PR

降水量2mmは体感としてどれくらいの雨?屋外活動に与える影響とは?

空が怪しいと、いつ雨が降り始めるか、どのくらい続くのか気になるものです。

アウトドアイベントを前にしていると、雨によって開催を進めるか延期するか決めなければならない状況もあるでしょう。

天気予報で「降水量が2㎜」だとされていたとします。

そもそも降水量2mmって、どれくらいの雨なのかピンときませんよね?

そんな時、私たちがチェックするのは降水確率です。

降水確率の高さが、これまでの私の判断基準でした。

ただし、降水確率とは、1mm以上の雨が降る確率を表しており、雨の実際の量や強さは含まれません。

降水確率が100%であっても、降水量が少なければ、アウトドア活動を行うことは可能です。

一方で、降水確率が低くても降る雨の量が多ければ、注意が必要です。

1ミリの雨ならほとんどの屋外活動が問題なく楽しめますが、2ミリの雨が降ると活動に支障が出ることがあります。

降水量2mmの雨量がどのように活動に影響を与えるかを理解し、今後の計画に役立ててください。

スポンサーリンク

降水量2mmってどれくらいなの?

降水量とは、ふった雨がもしもそのままその場に留まったと仮定して、計測される数値のことをいいます。

ですから、降水量が一時間に2㎜程度とされていたら、それは足元から2㎜程度水が溜まるという雰囲気になります。

2㎜の水といえば、水たまりなどが連想されますが、履き物である靴は濡れて浸水してしまうでしょうし、転んだり滑ったりして、怪我をしてしまう恐れも出てくるかもしれませんよね。

もちろん、それが1時間ではなく、1分ということでしたら、相当強い雨ということになりますので、誤解のないよう、毎時なのか毎分なのかに気をつけるようにしてください。

スポンサーリンク

降水量2mmは体感としてはどんな感じ?

そんな降水量2mmの雨の体感ですが、1時間で2ミリであれば、パラパラしている、またはしとしとと降っている雨という表現が的確で、いわゆる普通の雨の降り方となります。

さらに10分で2ミリという雨でしたら、ザーと降り続き、結構しっかり降っている状態となります。

ほかにも、1分で2mmの雨であれば、いわゆる豪雨となり極めて危険な雨とされ、災害が起こる可能性もあり、警報が発令されることとなります。

天気予報などで発表されている雨量の2㎜でしたら、1時間あたりのものであることが一般的ですので、2mmなら弱くも強くもないふつうの降り方であるといった実感となります。

スポンサーリンク

降水量2mmの雨が屋外スポーツへどう影響するか

降水量1mmの雨であれば影響が少なく楽しめる屋外スポーツも、降水量が2mmに達するとどのような変化があるのでしょうか。

ゴルフ

雨が降っていてもプレー可能なゴルフですが、4mmを超える降水量になるとプレーが難しくなります。

そのため、多くのゴルフ場は5mmの降水量が見込まれると営業を休止することが一般的です。

2〜3mmの雨では、プレーの続行を迷うことがあります。

カートを利用すると比較的濡れずに済むこともありますが、グリップが滑る、水たまりができる、足場が悪くなるなどの問題が発生するため、初心者には厳しい環境かもしれません。

それでも、ゴルフ経験が豊富な中級者以上では、2mmの雨は大きな障害とはならず、技術を試す良い機会と見る人もいます。

野球

整備が行き届いたグラウンドでは、雨が降っても野球が可能です。

2mmの雨が降る際には、試合が始まる前に中止を決定することが多く、試合中に雨が降り始めた場合は続行されることが一般的です。

降水量が5mmを超える場合は試合を中止する目安とされています。

一方、水はけの悪いグラウンドでは、2mmの降水量でもプレーが困難な場合がありますが、どんな状況でも泥んこは避けられないでしょう。

したがって、良い条件のグラウンドを持つ経験者であれば、2mmの雨であっても多くの屋外スポーツを問題なく楽しめます。

スポンサーリンク

降水量2mmの雨がキャンプやテーマパーク訪問に与える影響

2mmの降水量があるとき、キャンプやディズニーランドなどの屋外レジャー活動にどんな影響が出るのでしょうか?

キャンプ

自然の中でのキャンプは、わずかな雨であっても様々なリスクが伴います。

1mmの雨でさえ注意が必要で、2mmの降水が続くと、増水や土砂崩れのリスクが増加します。

このような状況では活動を中止する方が安全かもしれませんが、雨ならではの自然の魅力を楽しむ機会もあります。

ただし、3mm以上の雨ではキャンプを行うことは推奨されません。

2ミリの雨では、テントの設営や撤収が特に難しくなり、濡れた装備を持ち帰る際の車の汚れや、家での洗濯・乾燥にも手間がかかります。

また、視界が悪くなり安全性が低下するため、特に川の近くでのキャンプは避けるべきです。

キャンプ地選びは、天候や現地の環境情報を事前にしっかり確認し、慎重に選ぶべきです。

ディズニー

テーマパークでは、少量の雨でもアトラクションの運行が中止されることがあります。

雨がブレーキ機能に影響を与えるため、運行休止は雨の具体的な状況に基づいて決定されます。

ディズニーの高速アトラクションは、比較的悪天候下でも稼働することが多いですが、2mmの雨量では運行が休止される場合もあります。

風が弱ければアトラクションの運行が可能です。

ディズニーには屋内アトラクションが多く、雨の日でも楽しめる選択肢があります。

また、雨天時には特別なパレードが行われることもあり、その独特の楽しみが味わえます。

スポンサーリンク

降水量2mmの雨が自転車やバイク運転に与える影響

2mmの降水量の場合、自転車やバイクなどの乗り物の運転にどのような影響が出るでしょうか。

自転車

この程度の雨量では、水はけが悪い場所では水溜りができやすく、自転車のタイヤが滑りやすくなります。

これにより転倒するリスクが高まり、また、視界が悪化するため周囲の状況を正確に把握することが難しくなり、事故の可能性が増します。

雨天時の自転車利用では、傘の使用は避け、レインウェアの着用と両手でハンドルをしっかり握ることが安全運転のためには必要です。

バイク

バイクにおいても、2mmの雨が降ると同じように注意が必要です。

安全な視界を確保するためには、フルフェイスのヘルメットを選び、その上で曇り止めや撥水加工が施されたものを使用することが推奨されます。

雨天でのバイク運転では、速度を落とし、より慎重に行動することが重要です。

スポンサーリンク

まとめ

・2mmの降水量では、わずかな雨音からしっかりと感じる雨までを含みます。これにより、はっきりと「雨」として認識されるレベルです。
・この程度の降水量では、初心者にとっては少し難しいかもしれませんが、多くの屋外スポーツは実施可能です。
・都市部でのレジャー活動には適しているものの、自然の中でのキャンプなどではリスクが伴います。
・自転車やバイクを運転する際には、視界の悪化や滑りやすい路面により、転倒や事故のリスクが高まります。

2mmの降水量についてのイメージはつかめましたか?

この雨量がどれくらいのものか具体的に理解することで、より適切な判断が可能になります。

2mmの雨は、その取り扱いに迷いが生じる雨量です。

問題がないと断言はできませんが、危険が際立っているわけでもありません。

このような微妙な状況だからこそ、降水量を考慮して立ち止まり、全体の状況を慎重に評価し、行動に移す前に必要な準備を整えることが重要です。

雨で困る家族のシチュエーションを何度も想像しました。

あなたとあなたの大切な人が雨の量を正しく把握し、そのリスクを理解して安全に楽しめることを願っています。

なないろのーとをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました