コーヒーカップの置き方のマナーは?おもてなしでのコーヒーの出し方

幼稚園で仲良くなったママ友2人が、家に遊びに来ることに。

仲良くなったと言っても、まだ知り合って数ヶ月だからちょっとドキドキ。

コーヒーを出す予定だけど、カップの取っ手はどっち向き?スプーンの置き方は?

などなど、今までは気にもしていなかったマナー。

コーヒーくらいはきちんと出せないと恥ずかしいかも!?

ムリをするのは嫌だけど、ちょっとは素敵な女性に思われたいし!

コーヒーでおもてなしする時のマナーを覚えておきましょう!

コーヒーカップの置き方と理由!取っ手は右?左?

実はコーヒーカップを置くときの取っ手の向きは、国によって様々なのです。

では、日本ではどうでしょう。

日本ではコーヒーカップの取っ手は、右側にすることが多いようです。

ただ、カップに絵が描かれている場合には、その絵が飲む人の正面になるように置きます。

が、正面とはワンポイントの絵に限ります。

一般的には、ワンポイントの絵が飲む人の正面になるように置くと、取っ手が右側にくることが多いんです

カップ全体に絵がかかれている場合は、取っ手の向きだけ意識すれば良いですよ。

ちなみにアメリカでは、取っ手が右

これは、すぐに飲めるようにとのこと。

ブラックで飲む人が多いからだそうです。

一方イギリスでは、取っ手が左

スポンサーリンク

これは、砂糖やミルクを入れて混ぜるときに、左手でカップの取っ手をおさえて、右手でスプーンを持って混ぜるからだそうです。

コーヒーカップからの砂糖・ミルク・スプーンの置き方は?

スプーンの置き方ですが、柄が左右どちらという決まりはありません。

日本では、スプーンはすぐに持てるように柄を右側にし、カップ手前のソーサー(受け皿)の上に置くことが多いです

スプーンを置く位置は、欧米はカップの奥、日本はカップの手前が主流になっていますが、はっきりとした理由はないそうです。

砂糖やミルクについても置く場所の決まりはないので、清潔感があるようにソーサーの上に置けば問題ありません

一般的に、スティックシュガーはスプーンとそろえてソーサーの上に置きます。

ポーションミルクは、スプーンの左側や、カップ手前のソーサーの上に置きます。

砂糖やミルクは使わない人もいるので、ママ友の集まりであれば、スティックシュガーや、ポーションミルクをカゴなどにまとめて入れて、テーブルに出しておけば自由に使えて良いですね

まとめ

コーヒーカップの置き方が、国によって様々だということを知ってビックリですね。

決まっているようで決まっていない・・・
実際のところ、こういうのが一番困りますよね。

なので、日本では一般的に・・・のスタイルでおもてなしするのが無難でしょう。

一度知っておけば、突然の来客にも迷わずに堂々とおもてなしできますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする