PR

コンビニに安全ピンや名刺クリップは売ってる?代わりになるものは?

コンビニでの安全ピンの入手は、店によって異なります。

多くの店舗ではあまり見かけないものの、一部では髪ゴムなどの小物と共に販売されていることがあります。

この記事では、安全ピンが手に入るコンビニや、他の販売場所について詳しくご紹介します。

また、安全ピンの代わりになる留め具の情報や、洋服を傷めずに安全ピンを使う方法についても解説します。

コンビニにおける安全ピンの取り扱いに関する調査

日本の主なコンビニチェーンでの、安全ピンの販売状況を調べました。

結果は以下の通りです。

コンビニチェーン 安全ピンの取り扱い
セブンイレブン あり
ローソン なし
ニューデイズ なし
ファミリーマート あり

セブンイレブンとファミリーマートのいくつかの店舗では、日用品コーナーで安全ピンを見つけることができます。

しかし、駅のホームなどにある小さな店舗では、安全ピンを取り扱っていないことが多いです。

ローソンやニューデイズでは、安全ピンの販売は一般的ではありません。

名札クリップのコンビニでの購入可能性

コンビニでは、名札クリップの販売は行われていません。

名札クリップは、東急ハンズやロフトのような雑貨店や、100円ショップの事務用品セクション、さらにAmazonなどのオンラインショップで見つけることができます。

オンラインショップでは、名札クリップの種類が豊富で、サイズや強度など、多様な選択肢があります。

また、必要に応じて少量から大量購入することも可能です。

安全ピンを手に入れる場所とその代わりになるもの

コンビニの外で安全ピンを探す場所には色々あります。

例えば、文房具店、手芸用品店、100円ショップ、オンラインストアなどが主な購入先です。

これらの場所では、様々な種類の安全ピンを見つけることができます。

大規模なスーパーやデパートでも安全ピンを取り扱っていることがあります。

とくに手芸用品店やオンラインストアでは、さまざまなサイズや色のが豊富に揃っており、ニーズに合わせて選べます。

安全ピンの代替品について

安全ピンの代わりとして使えるアイテムはいくつかあります。

これらは手芸店やオンラインショップで購入できます。

名札用マグネット

服に穴を開けずに名札を取り付ける方法として、名札の裏面にマグネットを使用します。

このマグネットは、衣服を傷めずに名札を固定します。

名札用ネックストラップ

名札を首にかけるためにネックストラップを利用します。

名札はストラップにクリップやフックで留められ、衣服にダメージを与えません。

ネックストラップは、文房具店や雑貨店でも手に入れやすいです。

名札用クリップ

服の端や襟に名札を固定するために、専用クリップを使用します。

このクリップは、生地を挟んで名札を留めます。

文房具店や、雑貨店で簡単に見つかります。

名札用ファブリックテープ

名札を服に固定するために、ファブリックテープを使用する方法もあります。

このテープは名札の裏に縫い付けられ、衣服に貼り付けて使用します。

これらの方法を利用すれば、名札を衣服に固定する際に安全ピンを使わなくても済みます。

適した方法は、名札の形状や素材、衣服のデザインによって異なるので、状況に合わせて選んでください。

服を傷めずに安全ピンを活用するテクニック

安全ピンを使う際には、特に薄手や繊細な素材の服に不意に穴を開けてしまうリスクがあります。

そういった事態を避けるための、服を傷めずに安全ピンを利用する方法をご紹介します。

安全ピンやそれに付ける名札が、服に引っ掛かって穴が大きくなることがあります。

特にニット素材の場合、網目を調整して穴を目立たなくすることが可能です。

これが難しい場合は、安全ピンを使う前に衣服の裏側に布や厚紙を挟むと、穴が拡がりにくくなります。

また、安全ピンの先についた毛玉を取り除いたり、先端をやすりで滑らかにして鋭さを和らげるのも効果的です。

さらに、安全ピンを挿入する際には生地の織り方向に合わせて挿入することが重要です。

これにより、衣服へのダメージを抑えることができます。

100均やオンラインショップでは、安全ピンを使わずに名札を固定するアイテムも取り扱っています。

穴を開けたくない衣服には、これらの代替品やネックストラップを利用することをおすすめします。

まとめ

・セブンイレブンやファミリーマートなどでは、安全ピンが手に入ります。

・100均やロフトでは、安全ピン以外の固定用具やさまざまなサイズのアイテムがあります。

・オンラインショップでは、穴を開けないで固定できる商品も販売されています。

・安全ピンで生じた穴を目立たなくするためには、安全ピンの位置にあて布を用いると、名札が引っかかっても衣服へのダメージが少なくなります。

・穴を開けたくない場合は、ネックストラップやオンラインショップで販売されている、安全ピン以外の固定器具の使用が適しています。

タイトルとURLをコピーしました