PR

新幹線で予定より早く出発したい時、指定席チケットはどうする?

新幹線での旅をスムーズにするため、事前に指定席チケットを手配する人は少なくありません。

でも、たまには予定よりも早く駅についてしまい、早い列車に乗りたくなることもありますよね。

そんな時、すでに持っている指定席チケットで自由席に座っても大丈夫なのか、悩むことがあります。

この記事では、もし早めに新幹線に乗りたい時、指定席チケットをどう扱えばいいのかについて解説します。

新幹線の指定席をよく利用する方や、よく予定が変更になる方にとって、この情報はきっと役立つはずです。

スポンサーリンク

早く出発したくて指定席チケットで自由席はまずい?

もし指定席チケットを持っていて、計画よりも前に出かけたくなった場合、新幹線の自由席へ移動するのは大丈夫なのでしょうか?

この問題に対する回答は、必ずしもトラブルになるわけではないですが、乗車する区間によっては留意するべき点があります。

新幹線においては、乗務員が時々車内を回ってチケットの確認を行います。

この時、予定していた席ではない場所に座っているとバレることがあるのです。

指定席チケットで自由席に座っていたと乗務員にバレても、状況をしっかりと説明すれば、対応してもらえます。

その際は、乗務員の指示に沿って行動しましょう。

スポンサーリンク

そもそも新幹線の利用時間を前倒しして、自由席に座ることは問題ないのか?

指定席チケットを持っているが、実際の乗車時間を早めたい場合、新幹線の自由席へ移動しても問題ないかという疑問は、多くの方が持つものです。

基本ルールとして、指定席チケットは購入時に選んだ特定の列車と時間の席を保証する目的で発行されます。

このため、そのチケットで予定されていない列車に乗ることは、原則として許されていません。

しかし、予定の列車に間に合わなかった場合には例外があり、その日のうちであれば、次の列車の自由席に乗ることが許可されています。

この際、特別な手続きを踏む必要はなく、持っている指定席チケットで乗車できます。

一方で、予定より早く出発することを望む場合は、この救済措置の範囲外となるため、原則として自由席への移動は許可されていません。

この点には注意が必要です。

スポンサーリンク

新幹線の自由席に早めに移るための対策

もし新幹線で予定よりも早い時間に出発したくなったら、自由席への移動方法が気になるところです。

ここでは、そんな時に役立つ2つの対策を紹介します。

事前に変更手続きをする

一つ目の対策は、乗る予定の新幹線を変更する手続きをすること。

新幹線のチケットには、一度だけ変更する権利があります。

もし、予定が変わって別の時間に乗りたくなった場合、「みどりの窓口」で変更が可能です。

手持ちの乗車券はそのまま有効なので、安心して席の変更ができます。

チケットを再購入する

二つ目は、チケットを再購入すること

特に、一度変更を経てさらに別の時間に変更したい場合に適しています。

この方法では、元のチケットを払い戻し(手数料が必要)して、新しい時間帯のチケットを購入します。

払い戻し手数料は、乗車予定日の2日前までは乗車券220円、指定席券340円が必要で、前日以降は乗車券220円と指定席券の30%がかかります。

これらの方法を使えば、早めに新幹線の自由席に移動することがスムーズに行えます。

スポンサーリンク

新幹線チケット変更における注意点

新幹線の座席指定を変更したい場合、把握しておくべきいくつかの重要な事項があります。

出発時刻を過ぎたら変更や払い戻しは不可能

まず最初に知っておくべきことは、列車の出発時刻が過ぎてしまうと、チケットの変更や払い戻しはできなくなるという点です。

出発時刻までに何らかの手続きを完了させなければ、チケットは無効となります。

ただし、例外として出発日に限り、次の列車への変更は認められていますが、翌日以降に変更することはできませんので注意が必要です。

キャンセル手数料は予定日によって異なる

次に、キャンセル時の手数料が予定日によって変わることも重要なポイントです。

出発の2日前までのキャンセルと、出発前日のキャンセルでは、手数料が異なります。

さらに、乗車券と指定席券でキャンセル手数料が違うため、キャンセルを考えている場合は、これらの違いにも配慮する必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

新幹線を利用する際、指定席チケットを持ちながら予定より早い時間の自由席に座ることができるのか、そしてその際に注意すべき点について説明します。

結論から言うと、事前に決められた指定席チケットで早めの自由席への乗車は一般的にはすすめられていません。

乗車時のチケット検査でチケットの不一致が見つかれば、乗車を拒否される可能性もあります。

とはいえ、事前の計画通りに進まないことは誰にでもあり得ます。

予定が変更になった場合は、問題を避けるためにも、必ず正規の乗車変更手続きをおこなうべきです。

このプロセスは「みどりの窓口」や券売機で簡単に完了させることが可能です。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました