じた蕾を選ぶことが大切です。

ふき

フキには特有の苦味があるため、生で食べることは一般的ではありません。

また、フキに含まれる天然毒(ピロリジジンアルカロイド類)にも注意が必要です。

天然毒は水溶性なので、茹でこぼしや水でのさらしを行うことでアクを抜き、毒を減らすことができます。

フキやフキノトウを調理する際は、これらの点を心がけ、しっかりとしたあく抜きを行うことが重要です。

まとめ

フキノトウとフキは同一植物の異なる部位で、フキノトウはフキの未成熟な花を表します。

フキノトウがフキに成長するわけではなく、どちらも同じ根元から独立して生えます。

フキノトウは大体2月頃に見られ、フキは4月頃に出現します。

食べる時に重要なのは、フキに含まれる水溶性の天然毒を除去することです。

これは、茹でて水で洗うことでアクを取り除くことで可能です。

我が家では、フキノトウを天ぷらにして食べるのが恒例です。

ほのかな苦みが春の到来を感じさせ、毎年この季節を楽しみにしています。

スーパーなどで良質なフキノトウを見つけるのが難しい場合は、山菜専門店の利用をおすすめします。

そういった店では「新鮮で大きなサイズ」「極上の味」「信頼できる品質」といった評判のお店もありますので、探してみる価値は大いにあります。

タイトルとURLをコピーしました