PR

ドンキホーテで段ボールは販売してる?サイズや値段は?

ドンキホーテでは様々な商品を取り扱っておりますが、店舗によって段ボールの取り扱いに差があることがあります。

段ボールの購入を考えている場合は、事前に店舗に連絡して確認するのが確実です。

段ボールを求める際の別の方法として、ホームセンターが挙げられます。

ここでは通常、段ボールが常備されています。

近くにホームセンターがない場合、時間の余裕があればオンライン通販サイトを利用するのが一つの方法です。

急ぎで必要な場合には、クロネコヤマトや佐川急便などの運送会社の営業所を利用するのが便利です。

この記事では、ドンキホーテでの段ボールの値段や、段ボールが買えるその他の場所、段ボールを入手する際の注意点などについて詳しく解説していきます。

ドンキホーテで段ボールは販売してる?

ドンキホーテは様々な商品を扱っているため、店舗によってはダンボールを販売していないこともあります。

そのため、店舗に出向く前に、近くのドンキホーテに電話でダンボールの取り扱いを確認することがおすすめです。

ダンボールがある場合、大抵は店内の事務用品売り場で見つけることができます。

ドンキホーテで見つからない場合は、近くのホームセンターで購入することもできますし、クロネコヤマトや佐川急便などの配送会社の事務所でも手に入れることが可能です。

余裕がある場合には、オンラインショッピングでダンボールを購入するのも良い方法です。

オンラインで購入すれば、自宅まで直接配達してもらえるので、大きなダンボールを運ぶ手間が省けます。

ドンキホーテで段ボールを無料でもらうことはできる?

ドンキホーテの店舗によっては、無料で段ボールを提供している場所もあります。

店内にある段ボール置き場から自由に持ち帰ることができますが、持ち帰る際には店員に声をかけることが礼儀です。

段ボールを選ぶ時には、清潔であること、破れていないこと、必要な強度があるかどうかを確認しましょう。

商品の種類によって、段ボールの強度は異なります。

たとえば、シャンプーやジュースを入れていた段ボールは、厚手で強度がありますが、サイズが小さい可能性があります。

反対に、軽量の商品、例えばお菓子を入れていた段ボールは、大きいものの、強度が低いことがあります。

どんな物を入れるかに応じて、適切な強度とサイズの段ボールを選ぶことが大切です。

ただし、ドンキホーテの店舗によっては段ボールを販売している場合もあるので、無料で入手できるとは限りません

ドンキホーテにおけるダンボールのサイズと値段

ドンキホーテでは、店舗によって扱っているダンボールのサイズが異なる場合があります。

また、ダンボールの価格も店舗ごとに違う可能性があるので、購入を検討している方は、まず最寄りの店舗でダンボールの取り扱いと価格を確認することが重要です。

一般的に、ドンキホーテで見られるダンボールの価格は以下の表の通りです。

サイズ 価格(おおよその最低価格)
80サイズ 約50円
100サイズ 約75円
120サイズ 約170円
160サイズ 約390円

これらの価格は目安としてご参照ください。

実際の値段は店舗によって異なる可能性があるため、正確な情報を得るためには店舗での確認が必要です。

無料で段ボールをゲットする方法

ドンキホーテの他にも、無料で段ボールを手に入れられる場所はたくさんあります。

近所に以下の店舗がある場合は、ぜひ利用してみてください。

ニトリ

ニトリの店舗によっては、無料で段ボールを提供している場合があります。

ただし、時期によっては段ボールが足りなくなることもありますし、店舗で段ボールを販売している場合は提供していないこともあります。

事前に電話で確認すると安心です。

イオン

イオンでは、大型商品や食品の取り扱いが多いため、通常は段ボールが用意されています。

しかし、無料での提供は店舗によって異なるので、店員に確認してください。

販売している場合は、提供されないこともあるので注意が必要です。

ダイソー

ダイソーでは、商品が段ボールで届けられるため、通常は段ボールを入手することができます。

ただし、これらは大抵バックヤードに保管されているので、店員に尋ねる必要があります。

スーパーマーケット

多くのスーパーマーケットでは、購入した食品を段ボールに入れて持ち帰ることが可能です。

これらの段ボールは、商品を詰めるエリアに置かれていることが多いです。

声をかける必要はありませんが、利用ルールには従ってください。

野菜などが入っていた段ボールは汚れや虫の卵がある可能性があるので、注意してください。

また、スーパーの段ボールは小さいことが多いので、多く必要な場合は他の場所も検討しましょう。

コンビニエンスストア

コンビニでは、商品が段ボールで届くため、段ボールを見つけることができる可能性が高いです。

しかし、これらの段ボールは外に保管されていることが多く、小さいサイズが一般的です。

小さいサイズが多いと、とくに引っ越しの際には多くの段ボールが必要になり、持ち運びが大変になることがあります。

大きめのダンボールが見つかる場所について

引っ越し時には、たくさんの荷物を収納できる大きなダンボールが非常に役立ちます。

スーパーマーケットでは通常、小さなダンボールが主流で、引っ越し用としては適していないことが多いです。

そこで、より大きなダンボールを手に入れることが可能な場所をリサーチしました。

ドラッグストア

ドラッグストアでは、トイレットペーパーや大型商品を取り扱っているため、大きいサイズのダンボールが見つかる可能性があります。

ただし、これらは大抵店のバックヤードに保管されているので、店員に声をかけて確認する必要があります。

家電量販店

家電製品は大抵がダンボールに梱包されており、そのため家電量販店では大きなダンボールを見つけやすいです。

ここでも、ダンボールはバックヤードに保管されていることが多いので、店員に尋ねることが大切です。

ただ、家電がまだ収納されている状態のものが多く、ドラッグストアと比較して入手可能なダンボールの数は少ないかもしれません。

店舗によっては、ダンボールを提供していない場合もあります。

ホームセンター

ホームセンターでは大型商品の取り扱いがあるため、大きなダンボールを見つける可能性が高いです。

しかし、これらも通常はバックヤードに保管されており、店員に確認する必要があります。

ドラッグストアと比較すると、ダンボールが汚れている可能性が高い点に注意が必要です。

また、ダンボールを販売している店舗では無料での提供がないこともあります。

ダンボール不足時の解決策

「必要なダンボールが見つからない」「量が足りない」「引っ越しに適したサイズがない」といった状況では、オンラインでのダンボール購入が最も確実な方法となります。

しかし、ダンボールの一枚あたりのサイズが大きいため、配送料が高くなることがあります。

そのため、少量だと配送料が本体価格を上回ることもあるので、一度に複数枚を購入することが経済的です。

Amazonプライム会員であれば、配送料が無料になるため、Amazonでの購入がコスト効率良くなります。

とくに学生の場合は、6ヶ月間の無料利用が可能なので、さらにお得になります

>>お得なAmazonプライムはこちら

まとめ

ドンキホーテでは店舗によってダンボールの取り扱いが異なるため、事前の確認が重要です。

無料でダンボールを提供している場所は多いものの、サイズや強度にはバラつきがあるため、希望に合うものを見つけるのが難しいこともあります。

とくに大きなダンボールが必要な場合は、ドラッグストアが適している可能性が高いです。

近くのドラッグストアで確認してみるのが良いでしょう。

それでも適切なダンボールが見つからない場合には、オンラインでの購入が確実な選択肢となります。

タイトルとURLをコピーしました