PR

干支の置物の正しい処分方法:捨てても大丈夫?

新年が始まると、その年に対応する干支をモチーフにした飾り物を家に飾ると、運気が上がり、幸運が訪れるとされています。

最近は、家の装飾にぴったりな、魅力的なデザインの干支飾りがたくさん出ています。

でも、これらの幸運を象徴する飾り物が時間の経過でダメージを受けたり、新しいデザインに変えたくなったりすると、どうやって処理するのがベストなのか、悩むこともあるでしょう。

この記事では、そんな時に役立つ、具体的なアドバイスを提供します!

干支の置物の正しい処分方法について解説します!

干支の置物は、それを飾ることで幸福を家庭にもたらす、縁起の良いアイテムとされています。

これらは、新年を祝う際に特定の神様をお迎えするための伝統的な正月飾りとは異なり、風水に由来するものとも考えられています。

年末になると、次の年の干支に関連した飾り物が神社で販売され始め、最近では百貨店や雑貨店でも洗練されたデザインのかわいい干支の置物がよく見られるようになりました。

これらは日本の家庭にとって、すでにおなじみの存在です。

しかし、1年間飾った後、次に同じ飾り物を使うのは12年後になります。

「こんなに長期間保管しておいても、再び使うかどうか不明…」

「12年前に飾ったものを取り出してみたら、劣化していた…」

愛着を持っていた飾り物でも、こんな理由で処分を考えることがあるかもしれません。

それでも、縁起物を単なるゴミとして捨てることには躊躇しますよね。

そこで、どのように処分すれば良いのでしょうか?

神社やお寺でお焚き上げによる供養を

干支の飾り物は、1年間家族を見守ってくれた大切なものです。

最良の処分方法は、それを神社やお寺に持って行き、お焚き上げによって供養してもらうことです。

お焚き上げにより、感謝の意を込めて供養することができます。

多くの神社やお寺では「古札納め所」が設けられており、そこに包んだ飾り物を納めるだけで、一括してお焚き上げによる供養が行われます。

古札納め所がない場合は、直接「お焚き上げをお願いしたい」と申し出ることも可能です。

お焚き上げの費用は場所によって異なるため、確認が必要です。

1月15日には「どんど焼き」というイベントもあり、この機会に供養をお願いすることもできますが、都合の良い時期に供養を依頼しても問題ありません。

直接持ち込めない場合の郵送

時間がなく直接持ち込めない場合は、郵送で神社に送り、お焚き上げを依頼する方法もあります。

この場合、事前に連絡を取り、受け付けが可能かどうか、必要な費用について確認しましょう。

もしそれも難しい場合は、干支の飾り物を半紙で包み、塩をかけた後に再び包んでゴミに出す方法もあります。

どの方法を選ぶにしても、感謝の気持ちを忘れないでくださいね。

干支飾りの意義と適切な配置、飾る期間について

干支飾りを自宅に設置する際は、それには家族の福祉やビジネスの成功を願うなど、多くの重要な意味が含まれています。

これには以下のようなことが含まれます。

  • 家内安全や商売繁盛を祈願する
  • 玄関に置くことで好運を自宅に引き寄せる
  • その年の守護動物を配置して運命の向上を望む
  • 魔除けや厄除けのため

それぞれの年が象徴する動物には、独自の願いや意味が込められており、例えば、鼠(子)は「子孫繁栄」を、牛(丑)は「学業成就」を意味すると言われています。

これらの干支の置物を通じて得られる恩恵を最大限に引き出すためには、どのようにしてそれらを適切に配置するかが大切です。

ここでは、干支飾りを置くべき場所とその期間について説明します。

置くべき場所

風水の観点から、干支飾りを配置するのに最良とされるのは玄関です。

玄関は家の気の入口とされ、ここに干支飾りを置くことで、良いエネルギーが家全体に広がるとされています。

この効果をしっかりと受けるためには、玄関をいつも清潔にし整えておくことが必須です。

また、家内安全を求める意味合いでも、家族がよく集まるリビングなどに干支飾りを設置することが推奨されています。

これは、干支飾りが家族を守護すると考えられているためです。

飾る期間

干支の置物は、その年全体を通じて、上述のような様々な好影響をもたらすとされています。

従って、年間を通して飾り続けることが推奨されます

一般的には、12月31日まで前年の干支飾りを置き、新年が始まったら次の干支の飾りに交換するのが慣わしとなっています

まとめ

この記事では、干支の置物をどのようにして処分すべきかについて説明しました。

一番推奨される方法は、お焚き上げのために神社や寺に持って行くことです。

これにより、干支飾りがもたらした保護に対する感謝を示し、正式な供養を実施することができます。

もし直接持ち込むことができない場合は、郵送での供養を依頼することができます。

また、特定の状況下では、塩を用いて家庭内で処理する方法も考慮できます。

干支の置物は、家庭に良いエネルギーをもたらすことで知られており、特に空気の流れが良い玄関などに置くことが推薦されています。

これは一年間、家族の安全と幸福を見守る役割を担ってくれるので、年間を通して飾り続けることが好ましいです。

タイトルとURLをコピーしました