PR

運転免許証の写真でネックレスやピアス、アクセサリーはしてもいい?

運転免許証は、私たちの身分を証明する上で欠かせない大切な書類の一つです。

更新すると、次の更新までの3年間または5年間、同じ免許証を使い続けることになります。

せっかくなら、写真は美しく撮りたいですよね。

でも、実際には写真がイマイチになることが多いのが現実です。

では、どうすれば写真をより魅力的に見せることができるのでしょうか?

この記事では、運転免許証の写真を撮る際に、アクセサリーを身につけることが許されるのかどうかについて解説します。

また、免許証の写真で特に女性が美しく見えるためのコツも後半にご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

運転免許証の撮影時にアクセサリーを身につけても大丈夫?

写真を撮る際に、特に女性はおしゃれを楽しみたく、アクセサリーを付けたままでの撮影が可能かどうかが気になることでしょう。

特にピアスをしている方々にとっては、これを外さずに済むのかが一つの疑問です。

アクセサリーの使用については、いくつかの条件を満たしていれば許可されています。

免許証の写真では、個人を特定するための顔の特徴が明確に映ることが重要です。

そのため、顔の輪郭を隠さない小さめのピアスやイヤリングなら問題ありません。

ネックレスも許可されています。

ただし、顔の中心にあるピアスも許されますが、過度に大きなアクセサリーは避けるべきですし、撮影担当が了承しても、その後の審査で問題になることもあります。

そのため、控えめなアクセサリーを選択するか、撮影時だけは取り外すことを推奨します。

撮影時に避けるべきアイテムは?

顔の大半を覆うサングラスやマスク、目の見た目を変えるカラーコンタクト、そして帽子などは不可です。

裸に見えかねないキャミソールや、チューブトップなどの衣装も同様に避けるべきです。

しかし、これらを避ければ、一般的にはほとんどのアクセサリーや服装で問題ないとされています。

スポンサーリンク

免許証写真で映えるためのアドバイス

免許証の写真は一度撮ると、何年も使うことになります。

そのため、撮影時には失敗を避けたいものです。

ここでは、免許証写真で美しく映るためのいくつかのポイントをお伝えします。

着るべき服の選び方

明るい肌色を演出できる、白やベージュがおすすめです。

これらの色は、顔をはっきりと映し出してくれます。

また、体のラインがはっきり見える薄手の素材の服を選ぶと、スタイルがよく見えます。

青色の服は背景と同化しやすく、顔がぼやけて見えるため避けた方が良いです。

Vネックの服を選ぶと顔が細長く見えてスッキリする一方、タートルネックは顔が目立ちやすいので注意が必要です。

スポンサーリンク

姿勢の正しい取り方

背筋を真っ直ぐにし、顎は少し引くように心がけましょう。

猫背の姿勢は、不格好に見えるので避けるべきです。

メイクと髪型のコツ

免許センターのカメラは通常、肌を暗く映しやすいので、普段よりも少し濃いメイクをすると良いでしょう。

チークやリップは、少し明るめの色を選ぶと顔色がよく見えます

髪型については、額をすべて隠さずに前髪を横に流すと、顔色が明るく見えます。

スポンサーリンク

自作レフ板の使用

写真撮影で使われるレフ板は、顔を明るく見せるのに役立ちます。

B4サイズ以上のスケッチブックを用意して、写真に映らないように持ち上げて使ってみましょう。

また、白いハンカチやタオルを膝に置くだけでも似た効果が得られます。

白い服を着て行くのも一つの方法です。

▼持ち歩きに便利な折り畳みのレフ版もおすすめ♪

プロの写真店を活用

自分で撮った写真を、免許センターに持ち込むことができる場合もあります。

完璧な写真を求めるなら、プロに撮影を依頼するのも選択肢の一つです。

ただし、写真の持ち込みが許可されているかは、免許センターによって異なるため、事前に確認が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

運転免許証の写真撮影時に、アクセサリーを身に着けても良いかについての情報をお届けしました。

免許証は日常的に使われる大切な身分証明の一つで、次の更新までの3年または5年間、同じ写真を使い続けるわけですから、やはり自分自身が満足できる美しい写真を望むのは当然のことです。

更新の際は、服装や髪型にも気を配って、ベストな状態で臨みましょう。

個人的には、これまでに撮った免許証の写真に完全に満足したことはないのですが…

思えば、スマホやデジカメの画質が向上している昨今、免許センターの撮影設備ももっと良いものになればいいのにと願ってやみません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました