バターコーヒーの攪拌方法!ブレンダーやミキサーなしの混ぜ方は?

今、ちまたでも、美容と健康のために、空腹感を満たすのに、置き換えダイエットにと、さまざまな用途を実現してくれると評判のバターコーヒー。

攪拌しなければならないらしく、ミキサーを持ってないし、ほかにどういった作り方があるのか、おすすめの方法が知りたい!

というあなたのために、今回は、バターコーヒーの撹拌(かくはん)方法!ブレンダーやミキサーなしの混ぜ方は? についてのお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

バターコーヒーにミキサーなしの場合の混ぜ方は?

じつは、バターコーヒーを飲んでいる人にアンケートを取ってみたところ、驚愕の事実が明らかとなりました。

それは、コーヒーに材料を入れてスプーンでまぜただけと回答した人が全体の90%、撹拌したと回答した人は全体の10%であったということです。

本来、バターコーヒーは、撹拌することにより、バターとコーヒーがしっかりと混ざり合った、いわゆる「ミセル状態」になってはじめて、体に吸収されやすくなるものだからです。

この結果は、そもそもバターコーヒーを撹拌する意味を理解していない方であったり、毎回ミキサーなどを出してきて混ぜる手間が不便で面倒だいうことだとは思います。

そんな方にこそ、ぜひ知っていただきたい、おすすめのバターコーヒーづくりにマストな便利グッズがあります!

ブレンダーは少々お値段がかかりますが、お料理を作る方にとっては、ほかにも利便性の高いアイテムです。

1つ取り揃えておいても良いかと思いますので、購入を検討されても良いかもしれません。

もちろん、そんなにコストをかけたくないといった方には、クリーマー・ミルクフォーマー(カフェラテなどを作るときに使う電池式タイプのもの)もおススメです!

100円ショップなどでも手に入れることができますよ。

ほかにも、「撹拌用のマグカップ」を使ってシェイクすることでも、バターコーヒーの撹拌を行うことができます。

ただし、手作業になりますので、少々時間と労力が必要となります。

根気よく撹拌させるようにしてくださいね。

なお、素材によっては、油がビッシリとこびりついてしまう恐れがありますので、間違ってもプロテインシェイカーなどは使わないようにしましょう。

バターコーヒーの攪拌時間の目安は?

実際のバターコーヒーの撹拌時間ですが、どういった道具を使うかによって、多少の差が出てくることになります。

とはいえ、いずれの方法であっても、見た目にバターとオイルとコーヒーが溶け合った状態が確認できるくらいまでは撹拌してくださいね。

最速は、ブレンダーを利用した場合で、撹拌する時間を最大限短縮することができると言えます。

スポンサーリンク

そもそも攪拌しないとダメなの?理由は?

バターコーヒーの攪拌が必要な理由は、やはり体への吸収率・吸収力をアップさせるためであると言われています。

というのも、脂質はそのままでは、なかなか身体に取り込むことができない栄養素であり、構造となっていますので、なるべく細かくしたり、小さくしてあげなければなりません

そうすることによって、脂肪燃焼サイクルを効果的に実現できるだけでなく、ダイエット効果を得られるようになるわけです。

バターコーヒーの攪拌方法!のまとめ

いかがでしたか?

バターコーヒーを毎朝飲むことは、MCTオイルが脳のパフォーマンスをあげるだけでなく、グラスフェッドバターによって元気が充填されて、1日中はつらつと過ごすことができます。

また、最大のポイントは、空腹感を感じにくくなるので、食事量や摂取カロリーを大幅に抑えることが可能になるメリットがあります。

せっかくの贅沢なバターコーヒーですから、なるべくその作用を最大限に生かせるような作り方を心がけたいものですね!

こちらの記事も読まれています

バターコーヒーの作り方!普通のバターや無塩で代用できる!?

バターコーヒーを飲むタイミングは?いつ飲むのがメリット?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする