なぜ?コップだけが生臭い!?魚臭い原因と消す方法!

お水を飲もうとしたら、なんだかコップが臭い!なんてことはありませんか?

きちんと洗っているはずなのに、何故なんでしょうか?

また、他の食器は大丈夫なのに、なぜコップだけ?と思いますよね。

今回はそんなコップのニオイについて説明していきます!

コップが生臭いのは水が原因?なぜコップだけ?

ではまず、なぜコップが生臭くなってしまうのでしょうか。

その原因として考えられることは5つあります。

①水分がきちんと拭き取れていない

洗い終わったあと、食器をふきんで拭く方もいますよね。

しかし、コップは底まで手が届かないから・・・と水分が残ったままにしてしまうと、そこから雑菌が繁殖しニオイの原因になってしまいます。

②そもそもふきんに雑菌が繁殖している

ふきんをこまめに除菌したり、交換したりしていますか?

先ほども書いたとおり、雑菌は水分があるところに繁殖します。

そのため食器を拭いた後、生乾きのまま放置されたふきんにも、雑菌は繁殖していきます。

そのふきんでコップなどの食器を拭いてしまっては、せっかく洗った食器に雑菌を擦りつけているようなものなんです。

これも、ニオイの原因になってしまいます。

③スポンジが汚れている

ふきんと同様、スポンジも生乾きのままだと雑菌は繁殖しやすくなっています

また、油っぽいものを洗った後、そのままコップを洗ってしまうと、その汚れがそのままコップに移ってしまいます。

それがニオイの原因となることもあります。

④コップに細かい傷があることできちんと洗いきれていない

日々使っていることで、コップにも目に見えないほどの細かい傷がついていることがあります。

スポンサーリンク

そうすると、その傷の部分には洗剤が行き届きにくいので、きちんと洗えず汚れが付着したままになってしまいます。

そこから雑菌が繁殖してしまい、ニオイの原因となってしまうということです。

⑤洗っている水がそもそも臭う

古いマンションやアパートの場合、水道管や貯水タンクが古くなっていることがあります。

浄水場からくる水は問題なくても、その水道管や貯水タンクが原因で水が臭くなってしまうことがあるようです。

これでは、いくら綺麗に洗っても水のニオイがついてしまうので、どうしようもありませんよね。

これら5つから、コップが臭ってしまう原因は、

  • コップの洗いづらさと乾かしづらさ
  • 水分が残ってしまったところから繁殖する雑菌

ということが分かりますよね。

コップの臭いを消す方法

では、先ほど説明した5つの原因の対策を紹介していきます。

まずは、ふきんやスポンジはしっかりと乾かすこと。

また、漂白剤や熱湯などで除菌をしたり、こまめに交換したりしましょう。

そして、コップはしっかりと水分を拭き取るか自然乾燥させて、水分が残らないようにしましょう

時々コップ自体を漂白剤につけ置きするか、煮沸消毒することで、細かい傷の間にいる雑菌をやっつけることができます。

水自体に問題がある場合には、浄水器をつけるか、管理会社などに連絡して綺麗にしてもらう必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

意外な原因もあったのではないでしょうか。

少し手間に感じてしまうかもしれませんが、基本的には日々のお手入れが重要かもしれませんね。

それでも臭いがとれなければ、貯水タンクなどが原因かもしれません。

その場合、早めに管理会社へ連絡されると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする