PR

スーパーで買う蒸しタコは洗う?そのまま?茹でタコとはどう違う?

スーパーマーケットの海鮮コーナーで、よく見かける蒸しタコに関する疑問を解決します。

多くの方が、パッケージを開けた後、蒸しタコをそのまま食べても安全なのか、あるいは洗った方がいいのか迷うことでしょう。

  • パッケージを開けた蒸しタコ、洗う必要はある?
  • 蒸しタコと茹でタコの間にはどんな違いがあるの?
  • 自宅で手軽に作れる、美味しい蒸しタコのレシピ

加えて、蒸しタコを活用した、手軽で美味しい料理のレシピもお届けします。

この記事を通じて、蒸しタコのさまざまな楽しみ方を見つけてみてください。

スポンサーリンク

スーパーで販売されている蒸しタコ、洗わなくてもすぐに味わえる?

スーパーで手に入る蒸しタコは予め加熱してあるので、買ってきたその日にそのまま食べられます。

「生でOK」や「刺身としても良い」とパッケージに明記されていれば、新鮮な魚介と同じく安全に食べられることを意味します。

もし吸盤に細かい汚れが見られる場合や、皮が少しめくれているようなら、手早く水で洗い流すことをおすすめします。

蒸しタコは生で食べるだけでなく、たこ焼きや煮込み料理など、加熱しても美味しく頂ける万能食材です。

スポンサーリンク

蒸しタコと茹でタコの違いとは?

スーパーマーケットでよく見かける「蒸しタコ」と「茹でタコ」。

これらの加工方法には、どのような違いがあるのでしょうか?

蒸しタコ

清潔にしたタコを、蒸気で加熱する手法です

アフリカ近海などから輸入されるタコは、多くがこの方法で加工されています。

これは、輸送途中での品質維持を目的としています。

蒸し加工により、タコは外側がもちもち、内部は適度に柔らかくなり、独特の食感を楽しむことができます。

茹でタコ

日本国内で捕獲されるタコ、例えば北海道の水ダコや三陸のヤナギダコ、マダコなどは、茹でて(煮て)加工されることが多いです

茹でる際には塩水や海水を使った煮汁が用いられ、これが何度も再利用されることで、深みのある味わいが生まれます。

この方法で加工されたタコは、水分が飛びやすく、結果としてしっかりとした旨味とやや固めの食感が特徴になります。

蒸しタコをより柔らかくする方法

蒸しタコが硬い場合は、長時間の煮込みが効果的です。

タコは加熱によって硬くなりがちですが、じっくりと時間をかけて煮ることで、柔らかく変わります。

その際、強火で急激に煮るのではなく、弱火でゆっくりと煮込むのがコツです。

時間をかけることで、タコが持つ理想的な柔らかさを引き出すことができます。

スポンサーリンク

蒸しタコ活用レシピのご紹介

蒸しタコを使った料理は、準備が簡単でありながら、テーブルを華やかに彩ります。

パーティ料理としても大活躍するので、ぜひお試しください。

タコカルパッチョ

蒸しタコを薄くスライスして、カルパッチョにするのがオススメです。

皿に蒸しタコ、スライスした玉ねぎ、アボカド、トマトを美しく並べ、オリーブオイル、レモン汁、岩塩、パセリで味付けすれば、あっという間に魅力的な一皿が完成します。

市販のドレッシングを活用すれば、さらに簡単に仕上がります。

タコキムチ和え

蒸しタコを一口サイズに切り、きゅうりと組み合わせてキムチとごま油で軽く和えると、手早くできる美味しい副菜ができあがります。

最後にごまを振りかけて、風味を加えます。

市販のキムチ用調味料を使えば、さらに手軽に作れます。

スポンサーリンク

まとめ

・スーパーで購入した蒸しタコや茹でタコは、すでに加工されているためそのまま食べられます。
・蒸しタコは輸入されたものに多く、茹でタコは国内で捕れたタコでよく見られます。
・蒸しタコが硬かった場合、長時間煮込むことで柔らかくなります。

もしタコの硬さに困ったら、じっくり煮込んでみてください。

蒸しタコはサラダや副菜にもぴったりで、急な追加料理にも便利です。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました