なぜ雪の日に車のワイパーを上げる?立てると逆に折れることないの?

天気予報で「雪が降ります」「積もるでしょう」と聞くと、「車のワイパーをあげておかなくっちゃ」と思う人って多いですよね。

でも、雪の時はなんでワイパーを上げるのでしょう?

みんながやっているから、何も考えずにワイパーを上げていたけれど、実際のところ意味があるのでしょうか?

立てた方が良い理由について調べてみました。

雪の日にワイパーを上げる3つの理由

1.ワイパーを雪のダメージから守るため

雪が降る時は気温が低くなるため、ワイパーがフロントガラスに張り付いてしまうことがあります。

張り付いた状態でワイパーを動かしてしまうと、ワイパーのゴムがちぎれたり、変形したりすることもあるんです。

そうなると、ゴムを交換しなければならなくなってしまいます。

2.雪かきをスムーズに行うため

ワイパーを立てておいたほうが、フロントガラスの雪を取り除く作業がしやすくなります

3.雪に埋もれてしまった車を見つけやすくするため

雪がたくさん積もる豪雪地域では、車がまるごと雪に埋まって、どこにあるか分からなくなってしまうことがあります。

そんな時、ワイパーが立ててあれば、雪からひょっこりワイパーが顔を出して目印になりますよね。

それで、「あ、あそこに車がある!」とわかるんです。

なるほどですねー。

雪の日のワイパーの立て方の注意点は?

車のワイパーは一般的に、手で掴んで手前に持ち上げると立てることができます。

とても簡単ですよね。

ただワイパーを戻すときに、バーンと勢いよく戻ったりするので注意してください。

スポンサーリンク

ボンネットの中に隠れているタイプの場合は、ハンドル横のワイパーレバーを引いてワイパーを出してから立てます。

車種によって違うので確認してから行ってくださいね。

屋根や木など、高いところから雪が落ちて来る場所でワイパーを立ててしまうと、落雪の下敷きになってワイパーが折れてしまう可能性もあるので、注意してくださいね。

ワイパーを上げる意味がない積雪量は?

雪が降るときは必ずワイパーを立てた方がよいのでしょうか?

  • 一晩で70~100cmの積雪がある大雪のとき
  • 長時間駐車したままにするとき

こういった時は、ワイパーを上げないほうが良い場合もあります。

車のルーフに、たくさん降り積もった雪がフロントガラスに落ちてきて、その雪の重みでワイパーが折れてしまうことがあるからです。

水分を多く含んだ重たい雪のときは、特に注意が必要です

でも、ワイパーを上げないとゴムが張り付いちゃうんじゃないの?

と思いますよね。

時間はかかりますが、直ぐにワイパーを動かさず、車を温めてワイパーが張り付いていないことを確認してから、動かすようにすれば大丈夫ですよ。

まとめ

雪が降る前日に、まわりの車がワイパーを立てているから、よくわかわず真似してやってましたが、意外な理由もありました。

雪の日はワイパーを上げておいた方が、車を直ぐに動かしたい人にとっては良いようです。

雪が降ったらしばらくは車に乗らない人や、屋根からの落雪がありあそうな場所、水分を含んだ雪がたくさん降るときには、ワイパーを立てない方が折れる危険が少なくなります。

降雪量や雪の質、駐車場所などの状況によって、ワイパーを立てる、立てない、の判断をして対応するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする