PR

異臭がしない場合は問題なし?ヘアドライヤーに毛が入ることについて

もしヘアドライヤーの吸入部分に毛が絡む事態に直面した場合は、何もしないのではなく、手かブラシを用いて取り除くべきです。

ヘアドライヤーを自分で分解しようとすると、壊れる可能性が高まるだけでなく、危険を伴いますので、専門家や販売元への修理依頼が推奨されます。

この記事で取り上げるのは、

  • ヘアドライヤー内の毛を放置することのリスク
  • 毛がヘアドライヤーに絡まないようにする方法
  • ヘアドライヤーに毛が絡んだ場合の対処法

に関する情報です。

ヘアドライヤーに毛が絡んでしまい、どのように対応すれば良いかわからない場合は、この情報を参考にしてください。

スポンサーリンク

ヘアドライヤー内の毛髪の絡みつき:見過ごしてはいけない危険性

ヘアドライヤーの内部に、毛髪が絡んでしまうという状況を軽んじて使用を続けることは、機器の不具合や安全性に関わる重大な問題に繋がり得ます。

空気を吸い込む口や内部に髪の毛やダストが蓄積することで、空気の流れが妨げられ、結果として内部の温度が正常値を超えて上昇し、壊れるか、危険な状態になる可能性が高まります。

消費者からの報告には、次のような事例があります。

  • ドライヤーの風が出る部分から火が発生し、利用者の髪や顔にやけどをもたらした例
  • ドライヤーが故障して、内部から金属の破片が飛び出し、利用者の顔を傷つけたケース

参考:ドライヤーの吹き出し口で火花が出た(消費者トラブル解説集|国民生活センター)

ドライヤーを使用する際は、頭部や顔に近いため、事故が起こると重篤な怪我に繋がりかねません。

そのため、毛髪が絡んでしまった場合にはすぐに使用を止め、毛髪の除去や、専門の修理を依頼するなどの適切な措置を講じるべきです。

スポンサーリンク

ヘアドライヤー内の毛髪対策と対応方法

ヘアドライヤーを使用する際、内部への毛髪吸い込みを避けるためには、吸気口が髪の毛に触れていないかを常時確認することが肝心です。

万が一、ヘアドライヤーの吸気口に毛髪が引き込まれた場合、速やかに電源を切り、引き込まれた毛髪を指やブラシによって丁寧に取り除いてください。

毛髪が吸い込まれる主な原因は、吸気口が髪の毛に過度に近づいてしまうことにあります。

使用する際には、この距離を意識し、不要な毛髪の吸い込みを防止できます。

使用しているときに焦げ臭い匂いがする場合、それは吸気口が髪の毛に非常に近いことを示唆しています。

このような状況では、直ちにヘアドライヤーを停止させるか、髪から離すことにより、毛髪の吸い込みを防ぐことができます。

吸気口に毛髪が絡んだ時は、場合によっては指やブラシを使用してその場で取り除くことができます。

しかし、すぐに作業を止め、毛髪を取り除くことが重要です。

もし毛髪の除去が困難であるか、ヘアドライヤーの内部に毛髪が入り込んでしまった場合には、製造元や販売店へ修理を依頼するのが最適です。

自ら分解してしまうと、故障や危険性が高まるためです。

保証期間内であれば、保証書を提示することで無料の修理が受けられる場合が多く、期間が過ぎた後も有料ながら修理サービスを利用できます。

過去にはヘアドライヤーの内部に毛髪が侵入することで事故が発生しているため、毛髪が入り込んだ際には、それを軽視せず速やかに対処することが求められます。

スポンサーリンク

まとめ

ヘアドライヤーに毛髪が侵入した場合、それが機械の故障や安全性に関する問題を引き起こす可能性があるため、無視してはならない重要な問題です。

吸気口に毛髪が絡みついた際には、多くの場合、指やブラシを使って取り除くことができます。

内部に毛髪が深く入り込んでしまい、自分で取り除くことが難しい場合は、自分で解体せずに、メーカーや販売店に連絡して修理を依頼するべきです。

ヘアドライヤーを使う際は、毛髪が吸気口に近づきすぎないよう注意し、毛髪の巻き込みを予防することが大切です。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました