PR

「ファストフード」と「ファーストフード」の違いや意味、使い分けを紹介

世界中で人気のあるマクドナルドのハンバーガーやケンタッキーフライドチキンは、普通どのように呼ばれるのでしょうか。

中には「ファーストフード」と呼ぶ人もいれば、「ファストフード」という言葉を使う人もいます。

しかし、実際にはどちらが正しいのでしょうか?

このよくある疑問に対して、この記事では「ファストフード」と「ファーストフード」の間に存在する意味の違いや、それぞれの用語がどのように使われているかについて掘り下げていきます。

加えて、英語のネイティブスピーカーの見解も取り入れています。

「ファストフード」と「ファーストフード」の適切な使い分け

まず最初に、英語での原義に基づけば、「ファストフード」が正確な表現です。

ただし、日本ではカタカナ語としてどちらの用語も一般的に受け入れられています。

この件について詳しく説明しましょう。

「ファストフード」の方が適切な理由

マクドナルドのハンバーガーやケンタッキーフライドチキンのように、迅速に提供され食べられる食品は、多くの場合「ファーストフード」と呼ばれています。

英語でこれを指す時は「Fast Food」と表記し、「すぐに食べられる食品」という意味になります。

これは、伝統的なレストランでの食事と異なり、注文してからわずかな時間で提供される食品のことを言います。

したがって、日本で広く使われる「ファーストフード」という表現は、「ファースト(first)」ではなく、「ファスト(fast)」という言葉が本来の意味で正しいとされています。

なぜ日本では「ファーストフード」と呼ばれがちなのか

「ファストフード」が日本で「ファーストフード」として広く認識されている具体的な理由は明確ではありません。

恐らく、この用語が初めて導入された時のカタカナ表記や言い方が流行し、それが定着したと考えられます。

英語の発音に基づくと、「ファースト」と長く聞こえることもあって、カタカナでは「ファースト」とされた可能性があります。

現在においては、「ファストフード」として知られるべき場面でも「ファーストフード」という表現を使う企業や団体も存在します。

逆に、「ファーストフード」から「ファストフード」へと用語を変更した例もあります。

使用される文脈には多様性が見られます。

正式な英語表記を「Fast Food」とすることは覚えておく価値がありますが、日常の会話ではカタカナでの表記が一般的であり、どちらの用語を使っても問題はありません

Googleでの検索件数を見ると、

  • 「ファーストフード」約129,000,000件
  • 「ファストフード」約236,000,000件

となっており、「ファストフード」の方が検索件数は多いものの、一方の語を検索しても他方が結果に出てくるため、単純にどちらが優勢かは言い切れません。

英語で「ファーストフード」というと混同される?

「ファーストフード」と英語で言う場合、果たして正確に伝わるのか、英語が母国語の友人に質問してみました。

彼らの反応によると、「First Food」と聞くと、彼らはたぶん幼児の最初の固形食、つまり離乳食を思い浮かべるとのことです。

この表現は、赤ちゃんが最初に食べる固形食を意味する「Babies’ First Food」(直訳すると「赤ちゃんの初めての食べ物」)として使われることがあります。

日本では、「ファーストフード」と「ファストフード」が同じ意味で用いられることがありますが、英語ではこれらは異なる意味を持つため、注意が必要です。

まとめ

日本では、「ファストフード」と「ファーストフード」が同じものを指して使われることがありますが、英語の原語を考えると、「ファストフード」が適切な用語です。

以前は「ファーストフード」という言い方がよく使われていましたが、最近になって正しい英語表現「ファストフード」の使用が増えているように感じます。

これは、英語教育の影響もあるかもしれません。

言葉の使い方は、時代とともに変わっていくものです。

私たちは柔軟に対応し、適切な表現を使い分ける必要があります。

タイトルとURLをコピーしました