PR

絶品クリームシチューを作るための鶏肉選びと魅力的な濃厚レシピ5選

クリームシチューに最適な、鶏肉の部位をご紹介します。

鶏肉には様々な部位が存在し、もも肉、胸肉、手羽先、ささみなど、どれを選ぶかで迷うことも多いです。

美味しいシチューを作る上で、適切な鶏肉の部位を選ぶことは非常に大切です。

最良の部位を選択することで、料理への意欲も高まり、より気軽に挑戦できるようになります。

この記事では、最適な鶏肉の部位の選び方、準備の仕方、そして失敗しづらいレシピを紹介していきます。

スポンサーリンク

シチュー作りにぴったりな鶏肉の選び方

シチューに最適な鶏肉部位といえば、やはりもも肉が一番です

家庭でのシチューにもも肉を使うのが一般的で、その理由は明確です。

もも肉は脂肪分が豊富なため、比較的短時間で美味しいだしを取ることができ、シチューにとろけるような柔らかさと深みを加えます。

余計な脂や筋を除去する時は、肉が滑りにくいカーブしたハサミがとても役立ちます。

もも肉のカロリーを気にするなら、皮を剥ぐといいでしょう。

ただし、皮と肉本体はカロリーが同じなので、その点は覚えておきましょう。

もも肉が一般的に推奨されますが、実際には他の鶏肉の部位でも美味しいシチューを作ることができます。

鶏胸肉

経済的にも魅力的な鶏胸肉は、皮を簡単に取り除けばさらにカロリーを抑えられます。

ただし、乾燥しやすいので、煮込み時間を短くするか、焼いた肉を後から加えるといいでしょう

ささみ

ささみは、低カロリーかつ高たんぱくで、鶏胸肉よりもしっとりとした食感が魅力です。

煮込みすぎに注意し、薄く切って短時間で調理するか、焼いたものを後から加える方法がおすすめです。

手羽元

骨付きの手羽元も、シチューにぴったりです。

30分程度煮込むと肉が骨から離れやすくなり、ジューシーな味わいを楽しめます。

骨から出るだしはシチューの風味を豊かにしますが、食べにくさから正式な場では避けた方が無難かもしれません。

スポンサーリンク

シチューの作り方:基礎から応用まで

シチューを作る際、人参、じゃがいも、玉ねぎなどの基本食材は前もって茹でる必要はありません。

鶏肉とこれらの野菜を使ったシチューの作り方は、カレーの調理法に似ており、理解しやすいかもしれません。

作り方は非常にシンプルです。

まずは材料を炒め、その後水を加えて煮込み、牛乳や調味料で味付けをします。

飾り付け用の野菜、例えばブロッコリーやスナップえんどうは、形が崩れないように別途茹でておき、最後に加えるのがおすすめです。

じゃがいもは煮込むことも可能ですが、煮崩れが心配な場合は、先に茹でてから加える方法が確実です。

私がおすすめするこの鍋は、耐久性が高く、日常のさまざまな料理に活躍します。

簡単で失敗知らずのクリームシチューのレシピ

簡単で美味しい、クリームシチューのレシピを集めました。

写真や詳細な説明がついているので、初心者でもトライしやすい内容です。

さまざまな鶏肉の部位を使ったレシピを紹介しています。

スポンサーリンク

ルウを使わないチキンクリームシチュー

基本となる鶏もも肉を使用したクリームシチューです。

混ぜ合わせ方や炒めるタイミングなど、分かりやすい説明が特徴です。

ルウいらず☆チキンクリームシチューのレシピ・作り方|レシピ大百科(レシピ・料理)|【味の素パーク】 : じゃがいもや牛乳を使った料理
ルウを使わずに作る本格派クリームシチュー☆こころもからだも温まり、家族も笑顔に♪【味の素パーク】は身近にある「味の素」調味料で毎日簡単に作れる人気&失敗しないレシピや献立がたくさん!食のプロが作る、おいしさ保証付きのレシピを12524件掲載...

鶏胸肉を使った充実のシチュー

具材満載で満足度の高いシチューです。

白ワインの代わりに日本酒を利用し、隠し味に味噌を加えます。

ブロッコリーは電子レンジで加熱してから使用します。

しっとり鶏むね肉のクリームシチュー
∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですかあ~今日の料理は寒い日に嬉しい、鶏むね肉を使ったクリームシチューです。鶏むね肉が固くならないように下処理し、ほっこり美味しいクリームシチューをつくります。今年は暖冬で冬とは思えないく...

鶏肉ときのこのクリーミーシチュー

シンプルながらも、鶏もも肉としめじを豊富に使った濃厚なクリームシチューのレシピです。

お肉たっぷりで大満足♪ 鶏肉ときのこのクリームシチューのレシピ動画・作り方 | DELISH KITCHEN
具材たっぷりで家族も大満足間違いなしのクリームシチュー!野菜を炒めて、調味料を入れて煮込んでいくだけなので簡単♪ルーいらずなのも嬉しいポイントです。

鶏肉とカブのホワイトシチュー

スパイス不使用で、カブの美味しさを引き立てるレシピです。

カブの葉も装飾として利用し、無駄なく使います。

鶏肉とカブのホワイトシチュー 作り方・レシピ | クラシル
「鶏肉とカブのホワイトシチュー」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。ゴロゴロとしたカブを、たっぷりと入れたホワイトシチューのご紹介です。今回のレシピではルーから手作りで作りました。手間ひまかけたシチューはとてもおいし...

白菜とささみのクリームシチュー

じゃがいも不使用で、皮むきの手間を省いた時短レシピです。

ささみは予め焼いておき、最後に加えることでしっとりとした食感を楽しめます。

白菜が美味しく溶け込んだシチューが完成します。

『白菜とささみのクリームシチュー』
たっぷりの白菜とやわらかな鶏ささみで作るクリームシチュー。市販のルーは使わず、ホワイトソースで仕上げます。

クリームシチューにぴったりの鶏肉とカロリーを抑える方法

クリームシチューの調理に最も適したのは、鶏のもも肉とされています。

鶏もも肉は脂肪が多めでジューシーなのが特徴で、これが煮込む際に料理に豊かな風味と味わいをもたらします。

カロリーに敏感な方は、鶏肉の皮を取り除くことでカロリーを抑えることができます。

皮のカロリーは肉と同等であるため、除去するだけで総カロリーを減らすことが可能です。

もも肉は一般的におすすめされますが、他の鶏肉の部位でも美味しいシチューを作ることができます。

軽やかな味が好みの場合は、鶏胸肉やささみを使用するのも良いでしょう。

好みや家族のリクエストに合わせて、さまざまな鶏肉の部位でクリームシチューのレシピを楽しむことができます。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました