PR

冬のおしゃれを楽しむ!モヘア・アンゴラニットの毛抜け対策

冬のファッションに欠かせない、モヘアやアンゴラのニット。

その柔らかな肌触りと洗練されたデザインは、毎年の冬の楽しみです。

私自身、毎シーズン様々な色や形のニットを追加しています。

ただ、これらの素敵なニットには困った問題が…

それは、毛が簡単に抜けてしまうことです。

コートや他の衣類に付着すると、なかなか取り除くのが面倒なんですよね。

普段は、帰宅後に粘着ローラーやテープで毛を取り除く作業が欠かせません。

これが結構手間がかかってしまいます。

でも大丈夫、適切なケアや着る前のちょっとした準備で、ニットの毛抜けをぐんと減らすことができます。

今回の記事では、モヘアやアンゴラニットの毛抜けを防ぐための簡単で効果的な方法、さらには、他の服に毛が付着した時の対処法をご紹介します。

ニットの毛落ちを防ぐ洗濯方法とクリーニングのメリット

冬のおしゃれに欠かせないニットアイテム。

その温かみと、着心地の良さで大人気ですね。

ニットが暖かいのは、羊毛のような自然素材を使って編まれているから。

これらの素材は空気をため込み、体温で温めてくれるので保温力が抜群です。

アンゴラやモヘアのように毛足が長い素材は、肌触りも良く、見た目にも高級感があります。

しかし、これらの素材は毛が抜けやすく、他の衣類に毛が付着してしまうことが悩みの種。

抜けた毛が、周りに迷惑をかけてしまうかもしれません。

でもご安心を。

この毛落ちは洗濯で改善できます

自宅での洗濯時には、柔軟剤を使ってみてください

柔軟剤は、毛の硬さを柔らかくし、静電気を防いで、毛のダメージを減らします。

柔らかく整った繊維は静電気が起きにくく、結果的に毛落ちも減ります。

ただし、自宅での洗濯はニットの縮みが心配。

特にお気に入りの高価なアイテムは、自宅で洗うのが心配ですよね。

そんな時はクリーニングがおすすめです。

クリーニング店では静電気防止剤の処理なども行い、より長持ちする効果が期待できます。

とくに新しいニットの最初の洗濯は、クリーニングに出すのが良いでしょう

もし柔軟剤の使用が難しい、またはクリーニングに出すのが面倒な場合、クエン酸を使って静電気防止策を講じる方法もありますよ。

着る前の準備で解決!ニットの毛抜け対策とは

ニットを着用する際、抜け毛の処理は面倒なものです。

特に、明るい色のニットを着たときに黒い服や濃色のコートと合わせると、抜け毛が目立つことがあります。

加えて、床やカーペットに落ちた毛の清掃も大変ですよね。

しかし、着用する前の簡単なケアで、このような問題を軽減できます。

まず、ニットの表面にある余計な毛や抜け毛をブラッシングで取り除くことが重要です。

このとき、繊維を傷めないように、柔らかいブラシを使用し、繊維の流れに沿って優しくブラッシングしてください。

ブラッシングで浮き上がった毛は、粘着ローラーやガムテープを使用して丁寧に除去します。

これにより、着用時に毛が抜けるのを効果的に防げます。

さらに、ニットが乾燥している場合は静電気が毛の抜ける原因となることがあります。

外出前に静電気防止スプレーや霧吹きで水を軽く吹きかけ、手で繊維を整えると、ニットの毛が安定し、抜けにくくなります。

モヘアやアンゴラなどの素材には、特にこのような事前のケアが効果的です。

少々の手間はかかりますが、着用時の毛抜けを大きく減らすことが可能です。

是非試してみてください。

まとめ:モヘア・アンゴラニットの毛抜けへの対策方法

モヘアやアンゴラ素材のニットウェアによくある毛抜けの問題に対する簡易対策をご紹介しました。

これらの素材が抜けやすい主要な理由は、乾燥や静電気にあります。

洗濯する際に柔軟剤を使ったり、静電気を防ぐスプレーを活用することで、これらの問題を効果的に抑制できます。

大切にしているモヘアやアンゴラ製のニットのお手入れに、これらの手軽な方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました