鹿児島ラーメン王決定戦に地元民が行ってきた!日程・料金も!

ラーメン大国である鹿児島県で開催されるラーメン王決定戦。

毎年多くの動員数を誇る、鹿児島県鹿児島市のビッグイベントになりつつあります。

昨年でまだ第4回ということで、歴史的には大変日が浅いのですが、特別番組やCMなどマスメディアも様様なPRを行い、2月の寒空の下熱いバトルが繰り広げられます。

そんなラーメン王決定戦に、地元民である私が行ってきた体験記をご紹介します。

スポンサーリンク

鹿児島ラーメン王決定戦に行ってきた!

昨年ですが、私も参加しました。

ラーメン王をけって資するシステムはいたってシンプルです。

まず当日券に限ってですが、会場の入り口のチケット販売にて1枚700円で購入できます。

その後会場に入ると、18店舗のラーメンブースが立ち並んでいました。

自分が食べたいと思うブースに行って、当日券とラーメンを引き換えて購入するんですが、はっきり言ってブースごとにとんでもない人の列でした。

歴代に優勝経験のある店舗が出店しているブースなどは、とんでもない長い列ができ、並び始めてから15分以上は引き替えまでに時間がかかります。

しかしこの列の長さが、ラーメンの人気の一種のバロメーターとなります。

そのあたりをよく観察しながら、どこが今一番人気を集めているか、どこに並んだほうがすぐ食べられるかなど、ご自分なりの考察分析するのも楽しみの一つだと思います。

並び続けてやっと当日券とラーメンを引き換えるとき、コインを一枚渡されます。

その後どこでも食べられる広場がありますが、とにかく人だらけです。

食べ終わると引き換えの際に渡されたコインをもって、投票用ブースがあるので、そこに準備された店舗ごとの投票箱にコインを投票します

その投票されたコインの枚数が多い店舗が、その年のラーメン王に決定します

当日のことですが、私は妻と息子と三人で出かけました。

まず何より人の多さに驚かされます。

チケット売り場では4枚購入しました。

たった4枚とはいっても、一杯当たりのラーメンの量は試食程度の量ではなく、しっかりと1人前はあります。

それを3人で4人前食べることになるので、お腹はかなり膨れます。

ですのでいきなり10枚とか買わず、最初は2,3枚購入しそれでもまだ他にも食べたい店舗があれば、販売所で購入すれば良いのかなと思います。

チケットは当日何度でも買えますので大丈夫です。

しかし一日に一人で7杯も食べた人がいるらしいのですが、スゴイですね!

日程

日時

2019年2月15日(金)、16日(土)、17日(日)の3日間開催。

10:00~21:00(最終日は17:00まで)

開催地

鹿児島県鹿児島市本港新町5-4

ウォーターフロントパーク(ドルフィンポート前広場)

入場料及びその他料金

入場料自体は無料で、入場・退場とも自由です。

ただラーメンを食される場合は、前売り券か当日券の購入が必要となります。

当日券は、ラーメン王決定戦会場の入り口で販売されます。

お支払方法は現金のみとなります。

  • 前売券:1杯600円
  • 当日券:1杯700円

アクセス方法

市営バスの場合

・天文館バス停 鹿児島市営バス 15番線・西紫原行き

スポンサーリンク

(10~15分間隔・約30分 料金220円)

・鹿児島中央駅バス停 鹿児島市営バス 3番線・紫原3丁目行き

(30分間隔・約25分 料金190円) ※紫原中央バス停下車

タクシーの場合

天文館から約20分

鹿児島中央駅から約15分

リムジンバスの場合

鹿児島空港~天文館 約45分 料金1,250円

※天文館・中央駅からは、市営バスやタクシー等をご利用下さい。

駐車場

会場そのものには駐車場はありません

しかしすぐ目の前のドルフィンポートや、近隣の有料駐車場が利用できます。

ただ毎年多くの方が来場されますので、大変な混雑が予想されます。

できるだけ公共交通機関を利用されたほうが良いかと思います。

ドルフィンポートの駐車場は、30分まで無料。以降30分毎100円です。

イベント前後でテレビ放送も

第5回鹿児島ラーメン王決定戦~県民投票TOP30大発表SP

放送日時:2018年12月11日(火) よる7時~

鹿児島県民からの投票で人気を集めたラーメン店だけが、その舞台に立てるという鹿児島ラーメン王決定戦。

毎年波乱のランキングにハラハラ、ドキドキします!
こちらの放送はお見逃しなく!!

またイベントが終了した3月ごろ

鹿児島ラーメン王決定戦 激動の舞台裏SP

という特別番組も放送されます。

こちらもお楽しみに!!

さいごに

ここではあえて名前は伏せますが、私は自分の好みで2店舗のラーメン、妻と息子は2店舗それぞれ選び一緒に食べましたが、その投票結果にはびっくりさせられました。

妻と息子が選んだラーメンは、優勝と5位までの入賞だったのに対し、私が選んだラーメンは・・・。

名前は発表されませんでした。

しかしそれも楽しみの一つだと思います。

ぜひラーメン王決定戦で熱いバトルを体感してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする