メロンパンは冷凍保存できる?やり方と期間、美味しい解凍方法は?

近所のスーパーに行って、賞味期限が近くなっていても、メロンパンが安くなっていたとしたらうれしいものですよね。

期限内に全てを食べ切ることができないと分かってはいたものの、

「絶対お得!コスパ最強!」

と思って、あるだけ購入してやっぱり食べきれそうもなくて、どうしようかと悩んだことはありませんか?

だったら、手っ取り早く冷凍してしまおうかと思ってみたけれど、果たしてそのまま冷凍庫に入れて良いものかどうか・・・悩ましい問題ですよね。

今回は、そんなメロンパンって冷凍保存できるのか、そのやり方や美味しい解凍方法のお話をさせていただきたいと思います!

スポンサーリンク

メロンパンは冷凍できるの?

結論からいうと、メロンパンの冷凍保存は可能です!

ただし、そのままの袋の状態ではだめなんです。

空気が入らないようにラップで包み、さらにフリージングバックに入れるなどして、なるべく空気による酸化を防ぐようにして冷凍することがおすすめですよ。

そうすると、解凍したあと食べるときに、カリカリサクサクのメロンパンに蘇らせることが可能となるからです。

もしも、パン屋さんで買ってきてまだ温かい状態のメロンパンであれば、粗熱が取れてから、冷凍するようにしましょう。

メロンパンの冷凍保存期間はどれぐらい?

冷凍庫の状態や入っている容量にもよりますが、おおむね1か月程度はそのまま冷凍保存が可能であると言われています。

つまりここで賞味期限となりますので、気をつけておく必要があります。

冷凍した日付をラベリングしておくなど、わかりやすくしておくこともおすすめですよ。

スポンサーリンク

冷凍メロンパンのおいしい解凍方法は?

冷凍したメロンパンの解凍方法ですが、自然解凍がベストであると言われています。

なるべく急激な温度変化を与えないことにより、冷凍前の品質に近い状態で食べることができますよ。

そして自然解凍したあと、電子レンジ(500w)で10~20秒温めるとさらに美味しくなります。

とにかく、メロンパンを保存するときに大切なのは、いかに水分をキープするかということですので、気をつけてくださいね。

電子レンジだけでなく、オーブンを併用してもさらに美味しさをアップさせることが可能です。

メロンパンにはこんなリメイク方法も!

メロンパンのリメイクレシピは、まずは何を差し置いても「メロンパンラスク」がおすすめです!

ラスクとは二度焼きしたパンという意味ですので、まさに文字通り二度焼きしてあげます。

そうすることによって、もともとカリカリのメロンパンの食感をさらに味わうことができますし、日持ちするだけでなく、おやつにも最適なんですよ。

また、メロンパンでフレンチトーストを作るのもアリです。

フレンチトーストといえば、ミルクの入った卵液と砂糖にからめて、フライパンで焼き上げるスイーツです。

メロンパンならではの甘みがあるので、お砂糖を控えてもOKですよ!

ほかにも、ホイップクリームやアイスクリームと合わせたトライフル風メロンパンパフェも手が込んでいるように見えて、意外と簡単にできるところが重宝します。

層になるように、それぞれを重ね合わせていくだけですので、メロンパンは解凍する必要もなく、そのまま使用することができます。

ちなみにトライフルとは、

・カスタードクリーム

・スポンジケーキ

・フルーツ

・ゼリー

といった材料を、層状に重ねて作るシンプルなケーキのことです。

スポンジケーキの代わりに、冷凍状態のメロンパンを使うだけで、あっという間に出来てしまいますよ。

メロンパンは冷凍保存できる?のまとめ

パン生地のうえに、ビスケットをのせているだけのメロンパンですが、解凍してそのまま焼き上げるだけで、風味豊かに仕上げることができます。

アレンジをすることで、さらに美味しくすることもできますので、アレンジレシピも、ぜひ参考にしてみてください。

大量に余った、もしくは明らかに食べきれないメロンパンがある人は、冷凍庫で保存するようにしてみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする