PR

赤と白以外でもできる!絵の具でピンク色を作る新しい方法

絵の具を使ったペインティングは、クレヨンや色鉛筆の使用とは異なり、創造性の幅を格段に広げてくれるものです。

幼い頃に初めて絵の具に触れた経験は、今でも鮮明に覚えています。

様々な色彩を筆で重ねていく喜びは、歳を重ねても忘れがたいものです。

特に、異なる色同士を混ぜ合わせて全く新しい色を生み出す過程は、いつもワクワクさせてくれました。

その中でも、最初に自分で作った色がピンクであった記憶は、今でもはっきりとしています。

ピンクは比較的作りやすく、多くの子どもたちが最初に試みる色の一つかもしれません。

一般的に、ピンク色は赤と白を混ぜることで作られますが、その濃淡は混ぜる割合によって自在に変えることができます。

とはいえ、最近になって、赤と白以外の色の組み合わせでピンクを作る技法が増えてきており、ペインティングの楽しみがより一層深まっています。

本記事では、そんな絵の具を用いたさまざまなピンク色の作り方について、くわしくご紹介します。

絵の具を使ってさまざまなピンク色を作る方法

各種ピンク色の作り方を紹介します。

基本的なピンク色の作り方

  • 普通のピンク=赤と白を混ぜる
  • 薄ピンク=赤に対して白を多めに
  • 濃ピンク=白に対して赤を多めに

これは、ピンク色を作る際の基本的な配合です。

さらに多様なピンク色の作り方

赤と白の基本的な配合に他の色を加えることで、様々なピンクが作れます。

くすみピンク

ピンクに黒を加えると、大人っぽいくすんだピンクができます。

ピンクベージュ

白を多めにして、赤、黄、茶を加えることで、ピンクがかったベージュ色が作れます。

まずベージュを基本にして、赤を加えながら黄色や茶色で調整します。

サーモンピンク

白を多めにし、赤と黄色を加えると、明るいサーモンピンクが完成します。

ローズピンク

白に赤を多めに加え、そこに青を少しだけ混ぜると、ローズピンクが作れますが、青を多くすると紫になります。

コーラルピンク

白を多めにし、赤とオレンジを加えると、コーラルピンクが完成します。

これらの方法で、多様なピンク色を作ることが可能です。

しかし、注意が必要な色があります。

その色は、ショッキングピンクです。

絵の具を混ぜてもこの鮮やかなピンクは作れないため、購入をおすすめします。

色を混ぜれば混ぜるほど色が濁り、期待した明るさを得ることは難しいからです。

絵の具を使った色作りは、子どもたちの創造力や想像力を広げる絶好の機会を提供します。

次は、異なる絵の具の色を組み合わせて、どのような色が作れるかを紹介します。

多彩な色の可能性を探ってみましょう。

絵の具を使った色作りの楽しみ方

絵の具を使って色を混ぜ合わせることで生まれる新しい色の発見は、絵画制作の最大の喜びの一つです。

子どものころに絵の具で遊びながら、予期せぬ色に出会ったり、意図したとおりの美しい色を作り出したりする経験は、創造の楽しさを教えてくれました。

どの二色を組み合わせると、どんな色ができるかを想像するだけで、ワクワクします。

基本の色の混ぜ方で新しい色を創る

  • 黄色と青を混ぜると、緑色が生まれます。
  • 黄色と赤を合わせると、オレンジ色を作ることができます。
  • 青と赤を混ぜ合わせると、紫色ができあがります

これらの色は同じ比率で混ぜ始め、片方の色を増やすことで様々なニュアンスを楽しむことができます。

より複雑な三次色を作出する方法

黄色と緑を混ぜるとイエローグリーン(黄緑)が作れます。
青と緑を組み合わせるとブルーグリーン(青緑)が得られます。
青と紫の組み合わせからブルーバイオレット(青紫)が生まれます。
赤と紫を合わせるとレッドバイオレット(赤紫)を創出できます。
赤とオレンジの混合でレッドオレンジ(朱色)ができます。
黄色とオレンジを混ぜるとイエローオレンジ(山吹色)が完成します。

これらの色も、基本的には等量からスタートして、調整しながら混ぜ合わせます。

さらに、茶色も様々な色の組み合わせで作ることが可能です。

赤と緑の混合で茶色が作れます。

赤、青、黄を組み合わせても茶色が得られます。

混ぜる色の比率を変えることにより、多様な色調の茶色を作り出すことができます。

理想の色を見つけるためには、少しずつ調整しながら混ぜ合わせることが重要です。

そして、自分で作った独自の色で絵を完成させることで、絵画制作の喜びがさらに深まります。

まとめ

欲しい色が見つからない時は、いくつかの絵の具を混ぜ合わせて自分で作るのが良い方法です。

絵にあまり関心がなかった人でも、絵の具を使ってみるとその魅力に気づき、楽しむようになることも少なくありません。

絵の具を使うと部屋が汚れてしまうことを心配して、特に小さなお子さんがいる家庭では絵画活動を敬遠しがちですが、私もそうでした。

しかし、子供が3歳の時に絵の具で一緒に絵を描いたことがあり、その時の子供の目の輝きと楽しんでいる様子は今でも鮮明に記憶しています。

その経験から、絵の具を使って絵を描く楽しみを時には体験してみることを心からおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました