PR

「祭る」と「祀る」の意味の違いと起源に迫る

最近、神社やお寺への興味が高まっており、御朱印を集めるのが趣味という人も増えてきました。

この流れで、これらの場所が以前に比べてより身近に感じられるようになっています。

神社を訪れると、なぜか元気がもらえるような不思議な感覚になることがありますね。

多くの神社で、さまざまな神様がお祀りされていますが、「祭る」と「祀る」の言葉の使い分けに気がつき、どう違うのか疑問を抱く人もいます。

実は、これらの言葉は今ではしばしば同じように使われますが、歴史を振り返るとそれぞれに独特の意味があったことがわかります。

古くは一つの言葉であったものが、漢字の導入とともに意味が分岐したのです。

「祭る」は元々は葬式を意味する言葉で、現代でいうお盆のような行事に使われていました。

「祀る」は、神様への祈りや儀式全般を指す言葉で、私たちが日常的に行う厄除けなどが該当します。

時間が経つにつれて、これらの言葉は再び一つにまとまる傾向にあるようです。

この記事では、「祭る」と「祀る」の言葉が持つ違いとその背景について詳しく解説しています。

読むことで、あなたの持っている疑問が晴れることでしょう。

「祭る」と「祀る」の用語解説

古い時代から、「祭る」と「祀る」は神への崇拝やそれに付随する儀式を指して使われてきましたが、本来は同じような意味合いで扱われていました。

しかし、漢字が中国から伝わる過程で、「まつり」という行為がより詳細に区分され、「祭る」と「祀る」の言葉に細かく分けられるようになりました。

ここで、それぞれの言葉が持つ意味を詳しく見ていきましょう。

『祭る』

これは生命や魂を慰めるような行為を指し、「祭」の文字には元々葬式を意味する背景があります

現代では、お盆などの行事がこの言葉で表されます

『祀る』

神様への祈りや、それに関連する儀式を意味しています

神社での神職による祈りや、地鎮祭、お宮参り、厄除けなどの行事がこの言葉に当てはまります。

ただし、「祀」は現在の常用漢字には含まれていないため、公式な文書では「祭」の文字を使用するのが一般的です。

辞書や参考書では「祭る」と「祀る」を同じ項目で扱うことが多いので、現代では両者を明確に区別する必要はあまり感じられません。

神社などの伝統的な場所では、「祀る」という表現が使われることがありますが、これは古い用法を引き継いでいることの表れかもしれません。

「まつり」の由来とその多様な説

まず、皆さんに知っておいてほしいのは、「まつり」の由来については様々な解釈があり、明確な答えが存在しないことです。

ここで、よく知られている二つの由来説をご紹介します。

1.「捧げる」「贈る」といった行為から生まれた説

「まつる」という言葉には複数の意味がありますが、「捧げる」や「贈る」といった、目上の存在へ何かを贈る行動を指すことがあります。

このような行為が、神に対する捧げ物として理解されるようになり、次第に神事に関わる言葉として定着しました。

そこから、「祭る」「祀る」といった言葉が派生し、それぞれが独自の意味を持つようになったといわれています。

2.儀式で使われる言葉が変化した説

古くから神を迎え入れる儀式では、特別な言葉が使われてきました。

その言葉には、

  • 「待つ」:神が訪れるのを待つ
  • 「順う(まつろう)」:神に従う
  • 「参る」:神の側で儀式に臨む

などがあります。

これらの言葉が時を経て進化し、「祭り」という概念に発展したとされています。

まとめ

「祭り」にまつわる言葉や表現は、時代の流れと共に変わってきました。

現在では使われることの少なくなった言葉もありますが、長い伝統を持つ神社などでは、これらの古い言葉が大切にされています。

神社訪問の際には、どのような意味で「まつる」が使われているかを意識してみると、新たな発見があるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました