PR

合成皮革製品の剥がれ補修:靴やバッグ、ソファのためのおすすめ製品とスプレーの使い方

合成皮革で作られたソファや財布、ジャケットは、その耐久性とスタイリッシュな見た目で人気があります。

しかし、長く使っていると徐々に劣化し、表面が傷んでくることもあります。

例えば、靴やバッグのような小さな範囲が損傷している場合は、補修スプレーを使って外見を元通りにすることができます。

しかし、合成皮革のソファのように広範囲にわたってボロボロの場合は、補修シートがもっと適しています。

ソファの大きなボロボロ部分は、スプレーだけでは十分に隠れないため、補修シートを使うことで見た目を整えることができます。

ただし、これらの方法はあくまで一時的な対処であり、長期的な解決策としては、新しい合成皮革のソファを購入することを検討する価値があります。

この記事では、合成皮革の補修に役立つ方法を具体的に解説しています。

合成皮革の小規模なダメージに対する補修スプレーの効果

小さな傷や損傷を受けた合皮製品には、補修スプレーやクリームを使っての修理が可能です。

合成皮革製のバッグや靴における対処法

補修スプレーの使用

靴やバッグ、財布などの小物で損傷が限定的な場合、補修スプレーが有効です

これらのスプレーは使いやすく、シュッと吹きかけるだけで簡単に補修が完了します。

スペインの靴修理専門の会社によって開発されたある製品は、色がしっかりと定着し、雨にも強いのが特徴です。

スプレーには塗布を助けるスポンジが同梱されていますが、色の選択肢はやや限られており、価格はリーズナブルです。

「Tarrago」ブランドで望む色が見つからない場合、「染めQエアゾール」は色の種類が豊富ですが価格は少し高めです。

補修クリームの選択

軽いひび割れや小さな損傷には、補修クリームがおすすめです。

「Tarrago」に関連する「サフィール」ブランドも、色の選択肢が幾つかあります。

チューブ形式のこのクリームは塗りやすく、耐久性に優れています。

塗る際には刷毛を使うか、ビニール手袋をして手で直接塗る方法が感触を掴みやすくおすすめです。

ヒビ割れ部分をパテで埋めてから塗ることで、さらに美しい仕上がりが期待できます。

しかし、これらの方法は一時的な解決策に過ぎず、大きな損傷には新しい製品の購入を考慮した方が良いでしょう。

また、鞄の持ち手のように損傷が広がりやすい箇所は補修シートが適しています。

補修スプレーは色を塗りなおすだけで、傷みの進行を防ぐことはできません。

補修シートを用いることで、より一層の損傷を防げますが、補修シート自体も経年劣化することがあり、最終的には見た目が悪くなると処分が必要になるかもしれません。

合成皮革の広範囲修理について

合成皮革のソファやバイクのシートのように広い範囲にダメージがある場合、補修シートはとても役立ちます。

大きな損傷部分に補修シートを貼ることで、目立った傷を目立ちにくくすることができます。

これらのシートは粘着力と伸縮性に優れ、手頃な価格で簡単に使用できます。

サイズも多様で、11cm×20cmや21cm×30cmのものから、もっと大きなサイズのシートもあります。

大きめのシートを選び、必要に応じてカットして使う方法がおすすめです。

ただし、部分的に補修シートを貼ると見た目が違和感を持つことがあります。

そんな時は、ソファ全体をカバーできる合成皮革製のカバーを使うことで、見た目を一新し、補修を機に新しいスタイルを試すことができます。

合成皮革ダウンジャケットの修理

合成皮革製のダウンジャケットには、専用の補修シートの使用を推奨します。

ソファ用の補修シートはソファ用に特別に加工されていることが多く、ジャケットに使うと違和感が生じることがあります。

目立たない箇所なら問題ないですが、目に付く場所を修理するなら、ダウンジャケット専用の補修シートを選ぶのがベストです。

合成皮革製品の経年劣化について

長期間にわたって合成皮革の製品を使用すると、徐々に劣化していくことが一般的です。

私自身も、約10年間使っている合成皮革のカードケースがかなり傷んでいます。

天然皮革製品は使うほどに味わいが増すのに対し、合成皮革製品は時間と共にボロボロになりやすいのが実情です。

この劣化は主に、加水分解による経年変化が原因です。

外見は本革に似ているものの、合成皮革は本革ではなく、合成樹脂で加工された生地で作られています。

主要な材質としてポリ塩化ビニルやポリウレタンが使われており、これらは大量生産に適しているため、多種多様な製品に使用されています。

ただし、合成皮革の最大の欠点は、本革に比べて劣化しやすいことです。

水分に反応して劣化する加水分解現象が起こりやすく、水分を吸収することで表面が硬くなり、剥がれることがあります。

この劣化を遅らせるためには、撥水・防水スプレーの使用が有効です。

これにより、水分との反応を抑制し、加水分解を防ぐことができます。

その結果、製品の耐用年数を延ばすことが可能になります。

撥水・防水スプレーはバッグや靴など、様々な合成皮革製品に利用でき、劣化を抑えるのに役立ちます。

合成皮革の一般的な寿命は約5年から7年と言われていますが、使用状況によってはより短い期間で劣化することもあります。

製品が使用に耐えられなくなる前に、新しいものへの買い替えを考慮することが望ましいでしょう。

合成皮革の傷み部分への対応方法

合成皮革が摩耗してしまった場合、通常は下の布地が露出します。

この布地に色を塗ることで、合成皮革の外見を再現することが可能です。

色付けには補修スプレーが使われることが多いです。

使用されている合成皮革の種類によって、対応方法も変わってきます。

たとえば、服の一部が合成皮革でできている場合は、剥がれた部分をそのままにしたり、補修スプレーで隠すことがよくあります。

バッグなどで合成皮革の角が傷んでしまった場合、損傷した部分を取り除き、新しい合成皮革のシートを貼る方法もあります。

しかし、これらの処置は一時的なものであり、時間が経つと再び劣化することがあります。

とくにバッグの場合は外観の劣化が目立ちやすいため、新しいものへの交換を検討するのが良いでしょう。

合成皮革の劣化を防ぐ方法

合皮の劣化を防ぐ方法を紹介します。

乾燥剤の使用

合成皮革は加水分解に弱いため、湿気に対しても敏感です。

とくに湿度の高い梅雨時は、合成皮革が傷みやすい時期です。

乾燥剤を使用して、湿気を抑えることが重要となります。

クローゼットに合成皮革製の衣服を収納する際には、乾燥剤や小型の除湿機を置くことで、湿気から守ることができます。

また、濡れた手で触れた場合はすぐに拭き取ることも、合成皮革の状態を保つのに役立ちます。

直射日光を避ける

合成皮革は紫外線にも弱いため、長時間直射日光にさらされると素材が劣化しやすくなります

保管する際は直射日光が当たらない場所を選び、紫外線から守ることが大切です。

これらの予防策を講じることで、合成皮革製品の劣化を遅らせ、長持ちさせることができます。

100均で見つける合成皮革補修用品

100均では、合成皮革の補修に適した「合皮シート」が販売されています。補修する部分に合わせて色を選ぶことができます。

ただし、これらのシートには粘着面がないため、別途接着剤が必要になります。

接着剤を選ぶ際は、対象となる生地に適しているかどうかを確認しましょう。

100円ショップでは「布・皮革用接着剤」も取り扱っていますので、これを選ぶと良いでしょう。

例えば、バッグの持ち手など小さな範囲の補修には、マニキュアを利用することもできます。

バッグの色に合ったマニキュアを使って、剥がれた部分に塗布することで、損傷を目立たなくできます。

合成皮革のケアと補修のポイント

一般的に合成皮革は2~3年で劣化しやすいとされています。

その劣化を遅らせるためには、撥水・防水スプレーを使用する、直射日光を避けるなどのケアが重要です。

劣化してしまった合成皮革には、損傷の程度に応じて補修スプレーや補修シートを使用することが有効です。

しかし、これらは一時的な対策であり、完全な修復は難しいため、大きな損傷がある場合は新しい製品への買い替えを考慮すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました