PR

虹の色の並び順と意味、国による違いと覚え方

雨が上がり、空を見上げた時に現れる虹は、多くの人にとって幸運の予感をもたらします。

この記事では、以下の点について詳しく説明します。

  • 虹の色がなぜその順番に並んでいるのか、その理由は?
  • 虹に対する解釈は地域によって違うのか?
  • 虹の色を簡単に覚える方法はあるのか?
  • 虹にピンク色は含まれているのか?

これらの興味深い疑問に答えていきましょう。

スポンサーリンク

虹の七色の配列とその根拠について

17世紀にイギリスの物理学者アイザック・ニュートンが行った光学研究の中で、彼は音楽と自然界の関連を見出し、「虹は七色である」と表明しました。

ニュートンは音楽の七音階(ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ)にちなんで、虹を「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」の色で構成されると定めました。

この色の順序は、太陽光が雨粒を通過する際に生じる、光の屈折角度の違いによって決まります。

その結果、「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」という色の配列が生まれるのです。

虹には、鮮明に見える「主虹」と、それより外側でぼんやりと見える「副虹」という、二つの異なる形があります。

光が雨粒内で一度だけ反射することによって「主虹」が、二度反射することによって「副虹」が形成され、後者では色の順番が逆転するという現象が観察されます。

また、「主虹」では赤色が約42度、紫色が約40度の角度で見え、「副虹」では赤色が約51度、紫色が約53度の角度で見えるという、観察角度による色の見え方の違いが特徴的です。

スポンサーリンク

世界各地で見られる虹の色数の違い

虹が一般的に7色であるという認識が広まっている中、実はこの色数は国によって異なることがあります。

例えば、アメリカやイギリスでは虹を6色として捉えるのに対し、ドイツやフランスでは5色ロシアやインドネシアでは4色とされています。それに対して、日本、イタリア、オランダ、韓国などでは伝統的に7色が認められています。

赤、黄、緑、青の4色は世界中で共通して認識されており、これに橙、紫、藍などの色が加えられることで、虹の色数は5色から7色に増加することがあります。

この「7色」という概念は、イギリスの科学者アイザック・ニュートンの提唱に起因し、オランダを経由して日本にも伝えられました。

日本でもかつては虹の色数が異なっていた

実際、日本では古代神話や江戸時代の浮世絵に、現在認識されている7色よりも少ない色で虹が表現されていたことがあります。

虹の色数が変遷してきた例は他にもあり、アメリカでは以前は7色とされていましたが、現在は6色となっています。

これは、子どもたちにとって区別が難しい藍色を省くことで、より理解しやすくしたという考えから、子ども向け科学書の著者パーカーによる意向で変更されました。

スポンサーリンク

虹の色彩を記憶するコツ

虹を形成する、7つの色を記憶するための数々の方法があります。

音読みを使った色の覚え方

色の名前を日本語の音読みで記憶する手法です。

たとえば、赤は「せき」、橙は「とう」、黄色は「おう」、緑は「りょく」、青は「せい」、藍色は「らん」、紫は「し」とします。

これらを連ねて「せきとうおうりょくせいらんし」と覚えます。

色の配列を逆順にする

虹の色の配列を逆にして、紫「し」から始め、藍「ら」、青「せ」、緑「ろく」、黄「お」、橙「と」、赤「こう」とし、これらの頭文字をつなげて「しらせろおとこう(知らせろ男)」というフレーズで記憶します。

英語の頭文字で覚える

赤(Red)、橙(Orange)、黄(Yellow)、緑(Green)、青(Blue)、藍(Indigo)、紫(Violet)の英語での頭文字「R・O・Y・G・B・I・V」を結び付け、「ロイ・ジー・ビヴ」というフレーズで覚える手法です。

これらの方法を駆使して、虹の各色を効率よく記憶することができます。

虹の出現条件

虹は、次のような特別な環境下でのみ目撃されます。

  • 空中に多数の水滴が漂っている場合
  • 雨が上がったばかりの時
  • 太陽光が照りつける中で雨が降っている「天気雨」の際

これらの条件が揃った時、太陽の光が水滴に入射し、内部で反射・屈折しながら分散されることで、太陽光の構成色に分かれ、虹が形成されます。

ピンク色の虹の存在

2017年8月、イングランドのブリストル湾やバース近郊のノチューマグナやトーントンなどで、めずらしい「ピンク色の虹」が観測されました。

この特殊な現象は、日没時に太陽が地平線に低くなり、波長が短い紫、青、緑などの色が弱まり、ピンクや赤といった色が目立つようになって発生しました。

スポンサーリンク

まとめ

〇虹の色は、外側から「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」と並びます。

これは、太陽の光が水滴を通過する際に生じる屈折とそれによる光の分散の結果、これらの色が順番に表れるからです。

〇虹の色数に関する国際的な違い

・アメリカやイギリスでは、虹は6色と認識されています。
・ドイツやフランスでは、5色。
・ロシアやインドネシアでは、4色。
・一方で日本、イタリア、オランダ、韓国では、伝統的に7色とされています。

〇虹の色を記憶する方法としては、

・色の名称を音読みで覚える
・色の順番を反転させる
・英語の頭文字を連結させる

などがあります。

〇イングランドの西部、ブリストル湾やバースの近くで観測された珍しい「ピンク色の虹」が出現

虹は地域によって異なる色数で認識されていることが分かりますが、ピンク色の虹のように特別な現象が観測されることもあります。

こんな希少な虹を見てみたいと思うのは、自然の不思議に対する興味の表れでしょう。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました