コーヒーフレッシュの賞味期限の期間は短い!?古いはどう見分ける?

喫茶店などで、使わず持ち帰ったコーヒーフレッシュが冷蔵庫にたまってきたりすることって、よくありますよね?

実際のところ、賞味期限などは全く分からないものの、どれぐらいの期間であれば、使用することが可能なのか知りたいと思ったことはありませんか?

今回は、そんなコーヒーフレッシュが日持ちする期間ってどのぐらいなのか、古いものとの見分け方について、お話をさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーフレッシュの賞味期限は短い?長い?

牛乳の賞味期限が平均すると7日~10日であるのに対して、コーヒーフレッシュは常温保存で、だいたい平均4カ月ほど日持ちさせることができます。

そもそも、フレッシュミルクは、どうして常温保存が可能なのかというと、じつは牛乳とは違った成分で出来ている植物性・動物性脂肪であるためです。

また賞味期限という表示は、美味しくいただける期間という意味であって、消費期限とは異なっており、注意が必要です。

人によっては、その賞味期限を長いと感じることもあると思います。

ですが、

・日頃からあまりコーヒーを飲む機会のない方

・小家族世帯

・単身世帯

であれば、大量のコーヒーフレッシュはなかなか消費することもままならず、賞味期限が短いと感じることもあるようですね。

コーヒーフレッシュが古いってどう見分けるの?

では、コーヒーフレッシュが古くなってきたかどうかを見極める方法・ポイントはあるのでしょうか?

結論からいうと、あるんです!

フレッシュミルクの変化によって、その鮮度を確認することができる方法を、2つご紹介させていただきますね。

まず1つめは、「オイルオフ」が起こっているかどうかです。

オイルオフとは、コーヒーフレッシュの分離が起こっている状態です。

このようなコーヒーフレッシュは、注いだときに、表面に油が浮いてきてキラキラすることが特徴となっています。

スポンサーリンク

2つめは、フェザーリングといって、コーヒーフレッシュのたんぱく質が、固まった状態になっていることが目で確認できる場合です。

これは、フレッシュミルクが古くなって、酸化しているために起こります。

どちらの兆候が見られても、古くなってきている証拠であり、賞味期限を超えているサインとなりますので、意識してチェックしてみてくださいね。

コーヒーフレッシュに変わるものは?

もし、コーヒーフレッシュを使おうとして、先ほどのように古くなっていると分かったとき、代用できるものを3つご紹介させていただきたいと思います。

1.牛乳や豆乳

最もオーソドックスな代用品としては、牛乳や豆乳です。

スーパーやコンビニでも、手軽に購入することができるだけでなく、お値段もリーズナブルであるところが特徴です。

2.生クリーム

コストパフォマンスはあまりよくありませんが、濃厚なコーヒーフレッシュの味わいを再現してくれるのが生クリームです。

泡立てを行うことで、ウインナーコーヒーを楽しむことができるところもおすすめですよ。

3.アーモンドミルク

近ごろの糖質制限ダイエットなどでブームに火が付いた、アーモンドを主原料としたその名も「アーモンドミルク」もコーヒーフレッシュの代用とすることができます。

香ばしいナッツの風味と香りが絶妙で、今までとはひと味違ったコーヒータイムを演出してくれること間違いありません。

ただし、残念ながらコスパはあまり良くありません。

コーヒーフレッシュの賞味期限の期間は短い!?のまとめ

コーヒーフレッシュが、牛乳であると思っている方も多いかと思います。

じつはその正体は植物性や、動物性の脂肪(油脂)となっています。

だからこそ、見た目の変化で賞味期限をチェックして、なるべく古いものを利用しないようにしたいものですね。

どうしても使い切りたいという方は、煮込み料理やしっかり加熱するようなお料理の隠し味として利用すれば、特に人体への影響は問題ありませんので、おすすめですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする